甘口赤ワインのためのショコラ

上田淳子さんの提案

チョコレートと赤ワインの甘い関係です。
ドライフルーツを漬け込むところがポイントです!

 

バニュルス  甘口赤    AOC Banyuls

南仏の限定天然甘口ワインです。地中海側スペインとの国境付近の海に面した斜面です。太陽を充分に受けて完熟した果実を発酵中に充分な糖度を残したまま若干のブランデーを添加して約2年間樽に熟成させます。

深いガーネットの色合い。フルーツジャムを焼いたような香り、上品で繊細さも感じられる甘い味わいです。冷やして飲んで下さい。

グレナッシュ100% 

【淳子さんのワイン・コメント】

 申し分のない、ふくよかな甘みと余韻の長さ・・。かといってべったりという甘さ
はなく、あくまでもベルベットの飲み心地。甘いものはちょっと・・と言う男性に
も。ほかの誰かからヴァレンタインにワインをもらってしまいそうな人にも、これな
ら一目置かれるはず・・・・。と色々コメントをお伝えしたいのですが、なにせ女性
は送る立場。男性サイドのコメントの方が、より確かな話のような気がするのです
が、とにかく、ワインとこのチョコの相性が、ぴったりということだけは、間違いあ
りませんので

ワインと醸造者についての説明はここをクリック

 

甘口赤ワインのためのショコラ

材料   

  • 製菓用チョコ(クーベーチュール)
    ダーク又はスイート  70g  
  • 生クリーム  50cc  
  • レーズン  大さじ2  
  • プルーン  2個  
  • 乾しいちじく1〜2個  
  • くこの実(あれば) 大さじ1  
  • 甘口ワイン(赤ワインでも可)70cc
  • ココア 適量 

つくり方

1)ドライフルーツを荒みじんに刻む。(くこの実は、少しお湯に付けで戻してから刻む)甘口ワインを、軽く温め、ドライフルーツを漬け込み、1時間ほど置いて、ワインを含ませる。   

2)1)をざるにあげて余分なワインを切っておく。 

 

3)チョコレートは刻んでおく。小鍋に生クリームを入れて沸かし、刻んだチョコを加えて余熱で溶かす。

4) 3)に2)を混ぜ込み、冷やし固める。

5)トリュフのように丸めてココアをまぶす。好みの型で固めて型のまま包装をしてプレゼントにしてもいいし、最近多く出回っている生チョコのように、四角く切ってココアをまぶしてもよい。(ココアをまぶして長時間置くとココアがチョコの水分で湿ってしまうので注意)

 

 

戻る


上田 淳子さん
フードコーディネーター
 
甲南女子短大を卒業後辻学園調理師専門学校を経て、1988年〜1991年に渡りスイス、フランスの一流レストラン、シャルキュトリーで修行。
帰国後は下北沢「ラ・パレット」でパティシエールとして働いた後、独立。

現在はアイディア満載の料理教室を主宰、数々の雑誌での執筆など
主な著作に 『ヨーロッパ「食」の職人たち』(JTBキャンブックス)

フランス時代からの友人達を集め当店店主と共同でワイン会なども開催。
今後当店のワインとの素晴らしいマリアージュを数多く提案してくれることでしょう。
プライヴェートでは双子のママさんとして毎日格闘中です!

 

戻る