シャブリ地区  2コート・ドール地区 コート・シャロネーズ地区 マコネー地区 

コート・シャロネーズ地区

 

コー・ト・ドール地区の南端マランジュ村を過ぎるとシャニィCHAGNYという小さな町があります。ここを過ぎると約15kmに渡りコート・シャロネーズ地区に入ります。主な村はブーズロン村 リュリー村 メルキュレイ村 ジブリ村 モンタニー村です。

ブーズロン村
有名な リュリー村の北シャロネーズの入り口部分にはブーズロンという村があり、ここはアリゴテ種という酸味の多い品種の白ワインの名産地です。トロピカルフルーツの香がある魅力的なワインですし、DIJONの名産品クレーム・ド・カシスを入れたカクテル「キール」のベースとして最適です。
 ところで、ロマネ・コンティのオーナーである、ヴィレーヌさんが個人的なドメーヌ(ぶどう園)をこの地に所有し、アリゴテ・ブーズロンやリュリー、メルキュレイなどのとても素晴らしいワインを生産しています。

優秀な生産家
A et Pヴィレーヌ

 リュリー村 
赤・白ともに生産しますが、白の方が少し多めです。白ワインには少し麦藁のような枯れた風味をもっています。赤は上品なフランボワーズなどの果実味のある繊細なスタイルです。

メルキュレイ村
シャロネーズでもっとも代表的な村です。赤・白ともに生産しますが赤がほとんどです。骨格のしっかりとした、少し土の匂いを感じさせるワインが特徴です。北部のレ・シャン、マルタン、クロ・レヴェックなどが有名な1級畑です。

ジブリ村
比較的地味な知名度のために損をしていますが、お買い得なピノノワールを楽しむことが出来る地域です。シャルドネの白も少し造っています。粘土質と石灰質の土壌で丸みのある、やや下草のニュアンスを持つ香りがあります。

モンタニー村
白ワインだけを造るシャロネーズ最南端の地区です。素直なフルーティーさが信条でシンプルなふくよかさを感じさせます。


マコネー地区

マコネー地区は赤ワインよりも白ワインの方が有名な地区です。
大きくマコン村一帯 サン・ヴェラン村 プイィ・フュイッセ村一帯

マコン村
マコネー地区にはいると、今までの石灰岩質と粘土質の土壌から第一紀の岩石質の土壌になります。赤ワインはピノ・ノワールからガメイ種に変わります。(ここではわずか0.2%しかピノ・ノワールが植えられていません!)プラムのようなフレッシュで華やかなガメイの赤ワインでボジョレーと同じように楽しめます。
白ワインは他のブルゴーニュ同様シャルドネから造られています。ここの白はフレッシュで花の香りにあふれ、とても魅力的です。マコン・ヴィラージュという白だけに認められた特別なAOCもあります。

優秀な生産家
ロアリー

 

サン・ヴェラン村
 
マコネー地区の南部プイィ・フュイッセに隣接する白ワインだけのAOCです。フルーティーで柔らかく、軽めのワインを産出します。

プイィ・フュイッセ村一帯
 
マコネー地区最重要地帯です。シャルドネの白ワインのみを生産します。
 プイィ・フュイッセ、プイィ・ロシェ、プイィ・ヴァンセル等のAOCがあります。輝かしい金色で白い花の香りを持ち、良く完熟した果実から作られたワインにはパンの焼けたような心地よいイースト香があります。

優秀な生産家
フェレ CHフュイッセ