アルザス地方のワイン

アルザス地方は「最後の授業」で知られるフランスとドイツの国境の地方です。ドイツと同じぶどうを使っていますが、出来上がるワインは全く別質の強さを持つ味わい。繊細かつ凝縮感と土地の個性を感じる、特に白ワインの銘醸地です。

ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。


クレマン・ダルザス


クレマン・ダルザス

ビオマーク認定ビオディナミの猫渓谷から生まれるマネキネコ

クレマン・ダルザス キュヴェ・マネキネコ

ドメーヌ クレマン・クリュール

Cremant D'Alsace

¥3,180(消費税別)  発注数

クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン ドメーヌ・クリュールは、コルマール近郊の「カッツェンタル」(=猫峡谷)村で17世紀からブドウ栽培を続ける家柄。

 

neko

そして、生産者クリュール氏の実弟は、日本在住で、「招き猫」の存在に感動し、代表作であるスパークリングの名前にしました。

 

このクレマンもラベルだけの半端物ではなく、樹齢40年以上の古樹のみで、瓶熟成も18ヵ月以上とシャンパーニュ並みの素晴らしい造り。そして糖分添加は3gr/Lとエキストラ・ブリュットと言える充実度なのです。青リンゴとレモンピールのような爽やかな香りと大変ドライでキリッと引き締まった正当派の辛口クレマンです。 ABとデメテール(ビオディナミ)、という2つの有機栽培認証を正式に取得しています。

 

ピノ・ブラン60%、ピノ・オーセロワ40%

■アルザス赤


ヴァン・ルージュ デュ・サン・イポリット ビオマーク

アルザス
ドメーヌ マルセル・ダイス

Alsace  Vin Rouge  (Pinot- Noir)

ヴァン・ルージュ
2014年  ¥3,680 (消費税別) 
発注本数

アルザスの鬼才マルセル・ダイスが造る、稀少ながらACブルゴーニュと同じ感覚で楽しめる、スタンダードなアルザスのピノ・ノワール。

2010年から新発売された、注目のピノ・ノワール新ビンテージが入荷しました。
「アルザスにおいても、優先されるべきは、セパージュよりもテロワール。」と土地の特性を第一に表現するワイン造りを目指すマルセル・ダイス。そのしっかりとした構成力を持つワインは傑出していると同時に、アルザスにおいて異端といわれたりもしています。ラベル絵柄は、「これぞ、アルザスワイン」というシンプルな意気込みが感じられるデザインなのです。 サン・イポリットとベブランハイムのピノ・ノワール100%。平均樹齢20年。年間生産量5000本の限定品。

ピノ・ノワール100%


ブリュレンベルグ ピノ・ノワール   ドメーヌ マルセル・ダイス
Brulenberg Alsace Pinot- Noir Domaine Marcel Deiss

2013年  ¥7,180(消費税別) 発注本数 本 

 アルザスの鬼才マルセル・ダイスが造る、稀少なピノ・ノワール主体の上級エレガント赤ワイン。ダイスの赤ワインにかける情熱の全てが、このブリュレンベルグに集約しています。

 地名の「ブリュレン」は、ブリュレ=焼けた、と同意義で、「焼けた山」を意味します。ここはつまり火山であったところであり、現在でも地中深くではマグマが活動しているそうです。

ここの土壌は、魚卵状石灰岩質というもので、ブルゴーニュのグラン・クリュであるシャンベルタン・クロ・ド・ベーズにあるものと類似しているそうです。

アルザスの赤とは信じられない程の凝縮感を持つワイン。冷涼地でありながら、スパイシーでやや焼けたニュアンスを持つタンニンの特質は、この土壌から由来するものと思われます。香りは冷涼地らしいミネラル感と若干のトリュフ系を感じ、しなやかで豊かな口当たりがありました。

ラベルには地名の「ブリュレンベルグ」のみが記載されていますが、ピノ・ノワールに5%程度ピノ・ノワール・ブーロ(ピノ・グリ)が混譲された赤ワイン。



■アルザス白


ヒューゲル・ジョンティ

ヒューゲル・ジョンティ  ヒューゲル

Alsace Gentil

ヒューゲル・ジョンティ
2015年  ¥1,680(消費税別)
発注本数

ヒューゲルが表現するアルザスの最も典型的なスタイル。
ジョンティは、特定品種のブレンド比率が法律で限定された高級ブレンドワイン。
ヒューゲルにおいては、ゲヴルツトラミナーのスパイシーなフレーヴァー、ピノ・グリのボディ、リースリングのフィネス、ミュスカの果実味、そしてシルヴァーナーの爽やかさが見事に調和しています。
冷涼なアルザスの風味を気軽に感じさせてくれることでしょう。
Gewurztraminer, Pinot Gris, Riesling, Muscat 55%, Sylvaner 45%


アルザス ビオマーク

アルザス ドメーヌ マルセル・ダイス

Alsace Domaine Marcel Deiss

2015年  ¥3,380 (消費税別) 
発注本数

アルザスアルザスの奇才といわれるマルセル・ダイスのスタンダードワイン。

「アルザスにおいても、優先されるべきは、セパージュよりもテロワール。」と土地の特性を第一に表現するワイン造りを目指すマルセル・ダイス。そのしっかりとした構成力を持つワインは傑出していると同時に、アルザスにおいて異端といわれたりもしています。 ラベルは、大変シンプルになり「これぞ、アルザスワイン」というシンプルな意気込みが感じられるデザインです。

マルセル・ダイス このアルザスは、彼の最もスタンダードなワインで、ブルゴーニュの地方名ACを意識して名付けられたものと思われます。もちろん、ぶどうは彼の所有する地元ベルグハイムおよび周辺地区のもの。

麦藁色の深い色合い、マンダリンオレンジや紅茶のニュアンスを持つ香り。やや厚みのある艶を持つアタックが心地よく、あくまでも上品な仕上がりを持っています。

ピノ・ブラン、リースリング、ゲヴェルツトラミネールが70%、ピノ・ノワール、ピノ・グリ、ミュスカ、シルヴァネールが30%という品種構成。 平均樹齢20年。


リースリング

リースリング  ヒューゲル

Alsace Riesling

2014年  ¥2,480(消費税別)
発注本数

リースリングアルザス を代表するリースリングの典型的な味わいをもつワイン。

爽やかで、華やかな果実香と、やや厚みのあるすっきりとした酸味をもつ、教科書のようにはっきりとしたリースリングの特徴を表したワイン。

特に、キリッとした果実香とともに表れる独特なオイリー香は、リースリング固有のもので、このワインにはハッキリと出ています。そのクールな風味から、リースリングはアルザスワインの女王といわれています。

白身のお造りからバターソースのフランス料理まで守備の広いワインです。

リースリング100%


リースリング ビオマーク

リースリング ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ ジェラール・メッツ

Alsace Riesling Veilles Vignes Domaine Gerard Metz

2015年  ¥2,880 (消費税別) 
発注本数

 リースリング音楽家に捧げたいドライなアルザスのリースリング。


シトラスなどの柑橘系の爽やかな香りと若干のオイリー香が感じられ、味わいは素直でなめらかな口当たりに、心地良い苦味とリンゴ酸のフィニッシュが引き締めて、心地良く余韻に残ります。レモンを絞った白身魚や、カボス系をあえた和食・天ぷらなどにもよく合いそうな、そんな味わいのリースリングです。 


幼少時よりフルートとギターを習い始めた「ジェラール・メッツ」の当主エリック・カジミールは、音楽に熱中した多感な青年時代を過ごしました。ロックからジャズ、クラシックまで、幅広い影響を受けます。「ワイン造りは、音楽とまったく同じだと気づきました。

 

楽曲は、テロワール。アルザスのような土壌の複雑さや古樹は、和音の数が増えるといったような音楽性の高まり。演奏者は、醸造家。楽曲を尊重しながらも自らのイマジネーションをもって解釈し、修練を積んで演奏する。楽曲の素晴らしさと演奏者の心技が一体となった時、言葉では表現できない何かが、五感に響いてきます」。

ラベルの楽譜は、オペラの演奏で名高い「ストラスブール管弦楽団」に所属していた友人が作曲してくれたワルツから。

 

現在畑は正式認証を受けていませんが、有機栽培転換中。実質的にナチュラル・ワインといえるでしょう。


リースリング100%


リースリング ビオマーク

リースリング ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ リーフェル

Alsace Riesling Veilles Vignes Domaine Rieffel

2013年  ¥2,380 (消費税別) 
発注本数

 リースリング 「生産者の知名度にとらわれず、日本料理の優しく柔らかな味わいに相性の良い真に優れたアルザスを探す」というコンセプトの下に、ワイン評論家田中克幸氏のアドバイスでセレクトした、ガストロノミカルで優しい味わいのリースリング。

北部アルザスは天候も穏やかで、東向き斜面から穏やかな朝日に包まれたふくよかな味わいに仕上がります。花崗岩と砂岩という、リースリングに最適な土壌。

ワイン単体として飲むと印象が弱いのですが、この優しい味わいが繊細な和食系料理と合わせたときに見事な相乗を見せるところに、このワインの持つ本来のポテンシャルの高さが潜んでいます。
甲殻類、特にエビのマヨネーズ・ソースにぜひ合わせて下さい。


生産者リーフェルは、2009年よりビオディナミに完全転換。澱に長く漬け込んで熟成させることにより、味わいに深みが出ています。


リースリング100%


リースリング ビオマーク

リースリング  ドメーヌ マルセル・ダイス

Riesling Domaine Marcel Deiss 

リースリング
2015年  ¥4,080 (消費税別) 
発注本数

アルザスの奇才といわれるマルセル・ダイスのセパージュワイン。

大変に厚みのある味わいが特徴の、マルセル・ダイスが造り出すリースリング単一セパージュワイン。
サン・イポリットとベブランハイム村のブレンド。
華やかかつ濃密で爽やかな今までにないスタイルのリースリング。果実香とともに表れる独特なオイリー香は、リースリングの特徴。
果実の味わいを前面打ち出したワイン。

「このブドウが栽培されているサント・イポリット村は大変に冷涼な場所で、通常このような気候からはレモンのような香りが感じられてもトロピカルな要素は出てこない。実はこの畑の土壌はジュラ紀の地層で、恐竜が住んでいたようにジュラ紀の暖かい気候の影響から生成されるミネラルがブドウに作用して、トロピカルな香りを生成する。これこそが、テロワール(風土の味わい)だ。」とは、ダイス氏の談。

リースリング100%


ゲヴェルツトラミネール

ゲヴェルツトラミネール ヒューゲル

Alsace Gewürtztraminer

ゲヴェルツトラミネール
2013年 750ml ¥2,480(消費税別) 
発注本数

胡椒に似たスパイシーで独特な芳香のあるゲヴェルツトラミネール。大変個性的ですが、その強く、はっきりとした香りに魅力があります。

清冽なアルザスの果実感の中にややコクのある厚みを感じさせる味わいが特徴的で、和食や中華料理との相性がよいのが特徴的。大変に楽しめる内容あるワインです。

ゲヴェルツトラミネール


ゲヴェルツトラミネール エレンヴェグ・トゥリュクエイム ビオマーク

ゲヴェルツトラミネール カルケール ドメーヌ ズィント・ウンブレヒト

Alsace Gewürtztraminer Calcaire

2012年 750ml ¥3,980 (消費税別) 
発注本数

ゲヴェルツトラミネール エレンヴェグ・トゥリュクエイム
アルザス最高の造り手による、石灰質土壌から生まれるとても深い味わいのゲヴェルツトラミネール。

 2012年は、貴腐菌が上品について深みのある甘い味わいとなりました。残糖31rgでウンブレヒトの甘辛度はINDICE4の甘口です。
スパイシーでバラの花を連想させる芳香と密度の高い味わいは、通常のワインと完全に別次元の極みを実現しています。

ズィント・ウンブレヒトという造り手の名前は覚えにくいのですが、アルザス地方で最も優秀な造り手。


ゲヴェルツトラミネール100%


ゲヴェルツトラミネール ビオマーク

ゲヴェルツトラミネール  ドメーヌ マルセル・ダイス

Gewürtztraminer  Alsace  Domaine Mardel Deiss

2013年 750ml ¥4,280(消費税別)  
発注本数

鬼才マルセル・ダイスが造る、大変に魅力的なゲヴェルツトラミネール。
ゲヴェルツトラミネール
大変に厚みのある味わいが特徴の、マルセル・ダイスが造り出すゲヴェルツ単一セパージュワイン。 辛口ながら、深みがありとても素晴らしい豊かな仕上がりを感じさせます。 サン・イポリットとベルグハイムをブレンドして一本化。(サン・イポリット・・・1ha。平均樹齢30年。砂質、花崗岩質主体の軽めの乾燥土壌。

 

酸がきりりと立ちしっかりとした構造を持つワインを生むテロワールで、特にリースリングとゲヴュルツトラミネールに向きます。これぞゲヴュルツトラミネールというような、ライチ、オレンジの花、バニラなどの芳香が特徴。ベルグハイム・・・2ha。平均樹齢30年。ドメーヌ所在地でもある地元村。粘土石灰質主体で、溶岩質、泥灰岩質、シストなどを含む複雑な土壌構成。レモンジャムのような濃密な風味が特徴です)。

 

果実の味わいを前面打ち出したワイン


ゲヴェルツトラミネール100%


ミュスカ・ダルザス ベルグハイム ビオマーク

ミュスカ・ダルザス   ドメーヌ マルセル・ダイス

Muscat d'Alsace  Domaine Mardel Deiss

2013年 750ml ¥3,680(消費税別)  
発注本数

鬼才マルセル・ダイスが造る、彼の地元ベルグハイム村を中心に産出されたミュスカ(マスカット)。ミュスカ・ダルザス ベルグハイム

繊細な辛口に仕上がった、上品なミュスカは、アペリティフにも最高の逸品。とても美しい味わいのワインです。

ダイス自身が「官能の宝石箱」と表現する、極めて複雑な味わい。
ミュスカはデリケートな品種なので、地元ベルグハイムの畑の中でもとりわけ優良な区画に植えられています。1ha。平均樹齢25年。重厚な粘土石灰質土壌で、高い保水性が特徴。「ほかの品種よりも、収量と酸のレベルにとりわけ気を使う品種です。ミュスカの美点を表現するため、他の品種よりも早めに収穫します」(ジャン・ミッシェル・ダイス)。

 

果実の味わいを前面打ち出したワイン

マスカット100%


ピノ・グリ

ピノ・グリ クラシック ヒューゲル

Pinot Gris Classic Alsace  Hugel

ピノ・ブラン ベルグハイム
2013年 750ml ¥2,780(消費税別)  
発注本数

スパイシーで深みのある味わいがピノ・グリ。 アルザスの代表的品種であり、北部イタリアにも広まる個性的品種。

清冽なアルザス的冷涼果実感の中に、ややドライで厚みを感じさせる味わいが特徴的。


和食や中華料理との相性がよいのが特徴的。

ヒューゲルは果実のキャラクターを忠実に味わいに再現する生産者。典型的なピノ・グリの味わいが再現されました。


ピノ・グリ100%


ピノ・ブラン リーフェル ビオマーク

ピノ・ブラン  ドメーヌ リーフェル

Pinot Blanc d'Alsace  Domaine Rieffel

2014年 750ml ¥2,080 (消費税別) 
発注本数

 ピノ・ブラン 果実の味わいを前面打ち出した、とても爽やかでピノ・ブランらしい白桃や洋梨の香りが心地よい味わい。フルーティーでフレッシュな果実感が魅力的。
 北部アルザスは天候も穏やかで、東向き斜面から穏やかな朝日に包まれたふくよかな味わいに仕上がります。ミッテルベルクハイムにある沖積土の畑で栽培される樹齢20-50年のブドウを使用。

 

 生産者リーフェルは、2009年よりビオディナミに完全転換。澱に長く漬け込んで熟成させることにより、味わいに深みが出ています。


ピノ・ブラン100%


ピノ・ブラン ベルグハイム ビオマーク

ピノ・ブラン ベルグハイム ドメーヌ マルセル・ダイス

Pinot Blanc Alsace  Domaine Mardel Deiss

ピノ・ブラン ベルグハイム
2009年 750ml ¥3,029(消費税別)  
発注本数

鬼才マルセル・ダイスが造る、彼の地元ベルグハイム村のみから産出されたピノ・ブラン単一品種によるワイン。

通常無個性になりがちなピノ・ブランですが、ダイスの魔術にかかると、リッチな口当たりと熟したクルミや、焼き栗の香りが立ち上がります。

大樽50%、バリック樽50%で熟成。
果実の味わいを前面打ち出したワイン

ピノ・ブラン100%



■アルザス・グランクリュ


リースリング  プェルシックベルグ ビオマーク

リースリング グラン・クリュ フィンズベルグ
シャトー・ドルシュヴィール

Alsace Grand Cru Pfingsberg Chateau d'Orschwihr  Riesling

1995年  ¥4,280(消費税別)  
発注本数
リースリング  プェルシックベルグ

 偉大なアルザス・グランクリュの20年熟成ヴィンテージ。

 

 リースリングが理想的な熟成を経て、黄金色になり複雑な香味とキリッとしたリースリングらしい辛口の酸がとても印象的。 

 

 フィンズベルグは、オーラン南部のドルシュヴィール村のグランクリュ。並のアルザスとは奥行きが違います。  シャトー・ドルシュヴィールは11世紀 にローマ法王も滞在した歴史的なシャトーで、1854年よりアル トマン家が所有しています。

リースリング100%


リースリング  プェルシックベルグ ビオマーク

リースリング  プェルシックベルグ
ドメーヌ ジェラール・シュレール

Alsace Grand Cru Pfelsigberg  Riesling

リースリング  プェルシックベルグ
2012年  ¥4,280(消費税別)  
発注本数

偉大なジェラール・シュレールが造るグランクリュ・リースリング。  プェルシックベルグは、コルマールの南西にある、ヴォージュ山脈からのなだらかな斜面に広がる銘醸畑。  

 

さすがにグランクリュ。口の中にしっかりと感じられる密度の濃い味わいは、スタンダード品にはない素晴らしさ。
上品でミネラルの密度 がしっかりとしたリースリングが生まれます。 アルザス自然派の中でも際だって脚光を浴びている生産者が、このジェラール・シュレール。

ジェラール・シュレールは、コルマールの南東、ユッセルン・レ・シャトーという小さな村で40年以上にわたり無農薬で有機栽培を実践していますが、何の認証もとらず我が道を歩みます。

 

なお、2011年からキャップシールがなくなり、コルクがダイレクトに打栓されています。

ナチュラルな状態でお届けしたい、という生産者の思いなのでしょうか・・・。ジェラール・シュレールの日本向けは全てのキュヴェがキャップシール無しになりました。

リースリング100%


リースリング  シュロスベルグ ビオマーク

リースリング グラン・クリュ シュロスベルグ
ドメーヌ ヴァインバック

Alsace Grand Cru Schlossberg  Riesling

リースリング  シュロスベルグ
2015年  ¥6,280 (消費税別) 
発注本数

アルザスの至宝とも言える最高の生産家ヴァインバックの誇るリースリングのグランクリュ。

 

シュロスベルグ

 シュロスベルグ畑は、ヴァインバックの本拠地ケゼルスベールに隣接するアルザス最古のグランクリュで、急斜面の頂上の区画のブドウを使用したワイン。 上品でミネラルの密度がしっかりとしたリースリングが生まれます。

 

ヴァインバックは、1612年にカプチン派修道僧により設立された歴史あるドメーヌで、1898年にファレール家の所有となりました。二代目にあたる偉大なテオ・ファレール氏が亡くなった後、コレット夫人とその娘のカトリーヌとローランスが引き継ぎ運営しています。 長女のカトリーヌがドメーヌ運営を、次女のローランスが栽培・醸造を担当しています。 2005年からビオディナミを全面実施しています。


瓶が通常よりもかなり長いので、ギフトボックスの対応ができません。悪しからずご了解ください。


リースリング100%


リースリング  クロ・サント・ユルバン
ビオマーク

リースリング  ブランド グラン・クリュ
ドメーヌ ズィント・ウンブレヒト

Alsace Grand Cru "Brand" Riesling

2013年  ¥9,380 (消費税別) 
発注本数

アルザス最高の造り手による、リースリング最高のグランクリュ。
リースリング  クロ・サント・ユルバン アルザスワイン完成型として味わっていただきたい、代表品種リースリングです。
 ウンブレヒトでは、徹底した収量制限で、1本のブドウに数房のみを育てあげ、信じられないほどの凝縮感を実現しています。その深く濃い色合いと密度の高い香り、味わいは通常のワインと完全に別次元の極みを実現しています。
ブランドはチュルクハイム村最高の畑で、中世から有名で「火の土」という意味を持つとても温かい畑。花崗岩と黒い雲母の表土で、ブドウの樹齢と共に岩の亀裂を通って根が下方へ伸び、ドライな夏にも耐えられるようになります。
2000年に「エコセール」の認定を、2002年には「ビオディヴァン」の認定受け、有機栽培でありビオディナミ農法の実践者でもあります。
最辛口

リースリング100%


ゲヴェルツトラミネール エレンヴェグ・トゥリュクエイム ビオマーク

ゲヴェルツトラミネール ゴルデール グラン・クリュ ドメーヌ ズィント・ウンブレヒト

Alsace Gewürtztraminer Gueberschwihr Goldert

2013年 750ml ¥8,780 (消費税別) 
発注本数

ゲヴェルツトラミネール エレンヴェグ・トゥリュクエイム
アルザス最高の造り手による、ゲヴェルツトラミネールの秀逸グランクリュ単一畑。ゲベールシュヴィール村産。
 下層土が、すべて海洋性のオーライト・ライムストーンで構成され、比較的リッチな土壌。標高250〜350メートルで、東から南東向き。ブドウはゆっくり成熟し、バランスのよい酸が安定的に得られます。
その深く濃い色合い、スパイシーでバラの花を連想させる芳香と密度の高い味わいは、通常のワインと完全に別次元の極みを実現しています。
 ふくよかな丸みを感じさせる旨辛口。
このゲヴェルツは、特に樹齢の高い樹で造られているので、凝縮感が高く、奥行きや密度に深みが増すのです。
アルコール度が14.5%。


ゲヴェルツトラミネール100%



■ドメーヌ マルセル・ダイス

ジャン-ミッシェル・ダイス夫妻(夫人も醸造学者) 「アルザスにおいても、優先されるべきは、セパージュよりもテロワール。」と土地の特性を第一に表現するワイン造りを目指すマルセル・ダイス。
そのしっかりとした構成力を持つワインは傑出していると同時に、アルザスにおいて異端といわれたりもしています。

自分の畑があるサン・イポリット村からベルグハイム、シゴルスヘイム村までを220の区画に細分化して、土壌特性を調べ上げて、最適な品種と栽培醸造を行うことにより、アルザス・ナンバー・ワンのスーパー・ワインを造り上げます。
「私のワインは、テロワールのカオス(混沌)を整然化し、それを表現する文学である。」単純に飲んでも素晴らしく美味しいし、その言語を習得し、文学を読みこなすことによって得られる深みにも共通します。
飲み手にも修得を要求しますが、それに充分応え得る広がりを持つワインです。
地中深く根を伸ばさせる完璧なぶどうの生育、収量制限を通して、凝縮感がありながら優雅で、幾重にも多彩な表現力を持つ、まさしく土壌と気候を反映した素晴らしいワインを造り上げています。 (2005年8月訪問)
※写真は、ジャン-ミッシェル・ダイス夫妻(夫人も醸造学者)


マンブール グラン・クリュ ビオマーク

マンブール グラン・クリュ ドメーヌ マルセル・ダイス

Mambourg Domaine Marcel Deiss

マンブール グラン・クリュ
2012年  ¥13,800(消費税別)  
発注本数

マルセル・ダイスを代表する辛口グランクリュ。アルテンベルグとシュナンブールが貴腐菌の作用を受け、仄かに甘みを帯びた仕上がりとなるのに対し、マンブールは地形的に貴腐菌がこないために、しっかりとした辛口に仕上がるのが特徴。
ラベルにも描かれているように、食事に合わせるべき最高のアルザスワインです。
色合いにも味わいにも深みがあり、辛口仕上げですが、年の完熟度によって、ほのかに甘味を感じさせることもある厚みのある味わい。スモモと洋なしがブレンドされたような果実感と複雑で上品な花の香りが口中に広がります。
土壌は、アルテンベルグと同様にマルヌ(泥灰)石灰質土壌。

セパージュの特徴は、ピノの一族(ピノ・ノワール、ムニエ、ブラン、グリ、ブーロ)の混醸で出来上がっていること。
ダイスにとってはセパージュよりもテロワールがすべてと言い切れる、アルザスにおける希有な生産者。このグラン・クリュにおいて複数セパージュをブレンドすることで、それを象徴しています。

「非常にスパイシーでドライだが、熟した果実の堂々たる太さがあり、ものすごい凝縮感がある。」とワイン専門誌でも絶賛されました。


アルテンベルク グラン・クリュ ビオマーク

アルテンベルク グラン・クリュ
ドメーヌ マルセル・ダイス

Altenberg Domaine Marcel Deiss

アルテンベルク グラン・クリュ
2009年  ¥12,800(消費税別)  
発注本数

マルセル・ダイスを代表するグランクリュの一つ、アルザスの全セパージュをブレンド。ダイスにとってのブレンドは、別々の区画でそれぞれの品種を植えるのではなく、一つの区画にすべての品種を混植し、同時に収穫して、混ぜたまま発酵醸造していきます。
セパージュよりもテロワールがすべてと言い切れる、ダイスはアルザスにおける希有な生産者。このワインもそれを象徴しています。 ジュラ紀の硬質石灰岩土壌と、泥灰岩土壌で南に面した斜面は、貴腐菌の繁殖も適度に進むため、リリース当初はやや甘めの特質を持ちますが、5-10年の瓶熟成を経て、甘さがとれ複雑な味わいと香りに変化していくのです。素晴らしくリッチでフィネスを持ち、ヴァニラやスパイシーな要素を持つ香りが続きます。

「白ワイン最高の傑作の一つ。とてつもない凝縮度によるパワーと気品あるエレガンスの両立は、ドーヴネイのシュバリエ・モンラッシェに匹敵する。」とワイン専門誌ワイナートでも絶賛されました。

ラベルもボトルも、歴史を感じさせながら、今までの一般的なアルザスのものとは全く別のもの。文化と土壌を反映させたマルセル・ダイスらしい重厚な外観とfさ¥なっています。中世キリスト教の聖書に見られるような重厚な外観のラベル。中世の修道士たち は、土地のカオス(混沌=予測不能な不規則複雑性)をぶどうの根が吸収するために、現代の高級ワイン用ぶどう樹を植栽するのと同様に、密植をさせることにより、根を地中深くまでのばして、収量を減らし凝縮させていたようです。その文化に敬意を表したもの。

ちなみに・・・余談ですが、ソムリエ・アドヴァイザー試験の時に「アルザス・グランクリュはリースリングなど、規定4品種のうちどれか一つを使う」と覚えさせられたものです。これはしっかり下記のように改正がされています。マルセル・ダイスの後追い、というか政治力(ワインの実力)によるものなのでしょう。

2005年3月21日付けの政令により、AOCアルザス・グラン・クリュの規定の一部が変更された。 Alsace Grand Cru Altenberg de Bergheim(規定新設) 品種: (1)ゲヴルツトラミネール、ピノ・グリ、リースリング、のうち、どれか一つ  の品種を使用する。 または (2)以下の品種のブレンド  リースリング 全体の50-75% 必ず使用する。  ピノ・グリ  全体の10-25% 必ず使用する。  ゲヴルツトラミネール 全体の10-25% 必ず使用する。  ピノ・ブラン、ピノ・ノワール、ミュスカ・オットネル、ミュスカ・ア・プ  ティ・グラン(白)、ミュスカ・ア・プティ・グラン(赤)、シャスラ:   以上の6品種は合計で10%以下。また05年3月26日前に植えた樹からのみ。


シェネンブール グラン・クリュ ビオマーク

シェネンブール グラン・クリュ 
ドメーヌ マルセル・ダイス

Shoenenbourg Domaine Marcel Deiss

シェネンブール グラン・クリュ
2009年  ¥13,800 (消費税別)  
発注本数

マルセル・ダイス最高の傑作ワイン。
硫黄を含む石膏、泥灰、粘土と砂。ミネラルの熟成を要するワイン。リースリング、ミュスカ、シルヴァネール、シャスラのブレンド。
テロワールを表現するダイスの究極の姿がワインに表現されています。アルザスの巨人にふさわしいスケールの大きなワインといえましょう。
輝かしいライトゴールドの色調。圧倒されるような力強い芳香。マンダリン、黄桃、イチジク、蜂蜜、スパイシーな樽香と土壌から来ると思われる白トリュフ。微かにガスを含む若々しく力強いアタック、確かに最初の口当たりは甘みを感じるが、フィニッシュに抜けたときにドライになるあじわい。鋼鉄でできた絹を連想させるような繊細でしなやかながら、力強さを感じさせ、偉大な生命力を感じさせるワインです。

おそらく、数十年の熟成を経ると、アタックの甘みが消え、複雑な深みを持つ味わいに変化していくのだと思います。このワインはまさに、ダイスが語るところの『テロワールのカオス(混沌)をワインとして表現したもの』なのでしょう・・・。


ヴァンダンジュ・タルディヴ ビオマーク

ヴァンダンジュ・タルディヴ リースリング
甘口白 ドメーヌ マルセル・ダイス

Vendange Taldive Riesling  Alsace  Domaine Mardel Deiss

2009年 750ml ¥8,280 (消費税別) 
発注本数

ヴァンダンジュ・タルディヴ アルザス・ワインのもう一つの魅力といえるのが遅積みで甘口に仕上げた、リースリングのヴァンダンジュ・タルディヴ。アルザスの鬼才マルセル・ダイスが少しだけ生産する大変希少な逸品です。

   通常より収穫を遅らせて、凝縮度を高めた、貴重なアルザス。 厚みのある味わいが特徴の、マルセル・ダイスが造り出す単一セパージュワイン。  アルザス最高の気品を示すリースリングがゴージャスに変身します。  

 



リースリング100%


ビオマークカンテサンス ゲヴェルツトラミネール 遅摘み貴腐(セレクション・グランノーブル) 甘口白  特級畑 
ドメーヌ マルセル・ダイス
"Quintessence" Alsace Gewürtztraminer Séléction de Grands Nobles

2005年 375ml \17,800 発注本数 本 

 

『神髄(カンテサンス)』と名付けられた、最高のビンテージにのみ、極少量生産される、レギュラーのセレクション・ド・グラン・ノーブルの最上キュキュヴェ。 大変に厚みのある味わいが特徴の、マルセル・ダイスが造り出すゲヴェルツ単一セパージュワインの、セレクション・グラン・ノーブル。

セレクション・グラン・ノーブルとは果実に貴腐菌が完全に付着するまで遅摘みにして糖度を高めた貴重な逸品。良いビンテージに少量だけ生産される凝縮の雫。 マルセル・ダイスは、アルザス孤高の生産家。中世時代研究やテロワール研究の結果、最高のワインを造り出しています。


ゲヴェルツトラミネール100%

前のページに戻る このページのTOPへ