ブルゴーニュワイン赤 
地方名ワインとオート・コート地区

ワインの王様といわれるブルゴーニュワインですが、その多くはフルーティーで繊細なタイプです。
コート・ド・ニュイ地区赤ワインのピノ・ノワールは熟成型で、複雑な香りが特徴です。偉大なものにはしっかりとした体格を感じさせますが決して重いワインではありません。
なお「ドメーヌ」とは、自家醸造農園主のこと。優良な個性的ワインを造るのは、ほとんどがこのドメーヌ・ワインです。
中世から続くワイン王国そしてブルゴーニュ公国の歴史を感じさせるブルゴーニュワインです。

 ブルゴーニュワインのおさらい   ブルゴーニュ白ワイン   ブルゴーニュ・ロゼワイン 
 コート・ド・ボーヌ地区 赤ワイン   コート・ド・ニュイ地区 赤ワイン  ボジョレとシャロネーズ 赤ワイン 
ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。


 

■ブルゴーニュ地方 ロゼ


ブルゴーニュ  コート・サンジャック   ピノ・グリ  ロゼ  ドメーヌ アラン・ヴィニョ
Bourgogne cote saint Jacques Domaine Alain Vignot

2017年 ¥2,780(消費税別) 発注本数 本 

色は『ヤマウズラの目の色』と形容される淡い桜色のロゼ。辛口に仕上がっています。

とても繊細で新鮮な果実感に満ちた香り。イチゴゼリーのような可愛らしい風味が魅力的で、ピノ・グリの若干スパイシーなニュアンスも感じられます。繊細な料理に調和しますが、天ぷらなども良いでしょう。このとても可憐で淡い色調と上品な果実香は、女子会のパーティーにも喜ばれることでしょう。


コート・サンジャックはシャブリよりさらに北のジョワニー村に位置し、白亜紀の石灰質とチュロニアン階のシレックスを含む特殊な土壌が特徴。
ヨンヌ川の南側にある斜面。川のあるおかげで冬から春にかけての気候が安定しているだけではなく、斜面北側にある森が北風を遮ってくれています。


葡萄は手摘みで収穫。収量の1/3は24時間スキンコンタクトで色を出します。2/3は全てを除梗せず全てをプレス。酵母が活動し始めてから15〜25日間アルコール発酵。その後、11月からセラーの温度を調節しながら乳酸発酵。翌年の4月〜8月にかけてフィルターの後に瓶詰め。


コート・サンジャックは僅か15haの総面積に僅か3人の生産家。アラン・ヴィニョはそのうち10haを所有する代表的生産家です。

ピノ・グリ100%



ブルゴーニュ ロゼ ドメーヌ レシュノー
Bourgogne Rose   Domaine Philippe et Vincent Lechenaut

2016年  \1,980(消費税別) 発注本数 本 

名手レシュノーが、ピノ・ノワール100%のセニエで造る、愛すべき辛口ロゼ。

ヴァンサン(弟・左)とフィリップ(兄・右)

繊細なピノ・ノワールは、ロゼに仕上げたときに透明度が高くエレガンスな魅力が一杯。レシュノーは、ロゼとしてはしっかりとした濃さを感じさせます。

日本では、2004年に初リリースのロゼですが、実はレシュノーでは90年代からロゼを少量ずつ造っていたとのこと。製法は最高の品質となるセニエ法。彼らの造る様々なクリュ(ニュイサンジョルジュなど)からブレンドされます。熟成はステンレスタンクで約8ヵ月と、ロゼとしては長期なもの。

ラベルが物語るように、可愛らしく軽やかでサクランボやイチゴのようなフレーヴァーと共に、パンのような酵母系の香が心地よく広がります。ほのかに甘さを感じる繊細な酸がおいしく後味にも響くのが印象的。
生産量は、約180ケースしかなく、大変稀少です。
レシュノーは、良質生産者として世界から注目を浴びています。
ニュイ・サンジョルジュに本拠を持ち、幅広い村の畑を持つ、フィリップとヴァンサンの兄弟が仲良く最良のワインを造ります。近年栽培法は有機栽培になっています。

ピノ・ノワール100%


マルサネ ロゼ ドメーヌ ブリュノ・クレール
Marsannay Rose Domaine Bruno Clair

2016年  \2,880 発注本数 本 

ブルゴーニュで最高のロゼが生まれるのがマルサネ。 唯一村名格でロゼが認められています。

 実はマルサネ・ロゼは現当主ブリュノの祖父ジョゼフ・クレールが1919年に戦争から帰還して、初めてピノ・ノワールからロゼを造り出した創始者。この功績によって今日村名格マルサネ・ロゼの承認となっています。
長めのプレスから深みのある色合いと熟成にも対応するロゼが生まれます。

ピノ・ノワール100%でサクランボやイチゴの風味一杯の繊細なロゼが生まれます。
マルサネは、コート・ド・ニュイ最北端の村で、ディジョンにも隣接している場所。
一般に田舎っぽいワインが造られる土壌の中で、ブリュノ・クレールはバランスの取れた、ナチュラルで、エレガントなスタイルを持っています。


2016年はバランス良く、大変可愛らしい瑞々しい果実感があるチャーミングなマルサネ・ロゼとなりました。

ピノ・ノワール100%


ラ・ロゼ・デュ・クロ ドメーヌ・デ・ランブレイ
La Rose Du Clos Domaine des Lambrays

2016年  \3,580 発注本数 本 

モレ・サン・ドニ村のほぼ独占特級畑クロ・デ・ランブレイでごく僅かに造られる、知る人ぞ知る特別なロゼ。

80〜90%がグランクリュのクロ・デ・ランブレイの畑から収穫された極上のピノ・ノワールから生まれています。  年生産量もわずか100ケースほどという貴重品。 クロ・デ・ランブレイは、1365年のシトー派修道院の文書までさかのぼれる歴史を持つ偉大なグラン・クリュ。 平均樹齢は50年、そして除梗をしないで発酵させる、数少ない名手。




ピノ・ノワール100%

 

■パストゥグランとコトー・ブルギニヨン


リベルタン パス・トゥ・グラン   ドメーヌ モンジャール ・ミュニュレ
Le Libertin Bourgogne Passetoutgrain 

2015年  \2,180(消費税別) 発注本数 本 

このラベルからは全く中身がわからないワインは、ヴォーヌ・ロマネの名手、モンジャール・ミュニュレが大変マジメに造ったパス・トゥ・グランです。

教科書通りであれば、「同じ限定された場所の中のピノ・ノワールを最低3分の1以上とガメイをブレンド」となっていますが、これはピノ・ノワールとガメイを半分ずつブレンド。

ピノ・ノワールの上品さが充分に伝わり、ガメイのふくよかな柔らかさが、良い意味でブレンドされた大変においしい仕上がりをみせています。派手ではありませんが、しみじみと味わいに深みがあるクラシックなスタイル。

しかも畑の場所は、フラジェ・エシェゾー村とボンクール村(ヴォーヌロマネとニュイ・サンジョルジュの間)の2カ所という素晴らしい立地。

ヴォーヌ・ロマネのテロワールを感じ取れる、深みのある味わいと、気軽で自然な果実香の調和のとれた、しっかりとした味わいの本格ワインです。「リベルタン」とは、自由人のこと。きまりにとらわれない、というコンセプトでしょうか? 

ピノ・ノワールにとらわれない、安くて、しかも本格的においしい、価値を感じられるワインです。

ピノ・ノワール50% ガメイ50%


ブルゴーニュ パストゥグラン  ドメーヌ ラモネ
Bourgogne Passetoutgrain Domaine Ramonet 
2015年 ¥2,980 発注本数 本 

シャサーニュの名手ラモネが造る、大変に高品質なパストゥグラン。

  パス・トゥグランは、ガメイ60%ピノ・ノワール40%ほどで、同じ区域の畑から造らなければなりません。その意味ではキチッとテロワールを反映したワインとなるわけです。

一般的には低くみられがちなパストゥ・グランですが、ラモネのパストゥグランは別格。シャサーニュの柔らかな土壌から生まれる果実の優しさをこの二つのセパージュから見事に生み出しています。

この素晴らしい味わいが、パリの有名レストラン「アランデュカス」のソムリエに認められ、ご指名の極上の逸品となっています。 

・・・とはいえ難しく考えずに、ジューシーなガメイと上品なピノ・ノワールのブレンドは、とても親しみやすいもの。 上質かつ柔らかで素直な果実感を気軽にお楽しみください。

14年からラベルがカラーになりました。



コトー・ブルギニヨン メ・ガメ  ドメーヌ ニコラ・フォレ
Coteaux Bourguignons Rouge Mes Gamays Domaine Nicolas Faure 
2016年 ¥4,980 発注本数 本 

 彗星のように現れた、ブルゴーニュのニュースター。

圧倒的な生産量の少なさから、ほとんど入手することができない、まさに幻のワインとなっています。


ニコラ・フォレはロマネコンティ社でその才能を認められ、共同経営者のアンリ・プリウレ・ロックの醸造を担当する、天才的な醸造家です。 同じくライジング・スター、フィクサンの美女姫メアリ・ベルトの彼氏でもあります。


プレモー村内の区画「ラ・クロワ・ド・シュラン」より。0.12ha。ガメイ100%。樹齢40年以上のVV。ステンレスタンクで発酵後、12ヶ月間樽熟成。キュヴェ名の「メ・ガメイ」は「私のガメイ」という意味で、2014年に初めて自社畑を所有できた喜びが表現されています。
全ての畑の面積を合わせても僅かに0.23haしかなく、生産量は数樽のみ。



■ACピノ・ノワール


ブルゴーニュ ヴィエイユ・ヴィーニュ  ドメーヌ ミッシェル・サラザン
Bourgogne Vieilles Vignes Domaine Sarrazin Michel

2015年    ¥2,180(消費税別) 発注本数 本 

 素晴らしくお値ごろで果実感あふれるブルゴーニュ、限定入荷です。


ピノ・ノワールの完熟感と、リッチで柔らかく新鮮なサクランボ風味一杯のとても魅力的なコート・シャロネーズ周辺から生まれます。


素直な果実に適度な凝縮感と調和の取れたバランスは、まさにブルゴーニュのピノ・ノワールらしさの典型的なスタイルとなっています。
正統的な高品質志向で、このクラスですが樽はフランソワ・フレールの樽のみを使用。


サラザンは無名の家族的生産家ですが、ブルゴーニュ委員会での後任講師を集めたセミナーでも紹介されるなど、注目をあびつつあり、ポール・ボキューズなど著名なレストランでも採用されています。


ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ジュヌヴリエール  ドメーヌ フレデリック・エスモナン
Bourgogne "Les Geneverieres" Domaine Frederic Esmonin

2016年    ¥2,180(消費税別) 発注本数 本 

ジュヴレの注目すべき生産者、エスモナンのスタンダードなピノ・ノワール。ジュヴレイを本拠地とする本格的なドメーヌとして、最も良心的な価格で提供されています。

エスモナンは、瑞々しいラズベリーのような果実味に富んだワインを造ることが特徴。

若くして充分に楽しめる果実香を満喫できます。

木イチゴを主体としながらも、完熟したプラムやドライフルーツのニュアンスが香りにあります。口当たりは柔らかく、やや厚みのあるタッチ。そして何よりもこのピノ・ノワールの魅力には後味に残る香りに力があること。余韻を楽しめるACブルとしては秀逸な存在。


ジュヴレ・シャンベルタンの生産家ですので、畑もACブルゴーニュでありながら、ジュヴレ近郊の畑から生まれています。


ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール    ドメーヌ フィリップ・ジャノ
Bourgogne Pinot-Noir Vieilles Vignes Domaine Philippe Jeannot

2016年  ¥2,280(消費税別) 発注本数 本 

まさにチャーミングな瑞々しいイチゴやチェリーのアロマに満ちたピュアなブルゴーニュらしさ溢れるワイン。繊細で綺麗なピノ・ノワールの風味が素直なタッチで描かれた味わいには、甘酸っぱい赤系果実が染みわたります。


畑はドメーヌの本拠地、サントネイ村サン・セルナン・デュ・プランの南東向き斜面にあるピノ・ノワール。樹齢は約40年。

全部除梗して、オーク樽熟成10ヶ月。


1995年に設立されたフィリップ・ジャノは、息子である20代の青年カンタンが早くも中心になって運営されています。

 

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ヴィエイユ・ヴィーニュ  シャトー・ド・サンントネイ
Bourgogne Pinot-Noir Vieilles Vignes Chateau de Santenay

2015年  ¥2,280(消費税別) 発注本数 本 

コート・シャロネーズのさまざまなクリマをアッサンブラージュして造られたブルゴーニュ・ルージュ。南東向きの斜面の区画を選び、陽当たり良好。小樽と大樽にて熟成。しっかりした果実味とストラクチャーをもつ赤ワインです。

  シャトー・ド・サントネイは、中世ブルゴーニュ大公国初代領主フィリップ・ル・アルディ(勇猛公)の居住した由緒正しきシャトー。フィリップ大公は1395年ピノ・ノワール純粋令を発布したことでも有名で、ガメイを引き抜き、ピノ・ノワールを植えさせることを奨励しました。ワイン史への貢献度も大変に高い公爵です。

現在フランス農業銀行が所有し、その豊富な資金力で最先端の設備を導入する中、畑の管理は伝統的な丁寧な仕事を徹底。今後ますます品質向上が話題になる、注目すべきドメーヌです。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール    ドメーヌ ティユル
Bourgogne Pinot-Noir  Domaine des Tilleuls

2014年 ¥2,580(消費税別) 発注本数 本 

 ジュヴレイ・シャンベルタンの名手ティユルが地元のピノ・ノワールで造るスタンダード・ワイン。

ジュヴレイ村のヴィーニュ・ブランシュとプルニエという樹齢30〜40年の区画で、1haに満たない小さな畑です。

ジュヴレの個性を感じさせるクラシックなスタイルで手頃なピノ・ノワール。
上品な口当たりは今すぐに飲んでも大変優しく、柔らかく、ベリー系果実が感じられます。まさに上質なブルゴーニュ。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ドメーヌ モンジャール・ミニュレ
Bourgogne Pinot-Noir

2015年  \2,880(消費税別) 発注本数 本 

ヴォーヌロマネ村(フラジェ・エシェゾー区域)の中でもトップクラスの評価を持つドメーヌ・モンジャールミニュレ。その産出するワインの中でも 最もコスト・パフォーマンスの高いワイン。


ACブルゴーニュですが、ヴォーヌロマネ、フラジェ・エシェゾー、ヴジョの3箇所国道から僅かに下側の素晴らしい畑から生まれる由緒正しいピノ・ノワールなのです。樹齢も30〜55年とヴィエイユ・ヴィーニュと呼んで差し支えないもの。

 リュット・レゾネと呼ばれる減農薬育成と天然酵母から生まれるナチュラルなワイン。樽由来の甘草の風味が感じられますが、決して濃いスタイルではなく柔らかくジワッと広がる旨みが魅力。低温浸透と長期に渡る樽熟成をしますが、エレガントさは失われていません。

18世紀末以来ヴォーヌ=ロマネ村に居住しワイン生産に従事、25haと広大な自社畑を持ち、現在のヴァンサンで8代目となる銘家です。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ キュヴェ・サピデュス  ドメーヌ モンジャール・ミニュレ
Bourgogne Pinot-Noir Cuvee Sapidus

2015年  \3,380(消費税別) 発注本数 本 

ヴォーヌロマネ村(フラジェ・エシェゾー区域)の中でもトップクラスの評価を持つドメーヌ・モンジャールミニュレ。その産出するワインの中で2013年に初リリースされた注目すべき特別キュヴェ。


ACブルゴーニュですが、クロ・ド・ヴジョの国道から僅かに下側の素晴らしい畑« Les Plantes »,から生まれる由緒正しいピノ・ノワールなのです。平均樹齢も55年のヴィエイユ・ヴィーニュ。


伝統的でクラシックなキャラクターは、味わいもドライで通好み。フレッシュなワインながら、複雑さと若干枯れたニュアンスを味わいに感じさせます。低温浸透と長期に渡る樽熟成をしますが、エレガントな口当たり。

 リュット・レゾネと呼ばれる減農薬育成と天然酵母から生まれるナチュラルなワイン。最初キュッとしていますが、後から柔らかくジワッと広がる旨みが魅力。キュヴェの名前「サピデュス」は、古代ラテン語で、「味わい深い」という意味。 金のシールが小さくラベル脇に貼られていてます。

18世紀末以来ヴォーヌ=ロマネ村に居住しワイン生産に従事、25haと広大な自社畑を持ち、現在のヴァンサンで8代目となる銘家です。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ  ドメーヌ ロブレ・モノ
Bourgogne Pinot-Noir Domaine Roblet-Monot

2015年  ¥2,680(消費税別) 発注本数 本 

 ヴォルネイで彗星のごとく出現し、話題になった新進気鋭の自然派生産家が、このロブレ・モノ。祖父の代から除草剤を使わなかった健全な畑から、瑞々しい個性溢れるワインが生まれます。

自然な果実が魅力的なACブルゴーニュ。

とても華やかなトップ・ノーズは、イチゴジュースのような自然な果実香をもち、ほのかに甘草のようなスパイシーな風味が口中に広がります。


デイリーに繊細なピノ・ノワールの魅力を満喫できる貴重な存在です。


ヴォルネイに本拠地を持つロブレ・モノが、コート・ド・ボーヌ地区にある自社畑のピノ・ノワールを集めて造りました。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  シャントレーヴ
Bourgogne Pinot-Noir Maison Chantereve

2016年  ¥2,980 (消費税別)   発注本数 本 

 

注目の日本人女性醸造家栗山朋子さんとシモンビーズ醸造長ギヨーム・ボットによる貴重なピノ・ノワール。


ブドウは、ピュリニー・モンラッシェ近郊の素晴らしいピノ・ノワールを使用、低温浸漬の後に伝統的な木製大型発酵樽で自然酵母で発酵させました。 

 この2014年ビンテージから100%無除梗の全房発酵になりました。

 

CHANTEREVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子さんとサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズでシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立

 

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  シャントレーヴ
Bourgogne Pinot-Noir Maison Chantereve

2016年 1500ml  ¥6,680 (消費税別)   発注本数 本 

 

注目の日本人女性醸造家栗山朋子さんとシモンビーズ醸造長ギヨーム・ボットによる貴重なピノ・ノワール。


ブドウは、ピュリニー・モンラッシェ近郊の素晴らしいピノ・ノワールを使用、低温浸漬の後に伝統的な木製大型発酵樽で自然酵母で発酵させました。  CHANTEREVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子さんとサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズでシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立

 

 

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ シャペル・ノートルダム ドメーヌ カシャ・オキダン
Bourgogne Pinot-Noir La Chapelle Notre-Dame Domaine Cachat-Ocuidant

2016年 ¥2,980発注本数 本 

ボーヌ近郊に昔建立されていたノートルダム寺院の跡地で育てられた特別のブルゴーニュ・ピノ・ノワール。

ACブルゴーニュといっても、単独区画だけから出来る大変に珍しい上質品です。この畑はブルゴーニュの中でもたった4人の優秀な生産者しか所有しておらず、カシャ・オキダンの生産本数も僅か3000本のみ。


新鮮で可愛らしく、ふくよかで柔らかな果実感が特徴。木イチゴをかじったような、とても親しみやすくチャーミングでフルーティーな味わいです。
カシャ・オキダンは無名ながら、優れた味わいを造り出す注目すべき生産家。
特に2016年は生産量が少ない大変希少なビンテージ。

 


ピノ・ノワール100%



ブルゴーニュ レ・シャン・ダルジャン ピノ・ノワール ドメーヌ ジャック・カシュー
Bourgogne "Les Champs d'Argent" Pinot-Noir

2015年 ¥3,180 (消費税別) 発注本数 本 

銘醸地ヴォーヌ・ロマネで小規模な生産家ながら、最近とくに実力を注目されているのが、ジャック・カシュー。
無清澄・無濾過で造られるしっかりとしたボディーを持つ、しかしながら重すぎずバランスの良いスタイルは、このブルゴーニュ地方名ワインでもしっかりと受け継がれています。
一般的なACブルゴーニュものと違い、畑銘(レ・シャン・ダルジャン=銀の畑)入りの特別区画もの。

ピノ・ノワールAC格付けでありながら、ヴォーヌロマネ村行政区域内の国道より斜面下側にある、上質な区画。  しっかりと上品な、ヴォーヌロマネのニュアンスを充分に感じさせるデイリーなピノ・ノワール。 ぜひ楽しんで飲んでみたいピノ・ノワール。素朴なラベルの中に、深い味わいがあります。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ルー・デュモン
Bourgogne Pinot-Noir Maison Lou Dumont

2015年 375ml ¥2,580 (消費税別) 発注本数 本 

2015年 750ml   ¥3,580 (消費税別) 発注本数 本 

 

 『天・地・人』ラベルに漢字で記された特別なブルゴーニュ・ワイン。
とても上質な正統派ACブルゴーニュ。 ルー・デュモンのこのワインからは、引き締まったコート・ド・ニュイの個性が素直に表れています。 すべてコート・ド・ニュイのピノ・ノワールで、30%分はAOCジュヴレ・シャンベルタンとACコート・ド・ニュイ・ヴィラージュを格下げしてブレンド。平均樹齢30年。収穫量45hl/ha。グリーンハーヴェスト。天然酵母のみで発酵。 フランソワ社製ネヴェール森産とヴォージュ森産の新樽率20%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルター。

 

生産者は、日本人の仲田晃司氏1995年に渡仏し、ブルゴーニュのドメーヌやネゴシアンで修行後、2003年にジュブレイ・シャンベルタンを本拠として独立しました。 日本人らしいキメ細かな職人気質は、ブルゴーニュの人たちにも高く評価されています。仲田氏のワインは、純度の高い果実の繊細なニュアンスが特徴的。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール    ドメーヌ ディジオイア・ロワイエ
Bourgogne Pinot-Noir  Domaine Digioia-Royer

2016年 ¥3,380 発注本数 本 


「ブルゴーニュAC」とはいえ、極めてシャンボールに近い個性があります。それは、このぶどうの生まれる畑が90%がシャンボール村内の「レ・ペルソン」、「レ・プラント・ジルベール」、「レ・グラヴィエ」の3区画、5%がモレ・サン・ドニ村内の「レ・ポワゾ」、5%がジイィ・レ・シトー村内の「レ・マラディエール」で、合計約1haということに由来します。
平均樹齢35年。50%をステンレスタンクで、50%を1〜3回使用樽で12ヶ月間熟成。


「極めてシャンボールらしいスタイル」と大変に評価の高い、生産者がディジオイア・ロワイエ。現当主ミッシェルが、1999年にドメーヌを継承後すぐに話題になり、2000年以降はロンドンで最も権威あるワインショップのセレクションに選ばれ、世界的にも認められるようになりました。少ない生産量も重なって、今やその入手をめぐって世界中で割り当てとなる入手困難なワインとなりました。

ミッシェルは、シャンボールで一番長い時間畑で働いている、と噂されているほど仕事熱心。小規模ドメーヌながら収穫時に最新の震動選果台を採用するなど、品質管理が徹底されています。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ボンバトン  ドメーヌ フィリップ・ルクレール
Bourgogne "Les Bons Batons"Domaine Philippe Leclerc

2015年 750ml   ¥3,780(消費税別) 発注本数 本 

2015年 375ml   ¥2,480(消費税別) 発注本数 本 

ジュブレ・シャンベルタン村の新進気鋭な醸造家フィリップ・ルクレール。有名なワイン評論家R.パーカー氏(米)やS.サトクリフ女史(英)が絶賛しています。 その産出するワインは低収量の上に高い新樽比率で造り上げます。シャンボール村の国道から下の畑から造られたピノ・ノワールを使用。 約2年間オーク樽で熟成させます。

2015年は、21世紀最高とも評価される完熟度の高い素晴らしいスタイル。

まろやかで飲み心地がよく、余韻が長く続きます。


ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ドメーヌ ラファルジュ
Bourgogne Pinot-Noir Domaine Michel Lafarge

2014年 ¥3,280(消費税別) 発注本数 本 

単純に『ブルゴーニュ ピノ・ノワール』といっても、いかにもボーヌ側の良質で淡く優しく繊細な果実感を素直に打ち出したピノ・ノワールの銘品。


ミッシェル・ラファルジュは、銘醸地ヴォルネイを代表する生産者。
ヴィロードのような上品なタッチから、その素朴な中にヴォルネイの本質的な優しく繊細な味わいを追求したラファルジュならではの果実感が広がります。
畑仕事と醸造は有機栽培を実践していますが、まさに正当派の果実が醸す美しい姿が表現されています。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ドメーヌ フィリップ&ヴァンサン・レシュノ
Bourgogne Pinot-Noir  Domaine Lecheneaut

2016年 ¥3,480(消費税別) 発注本数 本 

上質で大変にのみ心地の良いレシュノーのベーシック・ワイン。

ニュイ・サンジョルジュ村国道下側にある3つのACブルゴーニュ区画からのブレンド。バランス良く、凝縮感がある心地よい味わいをぜひお楽しみください。 樹齢40年のピノ・ノワールをすべて手摘み収穫後、振動式選果台で選別。基本的には除梗だが一部房のまま仕込んでいます。樽熟成は平均16か月。


ブルゴーニュで今もっとも注目されている生産者が、このレシュノーです。ニュイ・サンジョルジュに本拠を持ち、幅広い村の畑を持つ、フィリップとヴァンサンの兄弟が仲良く最良のワインを造ります。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール ジブリオット
Bourgogne Pinot-Noir La Gibryotte 

2015年 ¥3,680 発注本数 本 


ジュヴレイ・シャンベルタンのトップ・スター、クロード・デュガが近隣の生産家のワインを買って自社で樽詰め、育て上げたのがこのジブリオット。  

 

 彼の特徴となる深い色合い、深い樽香を中心にした香りと深い味わいは 、このワインにもしっかりと感じられます。さらに円やかに、若くして楽しめるように仕上げられました。2015年は、21世紀最高のピノ・ノワール・ビンテージといわれています。


ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ドメーヌ クリストフ・シュヴォー
Bourgogne Pinot Noir Domaine Christophe Chevaux

2016年    ¥3,880(消費税別) 発注本数 本 

ヴォーロマネ村を本拠とする、注目すべき無名のプチ・ドメーヌがこのクリストフ・シュヴォー。 クラシックな造りの中で優しくやわらかい果実感が魅力のシュヴォーです。


30年間ロマネコンティ社で働いた父ベルナールと、プリューレ・ロックに10年間修行した息子クリストフが造り上げます。


  彼等は、畑仕事を徹底的にこなし、プルミエ・クリュもグラン・クリュも持っていないシュヴォーの畑は、DRCの畑のようにフカフカなのです。

 ブルゴーニュACといえども、すべてフラジェ・エシェゾー村に属し、Les Rouchamps等3つの区画で合計0.51ha。樹齢40〜50年のVV。
3〜4回使用樽で18ヶ月間の熟成。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール プラン・ジルベール  ドメーヌ ユベール・リニエ
Bourgogne Pinot Noir Plant Gilbert Domaine Hubert Lignier

2016年    ¥4,680(消費税別) 発注本数 本 

モレ・サンドニの代表的生産家ユベール・リニエ。
 後継者ロマン・リニエの急逝により、父ユベールと長兄ローランによる作。 早くも16年が入荷しました。

 ぶどうは除梗し、低温浸漬。タンクで最低でも2週間以上かけて発酵。酵母も野生酵母のみ。時間をかけた自然の営みが造りあげる手造りワインなのです。
ぶどうは除梗し、低温浸漬。タンクで最低でも2週間以上かけて発酵。酵母も野生酵母のみ。時間をかけた自然の営みが造りあげる手造りワインなのです。


このACブルゴーニュは、シャンボールミュジニー村内のACブルゴーニュ区画Plant Gibert単一区画です。

しっかりとしたクラシックな仕上がりになるのが、ユベールらしさ。


ピノ・ノワール100%



ブルゴーニュ ピノ・ファン ドメーヌ アルヌー・ラショー(ロベール・アルヌー)
Bourgogne Pinot-Fin Domaine Arnoux-Lachaux 

2015年  ¥4,580(消費税別) 発注本数 本 

 ロベール・アルヌーは、知る人ぞ知るヴォーヌ・ロマネ屈指の生産家。娘婿としてワイン造りに加わったパスカル・ラショーですが、今や彼の類い希なセンスが遺憾なく発揮された、素晴らしいワインを仕上げています。近年ではパスカルの息子シャルルが中心となり醸造に参加しています。


地面の香りを感じさせ、とても艶っぽい柔らかな果実味のタッチを持つスタイルは、一流生産者ならではのセンスを感じさせます。

ピノ・ファン(Pinot Fin)とは、ピノ・ノワールの亜種で、直訳すれば、「繊細なピノ」。果粒が小さく果皮が厚いために、より特徴の際立ったワインを造ることができるとされますが、樹(幹)が真っ直ぐに育たず収量が低い難点があります。 病気にかかりやすく、栽培が難しいので、多くの栽培家が引き抜いた品種ですが、アルヌーでは「通常のピノ・ノワールにはない繊細さをワインに表現したい」と大事に育てているそうです。
大変に珍しいセパージュで、ニュイ・サンジョルジュの国道付近の畑から生まれます

ピノ・ファン(ピノ・ノワール)100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ドメーヌ ジャン・グリヴォ
Bourgogne Pinot-Noir Domaine Jean Grivot

2014年 ¥4,780 発注本数 本 

ヴォーヌロマネの名手ジャン・グリヴォ。彼のACブルゴーニュは、大変に生産量が少ないのですが、実はヴォーヌロマネとニュイ・サンジョルジュの中間の国道下側に少しだけ畑を持っています。

ジャン・グリヴォは、男性的なしっかりとした骨格を感じさせる味わいが特徴。 本格的な一流生産家のピノ・ノワールを気軽に楽しめる逸品といえましょう。

長期樽熟成を経てしっかりとしたものに仕上がるのがグリヴォの流儀。したがって、リリースも他の生産者より1年近く遅くなります。

ちなみに、グリヴォ家現当主エティエンヌ・グリヴォの奥さんは、サヴィニーの名手パトリック・ビーズ(シモン・ビーズ)の妹さん。ブルゴーニュの世間は狭いのです。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ドメーヌ ユドロ・バイエ
Bourgogne Pinot-Noir Domaine Hudelot Baillet

2016年 ¥3,880(消費税別) 発注本数 本 

とても綺麗で美味しいトラディショナルなピノ・ノワール。

単純に『ブルゴーニュ ピノ・ノワール』といっても、このユドロ・バイエのピノ・ノワールは、彼の本拠であるシャンボールミュジニー村近隣の中で、法定のシャンボール名称地区に隣接した畑から生まれます。


そのため、シャンボール・ミュジニーの上品なニュアンスをそのまま継承した魅力的なピノ・ノワールが生まれるのです。

彗星のごとく登場し、瞬く間にシャンボール・ミュジニーのトップスターたちと同格に表されるようになったのがこのユドロ・バイエ。

大変女性的なスタイルを造りますが、当主のドミニク・ル・グエンは、98年にドメーヌを引き継ぐまでは、軍隊に18年在籍し、趣味のラグビーも20年の経験を持つというマッチョな男です。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ロンスヴィ ピノ・ノワール  ドメーヌ アルロー
Bourgogne Roncevie    Domaine Arlaud

2015年  ¥3,780 (消費税別) 発注本数 本 

ロンスヴィの場所(白い部分)

大変上質で凝縮感のある、ブルゴーニュ・ピノ・ノワール。
ブルゴーニュACですが、あの特級シャンベルタンとクロ・ド・ベーズをまっすぐ下り、ジュヴレ村名畑に囲まれたとても素晴らしいテロワールなのです。しかもヴィエイユ・ヴィーニュ(古いブドウの樹)を使用。村名ワインを凌ぐ品質のワインをつくろうとする、生産者の意欲が伝わるワインなのです。

若き経営者シプリアン・アルロ氏は、ニュージーランドと南アフリカでワインの生産を学んだというヌーヴェル・ヴァーグを起こしつつある注目ある生産者。
ただし、基本的な造りはとても伝統的。2004年から完全な有機栽培となっています。

腰の強い、しっかりとした骨格を持ちながらも、滑らかでスタイリッシュな味わいが特徴。この地方名ACワインにおいても、特級の法定収量と同じ40hl/haで造られています。それだけ、しっかりとしているのです。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール赤   ドメーヌ ロベール・シリュグ
Bourgogne Pinot-Noir    Domaine Robert Sirugue 

2016年 \3,780 発注本数 本 

2015年 \3,480 発注本数 本 

2014年 \3,480 発注本数 本 

「ブルゴーニュ ピノ・ノワール」ですが、銘醸地ヴォーヌ・ロマネに隣接する位置にある畑から生産される、ヴォーヌロマネのニュアンスを持つ最上の地方名ワインが、このワイン。


優良生産者ロベール・シリュグの顧客は個人客が主体で、一般のマーケットに出てくるのが極く僅か。良心的な価格ながら、しっかりとした造りは素晴らしいもので、残念なのは入手が非常に困難なことです。

味わいとしては、しっかりとしたストラクチャーに上品なサクランボ系の果実香を持つ、バランスの良い良心的なドメーヌ(自家農園)・ワインです。

少し時間をかけて空気に触れさせると、柔らかさが増してくるようです。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ルー・デュモン
Bourgogne Pinot Noir Maison Lou Dumont Léa Sélection

1990年   \3,880 発注本数 本 


とても魅力的な28年熟成のACブルゴーニュ。


ルー・デュモンのレア・セレクション・シリーズは、ジュヴレイ・シャンベルタンで活躍する日本人醸造家の仲田さんが、様々な生産者のオールド・ビンテージの中から、「これは素晴らしい」と感じたものを選りすぐったセレクション。「確かな品質のオールド・ビンテージをお手頃に」がセレクションのコンセプト。品質は仲田氏の保証付きです。
この魅力的なオールド・ビンテージ・セレクションは現地フランスでも人気が高く、最近日本から予約してもなかなか入手困難になってきています。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ドメーヌ オーディフレッド
Bourgogne Pinot-Noir    Domaine Audiffred

2016年  ¥3,680 (消費税別) 発注本数 本 

大変に高品質なブルゴーニュ・ピノ・ノワール。 ヴォーヌロマネとニュイ・サン・ジョルジュ村の境界付近のACブルゴーニュ区画である"Les Croix Blanches"に、メテイヤージュ契約で0.15ha。平均樹齢60年の超VV。4〜5回使用樽で13ヶ月間の樽熟成。

オーディフレッドは、ロマネコンティで13年間働いた後(ロマネ・コンティとラ・ターシュの栽培を担当)に両親の経営するドメーヌを継承。 そして彗星のごとくあらわれたワインは、どれも素晴らしいものばかり。 ただし、きらびやかではなく、素朴にジワッと旨みがあらわれてくる、そんな魅力に溢れる味わいです。


ピノ・ノワール100%

ブルゴーニュ ピノ・ノワール プレステージ ドメーヌ フィリップ シャルロパン
Bourgogne Pinot-Noir Cuvée Prestige Domaine Philippe Charlopin-Parizot

2014年 ¥3,780 発注本数 本 

ブルゴーニュ・ファンにとって注目すべきシャルロパンのベーシック・ワイン。

 

深みのあるコート・ド・ニュイの個性をコンパクトにまとめ上げた地方名ブルゴーニュの上級キュヴェ。 じっくりと成熟を進めた豊潤な果実とタンニンのバランスが見事。美しいフィネスを感じさせます。

 

ドメーヌ・シャルロパンは、ジュブレ・シャンベルタン村の知る人ぞ知るエース的生産者。 コメディアン風の愛くるしい風貌のフィリップ・シャルロパン氏は、大変に重厚な密度の濃いワインを造り出します。

熟成:バリック12ヶ月

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  ドメーヌ ロベール・シュヴィヨン Bourgogne Pinot Noir  Domaine Robert Chvillon

2014年 \4,280(消費税別) 発注本数 本 

ベルトランとドニ兄弟(04年3月訪問)

シュヴィヨンは、ニュイ・サンジョルジュのトップド・メーヌ。

 

長期浸漬により、しっかりとしてなおかつエレガントな上質で長命なワインを造りあげます。30代の若手二人兄弟ベルトランとドニが一生懸命頑張っています。


寡黙なお兄さんは畑仕事担当。雄弁な弟は、醸造とマーケティング担当、という絵に描いたように典型的な共同作業です。

 

一番スタンダードなブルゴーニュACですが、このクラスでは例外的にしっかりとした長期樽熟成をさせています。そのために、お値頃ながらニュイサンジョルジュの力強い、しっかりとしたテロワールを充分に感じとれる味わいに仕上がりました。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール メオ カミュゼ
Bourgogne Pinot-Noir Méo Camuzet  Frere & Soeurs

2014年 \4,280 発注本数 本 

2013年 \4,380 発注本数 本 

常に人気の高い生産者が、このメオ・カミュゼ。常に品薄、入手困難ですので、ぜひこの機会をお見逃し無く。

神様といわれたアンリ・ジャイエから最も愛されて直伝の醸造法に磨きかかかるメオ・カミュゼですが、その味わいは、決して近寄りがたいものではなく、モーツアルトの音楽のように、万人にとって認められ得る幸福感に満ちた果実香に満ちたとっても華やかな香りを持つワインです。技術的には、完熟したぶどうを厳選して腐敗果などの除去を徹底することと、完全除梗に発酵前の低温マセラシオン・・・その行程は、果実の健全で新鮮さの抽出のために行われています。

さて、名手ジャン・ニコラ・メオの味わいを知る上で、エントリーワインとなる地方名ピノ・ノワール 。

このピノ・ノワールは、コート・ド・ニュイの代表的な村から産出されたぶどうがブレンドされています。自園は国道より下側にある、クロ・ヴジョにほど近いヴォーヌロマネ北側とニュイサンジョルジュに近いヴォーヌロマネ南側の2カ所の地方名格付け畑の他に、ヴォーヌ・ロマネやエシェゾーのもの。また近隣の契約農家から購入したブドウ(シャンボール・ミュジニー、マルサネ等)を若干ブレンドして造られています。土壌的にはヴォーヌ・ロマネに大変近く、上質ワインを感じさせるもの。

人気者メオの最もベーシックなピノ・ノワール、香りは大変華やかで、ピュアなサクランボの果実香がとても強く広がります。口当たりはとても滑らかで柔らかく、やや厚みがありますが重すぎることはありません。酸が柔らかいので酸っぱいのが苦手な人にも大変受け入れられやすい味わい。 

 

上級ドメーヌ品の複雑さを求めることなく、華やかで楽しめるピノ・ノワールで、メオ・カミュゼの名前にとらわれずに全ての人に楽しめるワインとしてオススメできます。鳥や鴨など、繊細さを感じさせる肉質の料理に合わせると、素晴らしいマリアージュとなるでしょう。

 

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール  赤 ドメーヌ ドゥニ・バシュレ
Bourgogne Pinot-Noir   Domaine Bachelet

2014年 \4,680(消費税別)  発注本数 本 

ドゥニ・バシュレは、老樹で低収量のスペシャリスト。味な存在ながら、確かな品質のワインを造り、高く評価されています。 ルイ14世の飛脚小屋跡が現在の醸造所になっている、という興味深いところ。

ジュヴレ・シャンベルタンの2区画プレソニエとグラン・シャンのブドウが使われるブルゴーニュ・ルージュ。

両クリマとも一部は村名ジュヴレとして認められており、ジュヴレ・シャンベルタン並みの力強さ、を持つ大変贅沢なACブルゴーニュ。 数多くの有名生産家の間でも、「自分のワイン以外で好きなものは、バシュレ」との声をよく耳にします。日本では、地味な存在ながら、確かな品質のワインを造り、高く評価されています。 ドニが踏襲するのは祖父母以前の手法。栽培、醸造に関して過度にコントロールせず、それ以前の変わらぬ伝統的なつくりを受け継いでいます。ぶどう樹はこまめな手入れと有機栽培により育成され、極端ではないものの低い収量を守り、ノン・フィルターで瓶詰めされています。

ヴィエイユ・ヴィーニュの記載はありませんが、60年の古樹から。

ピノ・ノワール100%


ピノ・ノワール

bioブルゴーニュ ピノ・ノワール赤  ドメーヌ セラファン
Bourgogne Pinot-Noir Domaine Serafin 

2015年  ¥5,980 (消費税別) 発注本数 本 

ピノ・ノワール

セラファンは、ジュヴレ・シャンベルタンの第一人者。

 

重すぎることはありませんが、複雑さと妖艶な香りに魅力があり、最高の生産者が造るブルゴーニュの良さを充分に感じさせます。 申請はされていませんが、ずっと以前から有機栽培で育てられ続けています。

 

ACブルゴーニュは完全除梗されてすぐに飲みやすいように造られています。 やや高めの発酵温度で長期間の浸漬をして、平均20ヶ月という長期間の樽熟成(一般は12-16ヶ月)の後に瓶詰めされます。
2015年は、完熟度の高い最高のビンテージ。

長期熟成のポテンシャルも充分にあります。ワイン通のためのACブルゴーニュ、といえましょう。

 

 

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ドメーヌ クロード・デュガ
Bourgogne Pinot-Noir

2016年  ¥6,280(消費税別) 発注本数 本 

2015年  ¥5,980(消費税別) 発注本数 本 

注目のクロード・デュガ、いよいよ上陸しました。
芯のしっかりとした凝縮感と美しいテロワールの調和、そんなイメージを感じさせるのがクロード・デュガの世界。


このスタンダードなブルゴーニュは、1万円以上する村名格のワインを考えると非常にお買い得。彼のワインの特徴となる凝縮感、深い色合い、深い樽香を中心にした香りと濃い味わいは 、このワインにもしっかりと感じられます。間違いなくカルトなワイン

ピノ・ノワール100%


bioブルゴーニュキュヴェ デュ パンソンドメーヌ・ポンソ Bourgone Pinot-Noir Cuvée des Pinson  

2014年\6,380 本 

昨今、カリスマ的に人気が高まっているポンソの貴重なピノ・ノワール。

樽などでコッテリと化粧された最近のピノ・ノワールの潮流にハッキリとした、アンチテーゼとなる繊細さと自然さをポリシーにもつ、レギュラーワインです。
限りなく土壌の味わいを反映させることに力をおいています。

ポンソ氏はビオとよばれることには抵抗があるようですが、畑には何も撒かず、ワインには何も添加しない造りは、自然派そのもの。
徹底してブドウを完熟させることと収量を減らすこと「新樽を使用しない果実香優先」が特徴です。

名手ドメーヌ・ポンソによるブルゴーニュ ピノ・ノワール、実は生産量が大変に少なく、お手軽価格ながら、レア度的には特級なみなのです。
ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ  フィリップ・パカレ
Bourgogne Pinot-Noir Vieilles Vignes Phillipe Pacalet

2016年 \6,880 発注本数 本 

偉大な自然派有機栽培の大家、フィリップ・パカレが造る稀少かつ秀逸なピノ・ノワール。樹齢の高い区画の厳選になります。

酸化防止剤や農薬に頼らないでワインを造り、見事な果実感を生み出したマルセル・ラピエールの甥にして、ロマネ・コンティの所有者でもあるプリウレ・ロックの醸造長を勤めたフィリップ・パカレ、彼はその2つのドメーヌの良いところを充分に吸収し、独自の世界を造り上げました。

ブルゴーニュを知り尽くし、そして自然派ワイン造りを極めたものならではの、過度な抽出をしない、濃すぎないのに、しっかりとしたストラクチャと生き生きとした繊細な果実の味わいを生みだします。

ピノ・ノワール100%

■ACオート・コート


オート・コート・ド・ボーヌ  ”クロ・フィリップ・ル・アルディ” シャトー・ド・サントネイ
Bourgogne Hautes Côtes de Beaune "Clos Philippe Le Hardi" Chateau de Santenay

2015年  ¥2,480(消費税別) 発注本数 本 

オート・コート・ド・ボーヌながらサントーバン村に属する、その名もフィリップ公爵名がついたドメーヌのモノポール(独占所有)畑。

 石灰質が多く、標高の高い土壌からは冷涼地を感じさせるさわやかな味わいが特徴。オーク小樽で6ヶ月間熟成。  

  シャトー・ド・サントネイは、中世ブルゴーニュ大公国初代領主フィリップ・ル・アルディ(勇猛公)の居住した由緒正しきシャトー。今日も古式ゆかしい城郭が当時を偲ばせる歴史的建造物となっています。
1395年ピノ・ノワール純粋令(コート・ドールでガメを抜いてピノ・ノワール栽培を奨励)を発布したことでも有名で、ワイン史への貢献度も大変に高い公爵です。

現在はクレディ・アグリコール・グループの傘下となり、潤沢な資金の元で発展、”カリテ・フランス”と”テラ・ヴィティス”の認証を受けたビオロジック栽培を実践しています。


ピノ・ノワール100%


オート・コート・ド・ボーヌ  シャントレーヴ
Bourgogne Hautes Côtes de Beaune Maison Chantereve

2016年  ¥3,780 (消費税別)   発注本数 本 

 

注目の日本人女性醸造家栗山朋子さんとシモンビーズ醸造長ギヨーム・ボットによる貴重なピノ・ノワール。コート・ドールの丘から隣の山にある丘陵上部にある冷涼な畑から果実感上質で繊細な味わいが生まれます。


オート・コート・ド・ボーヌは、珍しい花崗岩土壌のピノ・ノワールを使用、低温浸漬の後に伝統的な木製大型発酵樽で自然酵母で発酵させました。 

 この2014年ビンテージから100%無除梗の全房発酵になりました。

 

CHANTEREVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子さんとサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズでシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立

 

ピノ・ノワール100%


オート・コート・ド・ニュイ  ドメーヌ・グロF&S
Hautes Côtes de Nuits Domaine Gros Frere et Sour

2015年  ¥3,680(消費税別) 発注本数 本 

ブルゴーニュ地方ヴォーヌロマネ村の中でもトップクラスの評価を持つドメーヌ・グロ一族。ワインはどれもが期待を裏切らない高い品質を誇ります。オート・コートは、特にコストパフォーマンスの素晴らしい代表作。

 黄金の杯が目立つ優雅なラベルは、名門グロ家次男、ベルナール・グロが造る、人気の高いオート・コート・ド・ニュイ。
ふくよかでジューシーな果実感がある、陽気で楽しい味わいがベルナールの特長。やや高い斜面にあるオート・コートですが、完熟度の高いベルナールの造りは、ヴォーヌロマネのような仕上がりを見せています。
ジャズ・ピアノやエレキ・ベースを愛する茶目っ気たっぷりのベルナールは、造り上げるワインにも外向的なキャラクターが表れ、明るい果実感が充分に感じられます。

畑はコート・ド・ニュイの丘の上部に8ha所有しています。大樽で6ヶ月間熟成した後に小樽熟成。


ピノ・ノワール100%



オート・コート・ド・ニュイ フォンテーヌ・サンマルタン ドメーヌ ミッシェル・グロ
Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Fontaine Saint Martin    Domaine Michel-Gros

2014年  ¥3,580(消費税別) 発注本数 本 

ブルゴーニュを代表するバリューワイン。2014年から単一畑としてリリースされるようになりました。


ニュイ・サン・ジョルジュから西に7kmほどのアルスナン村高台の東南向き斜面畑のなかでも、1127年シトー会修道院によって開墾された特別な7haの区画から生まれる単一畑。
350-390mの高い標高から感じられる冷涼感に緻密なストラクチャが感じられる、ヴォーヌロマネに通じる上品な味わいを持っています。

区画はコート・ド・ニュイの丘の上部に8ha所有。大樽で6ヶ月間熟成した後に小樽熟成。
バランスがよい新鮮な果実感に満ちた仕上がりとなっています。
ピノ・ノワール100%



オート・コート・ド・ニュイ  ドメーヌ フィリップ&ヴァンサン・レシュノ
Bourgogne Hautes Côtes de Nuits     Domaine Lecheneaut

2015年  ¥3,780(消費税別) 発注本数 本 

上質で冷涼感を感じさせる、大変にのみ心地の良いレシュノーのベーシック・ワイン。


ニュイ・サンジョルジュから丘を越えた海抜350M の高台(オート・コート地区)アルセナン村の南向き斜面(石灰質土壌)に樹齢60年以上の古樹からなる素晴らしいワイン。

レギュラーのピノ・ノワールと比べると標高の高いところから生産されているために、冷涼感と上品なスタイルが特徴です。
ブルゴーニュで今もっとも注目されている生産者が、このレシュノーです。ニュイ・サンジョルジュに本拠を持ち、幅広い村の畑を持つ、フィリップとヴァンサンの兄弟が仲良く最良のワインを造ります。
とてもクラシックなブルゴーニュ・スタイルに仕上がっています。
ピノ・ノワール100%


オート・コート・ド・ニュイ ドメーヌ ユドロ・バイエ
Hautes Côtes de Nuits    Domaine Hudelot Baillet

2016年  ¥4,580(消費税別) 発注本数 本 

シャンボール・ミュジニー村の優れた造り手ユドロ・バイエ。

シャンボール村内のオート・コート区画レ・トープ60%、ムイエ村内40%で合計1.3ha。平均樹齢25年。新樽10%、2〜3回使用樽90%。  
シャンボールより標高が100メートル高く、その分より冷涼感を感じさせる風味が特徴です。

エレガント、という表現が一番よく合う繊細さが持ち味の、シャンボール・ミュジニーのテロワールと共通しています。 優しさに溢れ上品なサクランボの果実香を中心に、魅力に満ちたワインです。

ピノ・ノワール100%


オート・コート・ド・ニュイ  ドメーヌ アンヌ・グロ
Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Domaine Anne Gros

2016年  \5,980(消費税別) 発注本数 本 

(お一人様限定1本まで)


コート・ドールから一山超えたオート・コートの高地から生まれる、ピノ・ノワール。
上品なミネラル感と優しい柔らかさを持ち、適度な樽香が綺麗に調和しています。
冷涼な気候が育む新鮮な果実感を素直に楽しむことが出来る綺麗な味わいのワインです。

アンヌは、若干22歳にして心臓病の父に代わり、ドメーヌの責任者として運営を行うようになりました。若手のホープといわれていた彼女も現在ではすっかり優雅なマダムになりました。
当時大学文学部を卒業していた彼女は、醸造学部に学ぶようになり、生来の斬新なアイディアで、一気にスターダムに登りつめました。
伝統の良い部分を継承しつつ、新しい技術に取り組むグロ家の血筋は、竹を割ったようにはっきりとした彼女の性格によってより大胆に実行されます。
畑では、ビオディナミ(有機自然栽培)を研究し、リュット・レゾネ(減農薬)を実践する一方で、伝統的な木製発酵槽からステンレス発酵槽へ切り替えました。
この事により、しっかりと凝縮感を持ちながらも、クリーンでデリケートな味わいを実現しています。

ピノ・ノワール100%

■ACイランシーと北部AOC


ブルゴーニュ  コート・サンジャック   ピノ・ノワール    ドメーヌ アラン・ヴィニョ
Bourgogne cote saint Jacques Domaine Alain Vignot

2015年 ¥2,680(消費税別) 発注本数 本 

ブルゴーニュ最北部から生まれる大変に希少なピノ・ノワール。


 シンプルで新鮮、木イチゴやサクランボの純粋でとても繊細で新鮮な果実感に満ちた香り。
コート・サンジャックはシャブリよりさらに北のジョワニー村に位置し、白亜紀の石灰質とチュロニアン階のシレックスを含む特殊な土壌が特徴。
 ヨンヌ川の南側にある斜面。川のあるおかげで冬から春にかけての気候が安定しているだけではなく、斜面北側にある森が北風を遮ってくれています。
葡萄は手摘みで収穫。2度の低温で約1週間のスキンコンタクト。 自然酵母が動きだし、発酵が終わるころにジュースを抜き取ります。そして発酵後のブドウをプレスし、15日間の樽熟。その後、リムーザンの樽で約1年間の熟成の後に瓶詰め。


コート・サンジャックは僅か15haの総面積に僅か3人の生産家。アラン・ヴィニョはそのうち10haを所有する代表的生産家です。

ピノ・ノワール100%



ブルゴーニュ エピヌイユ キュヴェ・ジュリエット ドメーヌ グリュイエ
BOURGOGNE EPINEUIL Cuvée Juliette   Domaine Gruier

2014年  \2,980 (消費税別) 発注本数 本 

注目すべき産地エピヌイユの高品質ピノ・ノワール エピヌイユはシャブリよりさらに北に位置し、キンメリジャンと呼ばれる強い石灰石を含む土壌が特徴。 南に面した畑は太陽の光をふんだんに浴びて、実はシャブリよりもブドウが完熟するために、なかなか良質なピノ・ノワールが育ちます。そのため、ロゼと赤のみが認められた特別なアペラシオンとなりました。

 長女の名前を冠したジュリエットは、45度の急斜面の区画のみから造られた素晴らしいピノ。南に面した畑は太陽の光をふんだんに浴びて、実はシャブリよりもブドウが完熟します。 更に全房発酵という除梗をしない造りで、丁寧に仕込まれています。

凝縮感がありかつ斜面から生まれる繊細なニュアンスも魅力、レギュラーのエピヌイユよりさらに引き締まったストラクチャ。赤いベリー系のアロマ。デリケートで爽やかな仕上がり。
AOCではブルゴーニュ地方名格となりますが、加えてエピヌイユという特別なテロワールを名乗ることができる地域で最近、フランスのワイン業界でも注目を集めています。

このドメーヌの起源はシトー派修道院、1212年までその歴史を遡る、「ドメーヌ・ド・ラベイ・デュ・プティ・カンシー」です  

ピノ・ノワール100%


イランシー  ドメーヌ グラン・ロシュ
Irancy  Domaine Grand Rochet

2014年 ¥2,780 (消費税別) 発注本数 本 

シャブリ近郊で造られる大変に珍しい赤ワイン。ソムリエ試験などで名前を覚える機会があっても、市場に出てくるのが大変に少なく「気になる1本」です。

1980年に植樹された傾斜45度の南向き急斜面に植えられているピノ・ノワールを主体に地場品種であるセザールを混醸。
ピュアな冷涼感ある木イチゴの果実感が主体で、繊細なボディーですが、やや胡椒のようなスパイシーなニュアンスが感じられるのは、セザールから由来するものなのでしょう。
搾汁後、8日間の低温マセラシオン。そして28-35度で10-15日間の発酵。その後、タンニンを柔らかくするため2-3回使用した樽で6カ月の熟成をし、さらにステンレスタンクで約1年の熟成を経て瓶詰め。樽の風味や味わいに頼りすぎない透き通るような北の赤ワイン。
冷涼地イランシーでは、10%程セザールという地品種をブレンドすることにより、若干スパイシーが加わります。
グラン・ロシュは、現在50才のエリック氏が一代で築いたドメーヌ。1987年がファーストVT。

ピノ・ノワール90% セザール10%


   

前のページに戻る このページのTOPへ