ボルドー・グランクリュ メドック地区赤・白ワイン ポイヤック Pauillac

1855年パリ万博において栄えあるグランクリュ(特級)に選ばれたメドック地区の最高級シャトーワインです 。

 ボルドー白ワイン   ボルドー甘口ワイン   ボルドーロゼワイン
ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。


ポイヤック村

シャトー ラトゥール
Ch. Latour

5大シャトーの中で常に安定して評価の高いCHラトゥール。近年50年間で不調と言われた時期が無く、またオフ・ビンテージといわれる年においても必ず完成度の高いワインを造り出しています。 その完成度の高さにピアニストのマオリッツォ・ポリーニ、ギタリストのジョン・ウィリアムスを連想させるのは私だけでしょうか・・・

レ・フォール・ド・ラトゥール 
Les Forts de Latour  

2010年 ¥31,800(消費税別) 発注本数 本 

  5大シャトーの中で常に安定して評価の高いCHラトゥールのセカンドラベル。

 

上品で力強いラトゥールの風格を備えた、素晴らしいワインです。ラトゥールに共通する西洋杉のはっきりとしたカベルネ香が魅力的。
ラトゥールの畑は、3つに分かれており、 トップがGrand L'Enclos グラン・ランクロと呼ばれる特別な区画。


グラン・ランクロ畑の周りに広がる、主に「レ・フォール・ド・ラトゥール」に使用される区画。 ここはグラン・ランクロに及ばないものの、樹齢40年を超えるような優良なブドウが育っています。レ・フォール・ド・ラトゥールは、グラン・ランクロの若木とその周囲に位置する畑から厳選されて選ばれています。2010年は歴史に残る偉大なビンテージ。

 

カベルネ・ソーヴィニヨン 76%、メルロ 24%

CHラトゥールの公式Webサイトはこちら


シャトー ラフィット
Ch. Lafite Rotschild

 説明不要なメドック 5大シャトーの一角。ナポレオン3世の格付けではこのシャトーが第1位でした。アメリカで最も人気のあるシャトーです。 フランス系ロスチャイルド家所有として有名で近隣のイギリス系ロスチャイルド家が所有するムートンと比較されますが、キャラクターは全く別で、常に繊細さを感じさせるのがこのシャトーの特徴。

シャトー ラフィット・ロートシルド Pauillac 1er Grands Crus Classés 
Ch. Lafite Rotschild

2010年  \94,800(消費税別) 発注本数 本 

 力強さが信条のポイヤックの中では比較的まろやかさがあるしなやかなワインです。常にエレガントで貴族的。 2010年は近年のビンテージの中でも、最も評価の高い秀逸ビンテージ。

シャトーからのテイスティングコメント(ボトリング時): 濃さのある美しい色。味わいは揺るぎなく濃厚で、見事なストラクチュアと上質なタンニンが特長的。余韻は長く、後味にはスミレ花のノートを含みます。2010年ワインは実にバランス良く、エレガント。

カベルネ・ソーヴィニヨン 87% メルロ 13%


シャトー ラフィット・ロートシルド Pauillac 1er Grands Crus Classé
Ch. Lafite Rotschild

1976年  \95,048(消費税別) 発注本数 本 

 76年のこのラフィット、76年産ワインの最高であると共に実は70年代最高のラフィットとも言われている傑出した出来。

まさに絹の口当たり、と表現するにふさわしい高貴なワイン。幾重にも香りの要素が複雑に調和します。

素晴らしいぶどう、土壌と長期熟成が織りなす最高のグランクリュ熟成品ならではの芸術的な味わい。コンディションも最高の状態です。

カベルネソーヴィニヨン70% メルロー25% プチヴェルド3% カベルネフラン2%


2級以下の格付けポイヤック


  シャトー ピションラランド 
Ch. Pichon  Lalande
 Pauillac 2ème Grands Crus Classé 

2011年 \17,800 発注本数 本 

サン・ジュリアン村からポイヤック村に入った所にある優雅なシャトー。2級ワインのなかでも常に最高峰の評価で「スーパーセカンド」と呼ばれています。

2級ワインのなかでも常に最高峰の評価で「スーパーセカンド」と呼ばれています。
Comtesseとは公爵夫人のこと、その名のごとく 力強さの中にエレガントな香りのワイン。 レオヴィル・ラスカズ−ラトゥール−ピションラランドと素晴らしいシャトーが続くこの地区ですが、それぞれの個性が際だっています。

カベルネソーヴィニヨン45%カベルネフラン12%メルロー35%プチヴェルド8%


エコー・ド・ランシュバージュ  Echo de Lynch Bages Pauillac

2012年  ¥6,380(消費税別) 発注本数 本 

ポイヤックを代表する素晴らしいシャトー・ランシュ・バージュのセカンド・ラベル。

典型的なポイヤックの気品、男性的なしっかりとした骨組みを持っています。深い色調とカシスやスミレの花などのとても複雑な香りはグランクリュならではのもの。圧倒される香りに満ちた口当たり と後味の余韻が響く長命なワインが信条。天才醸造家ジャン・ミッシェル・カーズが造り上げます。 2007年までセカンド・ラベルは「オーバージュ・アヴルー」という名前でしたが、覚えにくく、ランシュ・バージュとの連想も弱かったために、あまり人気が出ていませんでした。そこで、「エコー(=こだま)」というギリシャ神話に登場する森のニンフ(妖精)の名前からつけられました。

2009年は歴史に残る最高のビンテージ。 ぜひご堪能ください。

新樽熟成16ヶ月


カベルネ・ソーヴィニヨン 52% メルロ 38% カベルネ・フラン 10%


シャトー コルディアンバージュ
Ch. Cordillan Bages Pauillac

1990年  ¥12,190(消費税別) 発注本数 本 

ポイヤックの力強い最上の砂利質土壌、僅か2haから生まれる、貴重な凝縮感あるカベルネらしい味わい。

伝説とも言える最高のビンテージ、1990年のコルディアン・バージュが22年の長期熟成を経た素晴らしいワインが蔵出しされました。

カベルネ正統派の長期熟成が、大変嬉しいプライスでのご紹介です。


有名なランシュバージュに隣接し 、ポイヤックの名醸造家ジャン・ミッシェル・カーズ氏が経営するシャトーレストランがこのコルディアン・バージュ。
ミシュラン☆☆レストランでもあります。このレストランが所有する最高の畑を、ランシュバージュのスタッフが最高の技術で造り上げました。


しっかりと、そして力強さの感じられる味わいは、脂分の多すぎない赤みの牛肉や、羊肉をややスパイシーに、カリッと焼き上げたスタイルの料理に合わせてみてはいかがでしょうか。

カベルネ・ソーヴィニヨン80% メルロ20%



シャトー ダルマイヤック
Ch. d'Armailhac Pauillac 5ème Grands Crus Classés 

2013年   ¥6,480 (消費税別) 発注本数 本 

 メドック地区ポイヤック村グランクリュ5級格付けでムートンを所有するロスチャイルド男爵家の所有。畑はムートンに隣接しながらこの価格は 、まさにお得なワインです。

愛らしい若きバッカス(酒神)

タバコやカカオを連想させる、スモーキーなスタイルを持ち、しっかりとしたカベルネ主体の味わいは、近年評価が急上昇しています。
男性的な力強い個性が魅力的。

果実の新鮮味があふれんばかりの、活発な勢いを感じます。若々しく、力強いカベルネを探している方に最適。

カベルネソーヴィニヨン50%カベルネフラン23%メルロー25%プチヴェルド2%


シャトー デュアール・ミロンPauillac 4ème Grands Crus Classés 
Ch. Duhart-Milon

1940年  ¥49,800 (消費税別) 発注本数 本 

ウルトラ・オールドワイン。昭和15年産のグランクリュ・ポイヤック。

デュアール・ミロンは、現在ラフィットを経営するロスチャイルド家によって造られていますが、彼らがこのシャトーを購入したのは1962年。つまりこのワインはその遙か以前のもの。ラベルもラフィット風の現在もののとは全く違います。この当時では珍しいシャトー元詰めワイン。

ラベルには若干ギズと汚れがあり、液面は高めのトップショルダーですが、時代を考えると、大変コレクトな状態だと考えられます。


  シャトー ポンテ・カネ Pauillac 5ème Grands Crus Classés

2007年 ¥15,800(消費税別) 発注本数 本 

30年を迎える実力派熟成ワイン。

メドック地区ポイヤック村グランクリュ5級格付けですが、その実力より上位といわれる人気の高いシャトー。78haと広大な畑を所有し、場所もムートンの隣という好立地です。


1979年のボルドー地方は1934年以来の大豊作。 皮の厚い小粒のブドウが大量に収穫され、タンニンの多いワインが出来ました。
長期熟成ビンテージでこれからが飲み頃といえるでしょう。
カベルネらしい骨格をもち、ヴォリュームある樽香と果実香に満ちた口当たり。


カベルネソーヴィニヨン62%カベルネフラン6%メルロー32%


前のページに戻る このページのTOPへ