ブルゴーニュワイン赤 
コート・ド・ニュイ地区 モレ・サンドニ村

ワインの王様といわれるブルゴーニュワインですが、その多くはフルーティーで繊細なタイプです。
ボーヌ地区赤ワインのピノ・ノワールは特に果実味に富み梅やサクランボに似た香りが特徴です。偉大なものにはしっかりとした体格を感じさせますが決して重いワインではありません。ボジョレ地区の赤ワインはガメイ種が植えられています。とてもフルーティでラズベリージャムのような風味があります。
なお「ドメーヌ」とは、自家醸造農園主のこと。優良な個性的ワインを造るのは、ほとんどがこのドメーヌ・ワインです。
中世から続くワイン王国そしてブルゴーニュ公国の歴史を感じさせるブルゴーニュワインです。

 ブルゴーニュワインのおさらい   ブルゴーニュ白ワイン   ブルゴーニュ・ロゼワイン 
 コート・ド・ボーヌ地区 赤ワイン   コート・ド・ニュイ地区 赤ワイン  ボジョレとシャロネーズ 赤ワイン 
ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。



モレ・サンドニ村

モレ・サンドニ  ドメーヌ レシュノー
Morey St.Denis    Domaine Philippe et Vincent Lechenaut

2014年 ¥5,680 発注本数 本 

ブルゴーニュで今もっとも注目されている生産者が、このレシュノーです。特に毎年このモレ・サンドニは評価が高く人気ワインとなっています。
ニュイ・サンジョルジュに本拠を持ち、幅広い村の畑を持つ、フィリップとヴァンサンの兄弟が仲良く最良のワインを造ります。

現在ニュイ・サンジョルジュに拠点を置くレシュノー兄弟ですが、彼らの父親はモレ・サンドニの出身。それ故モレ・サンドニの畑は古くから所有するもの。テロワールも熟知しています。
村名格ながら、確実に1級に匹敵する品質の高さを持つ、素晴らしい完成度を持つワインです。

とてもバランスが良く、飲みやすく果実の完熟度が高い親しみやすい味わいは、ブルゴーニュを飲み始めの方にも、もちろんワイン通の方にもオススメしやすい逸品。

ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ  デュジャック Fils & Pere
Morey St.Denis

2014年  \6,180(消費税別) 発注本数 本 

2012年  \6,680(消費税別) 発注本数 本 

モレ・サンドニの盟主であるデュジャック。 デュジャック・フィスは、2000年に初リリ−スされた契約栽培農家3家からのぶどうを使って、デュジャック当主ジャック・セイスと長男ジェレミーによって積極的に運営されいる、特別なネゴシアン・ワイン。 自社畑(ドメーヌ)ものと同様の造りである全梗発酵(除梗しない)による素晴らしいワイン。「デュジャック香」と呼ばれる魅力ある香が感じられます。

2003年まではドメーヌものとの差が歴然としていましたが、2004年以降格段の進化を遂げ、自社畑にも迫りながら気軽に楽しめる素晴らしいワインとなっています。2012年は秀逸ビンテージ。

 

ジャック・セイス氏(右)と嫁のジェレミー夫人

・・・ところで通常、ブルゴーニュの社名は「ペール・エ・フィス(Pere et Fils = 父と息子)」ですが、「フィス・エ・ペール」としているのは、最初の3年間は父ジャックが主体だが、その後は息子のジェレミーが中心になって運営することになっているため、とのこと。ジェレミーはカリフォルニア・ワインの造り手の娘を妻に迎えて、ますます積極的。今後も大きく飛躍することでしょう。


モレ・サンドニ レ・リュショ   赤   ドメーヌ オリヴィエ・ジュアン
Morey Saint-Denis 1er. Cru Les Ruchots    Domaine Olivier Jouan

2011年 \8,933 (消費税別) 発注本数 本 

偉大なテロワールを感じさせる限定出荷ワイン。レ・リュショはグランクリュ街道を挟んで、クロ・ド・タールとボンヌ・マールに接するモレ最高のプルミエ・クリュ。
0.3haを所有。平均樹齢50年の立派なヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)。新樽比率50%。


生産者オリヴィエ曰く、「レ・リュショは、繊細でフェミナンなワインを生むテロワールです」


生産家は30代の若手で最も注目をされる、オリヴィエ・ジュアン。ドメーヌ継承後直ちに独学でビオロジー栽培を開始し、最短の3年後に厳しいエコセール認証を勝ち取りました。男気を感じさせる若手生産かが優しく、柔らかく仕上げます。


ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ  ドメーヌ ユベール・リニエ
Morey-Saint Denis Hubert Lignier 

2010年 ¥8,280発注本数 本 


昔ながらの伝統的な製法でつくする、クラシックなスタイルのモレ・サンドニ。

濃い色調の、果実味が凝縮されたタイプでありながら、重さよりもエレガントさを感じる調和のとれた、味わい深いワインをつくりあげます。  

 

モレ・サンドニの代表的生産家ユベール・リニエ。  後継者ロマン・リニエの急逝により、父ユベールが現役復帰。長兄ローランと力を合わせたワイン。 ピノ・ノワールをぶどうの状態でリュシー&オーギュスト・リニエから仕入れていますが、約1ヘクタールの畑は全てユベールの所有。


ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ トリロジー ドメーヌ ユベール・リニエ
Morey-Saint Denis Trilogie Hubert Lignier 

2014年 ¥8,380発注本数 本 


 名手ユベール・リニエが村名格で村の心臓部とも言える極上の3区画と45年〜80年という大変優れた古樹を厳選した特別キュヴェ。
昔ながらの伝統的な製法でつくる、クラシックなスタイルのモレ・サンドニ。
 既に香りが良く開いていて、フランボワーズの完熟した果実香と共に上質ななめし革や動物質のニュアンスも感じられます。果実味が凝縮されたタイプでありながら、重さよりもエレガントさを感じる調和のとれた、味わい深いワインをつくりあげます。大変魅力的風味を残す豊かな余韻。

 

モレ・サンドニの代表的生産家ユベール・リニエ。  後継者ロマン・リニエの急逝により、父ユベールが現役復帰。長兄ローランと力を合わせたワイン。


ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ クロ・デ・ゾルム ドメーヌ ユベール・リニエ
Morey-Saint Denis Clos des Ormes Hubert Lignier 

2007年 ¥12,800発注本数 本 


モレ・サンドニを代表する造り手の、ユベール・リニエ。クロ・デ・ゾルムは、特級クロ・ド・ラ・ロッシュに程近い場所にあり、力強いテロワールを感じさせる味わいとなっています。  

 

モレ・サンドニの代表的生産家ユベール・リニエ。  後継者ロマン・リニエの急逝により、父ユベールが現役復帰。長兄ローランと力を合わせたワイン。 除梗は95%程。残りの5%はバランスのとれたタンニンと酸を抽出する為に残す。熟成には350Lの樽を使用。


ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ レ・シャフォ ドメーヌ ユベール・リニエ
Morey-Saint Denis Les Chaffots Hubert Lignier 

2014年 ¥13,800 発注本数 本 


昔ながらの伝統的な製法でつくする、クラシックなスタイルのモレ・サンドニ。

レ・シャフォは、有名な特級クロ・サンドニの上部斜面にある、別格とも言えるとても優れた1級畑。高部にあるだけ、クロ・ド・ラ・ロッシュよりも若干繊細なキャラクタを持つテロワールとなっています。 正当派で、あくまでもエレガントでバランスの良いワインが生み出されます。 

 

モレ・サンドニの代表的生産家ユベール・リニエ。  後継者ロマン・リニエの急逝により、父ユベールが現役復帰。長兄ローランと力を合わせたワイン。 ピノ・ノワールをぶどうの状態でリュシー&オーギュスト・リニエから仕入れていますが、約0.6ヘクタールの畑は大部分ユベールの所有。


ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ   ドメーヌ デュジャック
Morey St.Denis    Domaine Dujac

2014年  ¥8,180 (消費税別) 発注本数 本 

ブルゴーニュ本流の味わいをじっくりと味わえるモレ・サンドニ。

果梗まで一緒に発酵する全房発酵を今日も地道に実践する数少ない生産家。コアなマニアの間で高い評価があり、カルト・ドメーヌであるデュジャックの貴重な自社畑村名ワイン。

決して色の濃いワインではありませんが、的確な選別と低温浸漬、適度な樽を使った緻密な構成、繊細かつしっかりとした味わいは、ワインを知り尽くしたセイス氏ならではの賜物でしょう。

デュジャックの特徴は、現在では少数派となる果梗を使って醸しをする造り。よほどキッチリと果実が熟成していないと青臭いエグミが出てしまいますが、デュジャックにかかるとしっかりとした中に繊細で微妙な風味を与えてくれます。

オーナーのジャック・セイス氏は醸造学者の資格を持ち真摯な態度でワイン造りをします。クローンを選別し、低温で長期発酵させてを15ヶ月間樽で熟成させ、フィルターをかけずに瓶詰めされます。


  ピノ・ノワール100%


クロ・サンドニ  ドメーヌ  デュジャック
Clos St.Denis   Domaine Dujac

2014年  ¥31,800(消費税別) 発注本数 本 

2013年  ¥32,800(消費税別) 発注本数 本 


ブルゴーニュ愛好家の中で、絶大な支持を持つデュジャックの看板ワイン。決して派手さのあるワインではないのですが、深遠な深みのある、そして感性を刺激し、訴えかけてくる微妙な複雑さ、というのがデュジャックの素晴らしさではないでしょうか?
力強さの中に、冷涼な繊細さが感じられる、感性に訴えかけてくるグラン・クリュが、この『クロ・サンドニ』この畑を所有する生産家は大変少なく、その意味でも貴重な逸品です。
ずいぶんと昔の話になりますが、私内池が学生時代に、自由が丘にあった小さなフランス料理屋でアルバイトをしたことがありました。そんなある時、初めてこのデュジャックのクロ・サンドニを試飲する機会に恵まれ、「何か、今までに味わったことない、上品で不思議な風味」と印象を与えた、いわばワインとの最初の出逢いになりました。(ビンテージは忘れましたが・・・)。

オーナーのジャック・セイス氏は醸造学者の資格を持ち真摯な態度でワイン造りをします。クローンを選別し、低温で長期発酵させてを15ヶ月間樽で熟成させ、フィルターをかけずに瓶詰めされます。
決して色の濃いワインではありませんが、樽を使って密度の濃い、繊細かつしっかりとした構成を持つ味わいは、ワインを知り尽くしたセイス氏ならではの賜物でしょう。
デュジャックの特徴は、現在では少数派となる果梗を使って醸しをする造り。よほどキッチリと果実が熟成していないと青臭いエグミが出てしまいますが、デュジャックにかかるとしっかりとした中に繊細で微妙な風味を与えてくれます。

クロ・ド・ラ・ロッシュ ドメーヌ  デュジャック 特級
Clos de la Roche Domaine Dujac

2014年 ¥31,800(消費税別) 発注本数 本 

デュジャックの誇るグラン・クリュ2枚看板のもう一枚といえば、このクロ・ド・ラ・ロッシュの登場となります。

クロ・サン・ドニに比べてジュブレイ・シャンベルタンに近く、デュジャックの中では一番骨太で力強さを感じる堂々たるグラン・クリュになります。
オーナーのジャック・セイス氏は醸造学者の資格を持ち真摯な態度でワイン造りをします。クローンを選別し、低温で長期発酵させてを15ヶ月間樽で熟成させ、フィルターをかけずに瓶詰めされます。
決して色の濃いワインではありませんが、樽を使って密度の濃い、繊細かつしっかりとした構成を持つ味わいは、ワインを知り尽くしたセイス氏ならではの賜物でしょう。

デュジャックの特徴は、現在では少数派となる果梗を使って醸しをする造り。よほどキッチリと果実が熟成していないと青臭いエグミが出てしまいますが、デュジャックにかかるとしっかりとした中に繊細で微妙な風味を与えてくれます。


クロ・ド・ラ・ロッシュ ドメーヌ  レシュノー 特級
Clos de la Roche Domaine Philippe et Vincent Lechenaut

2008年 ¥26,800(消費税別) 発注本数 本 

最高のクロ・ド・ラ・ロッシュの1本として、常に絶賛されながらも、僅か2樽しか生産されないために、最も入手が困難とされる、レシュノーのクロ・ド・ラ・ロッシュ。

しばしばパーフェクト・ワインとして、賞賛されています。

その力強さ、純粋さ、エレガントさをぜひご堪能ください。
ブルゴーニュで今もっとも注目されている生産者が、このレシュノーです。ニュイ・サンジョルジュに本拠を持ち、幅広い村の畑を持つ、フィリップとヴァンサンの兄弟が仲良く最良のワインを造ります。



モレ・サンドニ クロ・ド・ラ・ビュシエール ドメーヌ ジョルジュ・ルミエ
Morey St.Denis Clos de la Bussiere

2012年750ml  \18,800(消費税別) 発注本数 本 (お一人様1回2本まで)

ブルゴーニュで一番「旬な造り手」である、ルミエ。造り出すワインの味わいは、大変にクリーンかつ繊細でとても上品な果実感に富む、完成度の大変に高いもの。全ての専門家から高く評価されていて、この人の悪い評価をきいたことがありません。人間的にも素朴で熱心な生産者。
彼の本拠地はシャンボールですが、お隣のモレ・サンドニ村に単独所有する、1級畑「クロ・ド・ラ・ビュシエール」も見事な味わいを実現。クロ・ド・タールの斜面をおりた場所でシャンボールに隣接した区画ながら、シャンボールとは違うキャラクターを持っています。
繊細なルミエの中では、重めの凝縮感と動物的な要素を持ち、力強さを感じる味わいが特徴です。

ブルゴーニュを代表する若手造り手の中でも実力No1とされるジョルジュ・ルミエ息子のクリストフ・ルミエ。ヴィニョロン(ワイン栽培農家)そのものである彼の姿を見るとワインがぶどう畑の努力の結晶であることがよくわかります。


ピノ・ノワール100%


クロ・サンドニ ドメーヌ デシェゾー(ポンソ)
Clos de la Roche Grand Cru 

2012年  ¥38,800(消費税別) 発注本数 本 


「幻の中の幻」として、注目すべきデシェゾーのクロ・サンドニ。  

 

この特別な区画は、サン・ドニ教会が1203年に創立した時に譲り受けたものとされていますが、畑の起源は何とローマ帝国時代に遡る、という説もあります。

 

実はこの畑はデシェゾーが所有し、モレの名門ポンソに貸与され、ポンソが管理、醸造のすべてを行い、半分がドメーヌ・ポンソのラベルとして、半分がこのデシェゾー・ラベルでリリースされています。

 

化学的な物質をすべて排除した自然醸造、新樽を排除して土壌と果実の持つポテンシャルを最大限に発揮させる徹底的な低収量から、密度の高い究極のワインが生まれます。

ポンソのクロ・サンドニといえば、1905年に植樹された樹齢100年に間もなく達するブルゴーニュの中でも最も入手困難な逸品。僅かに0.5ha。これは、同じ内容ながら、ポンソ・ラベルよりずっとリーゾナブルに入手できます。 2012年は偉大な秀逸ビンテージ。


ピノ・ノワール100%


クロ・ド・ラ・ロッシュ  古樹厳選 ドメーヌ ポンソ
Clos de la Roche Cuvée Vieilles Vignes    Grand Cru
2012年  \63,800(消費税別) 発注本数 本 

 モレ・サンドニ村の特級畑。ロッシュとはフランス語で石の意味で、至る所に石がある水はけの良い土壌です。ポンソのクロ・ドラ・ロッシュはその中でも最高峰の逸品で入手困難です。

彼特有の「新樽を使用しない」醸造により土壌とブドウの力を最大限に導き出した傑作です。

 力強さと繊細さ、偉大なバランスが生みだす傑作が毎年極僅かだけ生産されます。
近年のポンソに対する世界的な評価は、モレの中でも格別な存在となって確立されています。

アメリカでニセモノ騒動がありましたが、その騒動がポンソのワインを更に有名にするきっかけにもなりました。


ピノ・ノワール100%


クロ・ド・タール
Clos de Tart Grand Cru 

2011年  ¥44,800(消費税別) 発注本数 本 


シトー修道会のタール修道女院が1141年から所有して以来、900年間常に単独所有されてきた、モレ・サンドニの最も偉大なグラン・クリュ。

 

おそらくクロ・ド・ベーズと同時代というので600年代からベネディクト派により開墾されたと言われています。 平均樹齢60年、一部は100年を超えるという古い樹齢を誇ります。 クロ・ド・タールの卓越した凝縮感と複雑な存在感は、偉大なグランクリュだけがもつ、素晴らしい風味となって開花します。時として白トリュフのニュアンスも。非常に厳格なキャラクターは、テロワールからか、生産者の意志によるものか・・・。

 

果梗の質や成熟度に応じて、除梗の範囲を決めています。熟成はピエスと呼ばれる228Lのオークの新樽で16カ月半。

 


ピノ・ノワール100%


シャンボールミュジニー村  フィクサンとジブレ・シャンベルタン村  ヴジョ村

ヴォーヌ・ロマネ村   ニュイ・サンジョルジュ村

コート・ド・ボーヌ地区赤ワインはここをクリック

コート・シャロネーズ地区とボジョレー地区はこちら


前のページに戻る このページのTOPへ