ブルゴーニュワイン赤 
コート・シャロネーズ地区とボジョレー地区

ワインの王様といわれるブルゴーニュワインですが、その多くはフルーティーで繊細なタイプです。
ボーヌ地区赤ワインのピノ・ノワールは特に果実味に富み梅やサクランボに似た香りが特徴です。偉大なものにはしっかりとした体格を感じさせますが決して重いワインではありません。ボジョレ地区の赤ワインはガメイ種が植えられています。とてもフルーティでラズベリージャムのような風味があります。
なお「ドメーヌ」とは、自家醸造農園主のこと。優良な個性的ワインを造るのは、ほとんどがこのドメーヌ・ワインです。
中世から続くワイン王国そしてブルゴーニュ公国の歴史を感じさせるブルゴーニュワインです。

 ブルゴーニュワインのおさらい   ブルゴーニュ白ワイン   ブルゴーニュ・ロゼワイン   コート・ド・ボーヌ地区 赤ワイン   コート・ド・ニュイ地区 赤ワイン  シャロネーズ 赤ワイン   ボジョレ 赤ワイン 
ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。



ブルゴーニュ コート・ シャロネーズ地区 
 

リュリー アン・ゲンヌ   ヴァンサン・デュルイユ・ジャンティアル 
Rully En Guesnes Domaine Vincent Dureuil Janthial

2014年  ¥4,780 (消費税別) 発注本数 本 

ブルゴーニュで最もコストパフォーマンスの高いシャロネーズ地区。


中でもヴァンサン・デュリュイル・ジャンティアルはシャロネーズ最高の生産者として高い評価を得ています。
 アン・ゲンヌは村名格ながらリュリー最高のプルミエ・クリュであるメ・カドに隣接する素晴らしいテロワール。40歳以上の古樹。


 8日間の低温浸漬の後に発酵させ、18ヶ月間の長期樽熟成をかけて丹念に仕上げます。
 月のサイクルに合わせて醸造熟成。


ピノ・ノワール100%

 
メルキュレイ フランボワジエール   ドメーヌ・フェヴレイ
Mercurey La Framboisiere Domaine Faivelay   

2015年   ¥3,280(消費税別) 発注本数 本 

2013年   ¥3,380(消費税別) 発注本数 本 

フェヴレイの看板ワイン。単独で所有しているメルキュレイ北部の素晴らしい東向き斜面立地にある村名格単一畑。

まさにメルキュレイらしい、チャーミングな果実感が信条のフランボワジエール。

 

標高が高い場所に広がる畑。 濃いルビー色。その区画名のようなフランボワーズ、そしてプラムのようなフルーツがいっぱいに詰まって、とてもフルーティー。繊細な果実感と円やかさの調和によって心地よさが残ります。

最高にコストパフォーマンスの良いブルゴーニュ です。
ブルゴーニュ地方を代表する良心的造り手のフェヴレイはフランスを始めとする高級レストランのリストに必ず登場します。



ピノ・ノワール100%

 
メルキュレイ クロ・デ・ミグラン   ドメーヌ・フェヴレイ
Mercurey Clos des Myglands Domaine Faivelay 1er. Cru  

2013年 750ml  ¥3,880(消費税別) 発注本数 本 

フェヴレイといえば、ブルゴーニュの大手に入る生産者ですが、その多くは自社畑で大変丁寧な造りをしています。実はシャロネーズに大変良い畑を持って いるのが自慢です。

そんなフェヴレイ社の看板ワインがこのクロ・デ・ミグラン。単独で所有しているメルキュレイの最も素晴らしい立地にある1級畑。最高にコストパフォーマンスの良いブルゴーニュです。
濃いルビー色。プラムのようなフルーツがいっぱいに詰まって、とてもフルーティー。ややタンニンがありますが、柔らかいのでむしろ心地よさが残ります。

ブルゴーニュ地方を代表する良心的造り手のフェヴレイはフランスを始めとする高級レストランのリストに必ず登場します。


ピノ・ノワール100%

酸味          
ボリューム          
渋味          
 

ブルゴーニュ フォーチュン  コート・シャロネーズ  ドメーヌ A et P ヴィレーヌ 
Bourgogne Cote Chalonnaise "La Fortune"

2013年  ¥4,180 (消費税別) 発注本数 本 

知る人ぞしるロマネコンティのオーナー、ヴィレーヌ氏が個人的に経営するワイナリー。場所は、コート・シャロネーズのブーズロン村にあります。大変に高いクォリティーを持ちながらも、価格は良心的。

ヴィレーヌ夫妻の所有する畑は、大変に石灰質の深い土壌。この恵まれたテロワールにロマネコンティで培われた同じ畑仕事を20haに11人ものスタッフを雇って行っているそうです。

 深いルビー色、完熟した果実の香りとバランスの良いボディー 、そしてしっかりとした旨みが、造りの素晴らしさを約束しています。 このフォーチュンは、2004年から日本に初りリースされました。

1986年以降は有機栽培に転換。選果後除梗せずに、開放型木製発酵槽で天然酵母のみで発酵、フードルとバリックで熟成させています。
(一部資料を、パリ在住の堀晶代さんから参考させていただきました)
ピノ・ノワール100%

 

ブルゴーニュ ディゴワンヌ  コート・シャロネーズ  ドメーヌ A et P ヴィレーヌ 
Bourgogne Cote Chalonnaise  "La Digoinne"

2009年  ¥4,780 (消費税別) 発注本数 本 

知る人ぞしるロマネコンティのオーナー、ヴィレーヌ氏が個人的に経営するワイナリー。場所は、コート・シャロネーズのブーズロン村にあります。元来は一族の私的な消費用に造ってい たそうです。

ヴィレーヌ夫妻の所有する畑は、大変に石灰質の深い土壌。この恵まれたテロワールにロマネコンティで培われた同じ畑仕事を20haに11人ものスタッフを雇って行っているそうです。

 深いルビー色、完熟した果実の持つジャムのような香りとコクのあるボディー 、そしてしっかりとした旨みが、造りの素晴らしさを約束しています。

 ちなみに、「ディゴワンヌ」とは、「美食家のワイン」という意味だそうです。

1986年以降は有機栽培に転換。選果後除梗せずに、開放型木製発酵槽で天然酵母のみで発酵、フードルとバリックで熟成させています。
(一部資料を、パリ在住の堀晶代さんから参考させていただきました)
ピノ・ノワール100%

 

メルキュレイ レ・モント ドメーヌ ド・ヴィレーヌ

2014年  ¥4,980(消費税別) 発注本数 本 

知る人ぞしるロマネコンティのオーナー、ヴィレーヌ氏が個人的に経営するワイナリー。場所は、コート・シャロネーズのブーズロン村にあります。元来は一族の私的な消費用に造っていました。

 深いルビー色、完熟した果実の持つジャムのような香りとコクのあるボディーがしっかりとした造りを約束しています。 やはりタダモノではありません?

1986年以降は有機栽培に転換。選果後除梗せずに、開放型木製発酵槽で天然酵母のみで発酵、フードルとバリックで熟成させています。


(一部資料を、パリ在住の堀晶代さんから参考させていただきました)

ピノ・ノワール100%

 
ジヴリ クロ・ド・ラ・セルヴォワジーヌ ドメーヌ・ジョブロ
 Givry 1er Cru Clos de la Servoisine Domaine Joblot   
2012年  ¥4,180(消費税別) 発注本数 本 

シャロネーズ最高の生産家として高く評価されるジョブロの代表的プルミエ・クリュ。斜面中腹標高280m程に位置する魅力的な畑。 上品な深みと柔らかい風味がとても素晴らしい傑作。ピノ・ノワールの完熟感と、リッチで柔らかく新鮮なサクランボ風味一杯。格調の高さは上質のジュブレ・シャンベルタンにも匹敵します。

 ジョブロの哲学は、収穫の判断を糖度ではなく、適切な酸度によって決定する、ということです。そして、実際に収穫においても多くの場合3割以上が不適合として選別されてしまいます。そのような細心の摘果によって、最上の状態に仕上がった果実のみで醸造されるワインの品質が素晴らしいものになるのです。 新樽が高い比率で使用されていますが、果実に力があるために、とても上品に仕上がっています。

ちなみにラベルの右下に「アンリ4世が好んだ」と記されているのは、アンリ4世と美人で有名だった愛人ガブリエル・デストレがブルゴーニュ滞在をしたときにジヴリを飲んで大変満足した、という逸話によるもの。


ピノ・ノワール100%

 
ジヴリ クロ・デュ・セリエ・モワンヌ ドメーヌ・ジョブロ
 Givry 1er Cru Clos du Cellier aux Moines Domaine Joblot   
2010年 ¥3,980(消費税別) 発注本数 本 

ピノ・ノワールの完熟感と、リッチで柔らかく新鮮なサクランボ風味一杯のとても魅力的なコート・シャロネーズ。

ジョブロは、ジヴリ随一の生産家であるだけでなく、シャロネーズ最高の生産家としても高く評価されています。新樽が高い比率で使用されていますが、果実に力があるために、とても上品に仕上がっています。、とても3千円台とは思えない充実度です。

この美しい果実のバランスと、上品な味わいは、この輸入元の試飲会で50種類以上のピノ・ノワールを試飲したときに一番の印象を与えました。このクオリティーは、ニュイやボーヌの銘醸村のワインに脅威を与えるのではないか、と思えるほどです

 ジョブロの哲学は、収穫の判断を糖度ではなく、適切な酸度によって決定する、ということです。そして、実際に収穫においても多くの場合3割以上が不適合として選別されてしまいます。そのような細心の摘果によって、最上の状態に仕上がった果実のみで醸造されるワインの品質が素晴らしいものになるのです。 新樽が高い比率で使用されていますが、果実に力があるために、とても上品に仕上がっています。

ちなみにラベルの左上に「アンリ4世が好んだ」と記されているのは、アンリ4世と美人で有名だった愛人ガブリエル・デストレがブルゴーニュ滞在をしたときにジヴリを飲んで大変満足した、という逸話によるもの。


ピノ・ノワール100%

 
ブルゴーニュ ボジョレー地区 
 
ボジョレー Chカンボン マルセル・ラピエール 
Beaujlais "Chateau Cambon"   Domiane Marcel Lapierre

2014年  ¥2,680(消費税別) 発注本数 本 

有機栽培バイオダイナミック農法の権化ともいわれ、高く評価されているのが、マルセル・ラピエール。 大変に完熟した、しっかりとしたガメイの自然な魅力である、サクランボ・ゼリーのようなフルーティーなコクのある美味しい味わい。 彼の自然派としての特徴は以下の通り。

 1・補糖(葡萄の糖度が足りないときに糖分を加えてアルコール度数を上げること)を一切しない。

2・培養酵母ではなく、葡萄の実の皮に付く天然酵母のみで発酵させる。

3・除草剤、化学肥料(ボルドー液さえも)使わない。

4・酸化防止剤を加えない。(自然に発生するSO2 35mg/リットルを含有)

5・濾過処理をせずに瓶詰めする。

「バイオ・ダイナミック」醸造実践ワインとして世界のワイン醸造家から尊敬を集めるカルト的存在がこのマルセル・ラピエール。 惜しまれつつ、2010年に他界しました。亡き父と永く醸造に携わった息子のマチュー・ラピエールが今日も代わらぬ高品質のワインを造り上げています。

ポール・ボギューズやアラン・シャペルなどフランス最高級の三ツ星レストランで唯一選ばれる最高のボジョレ。

 

自然発生するSO2以外は別途酸化防止剤も添加していないのでとてもデリケートです。しかしながら熱心な心棒者たちからは「抜染して1週間経ってもとても美味しい」と評価されています。

ガメイ100%

 
モルゴン  マルセル・ラピエール 
Morgon  Domiane M. Lapierre

2015年  ¥3,780(消費税別) 発注本数 本 

ボージョレの大御所マルセル・ラピエールの看板ワイン、モルゴンです。

2010年10月惜しまれつつ亡くなったマルセルですが、息子のマチューがかなり以前から父の薫陶を受け、実際に父の体調が優れなかった過去3年ほどは彼が中 心になってワイン造りがなされており、その伝統は見事に引き継がれています。 このモルゴンは、ラピエールの代表作。しっかりとしたモルゴンらしい、力強さがモルゴンの特徴。もちろん力強さといっても、ボルドーのそれとは違う、 明るい果実感を貴重とした力強さです。


「ビオ・ディナミ(有機自然農法)」醸造実践ワインとして世界のワイン醸造家から尊敬を集めるカルト的存在がこのマルセル・ラピエール。 常に人気は高いのですが、最近の自然派ブームの流れを受け、自然派の権化ともいえる彼の存在はますます大きくなり、注目度が上がっています。

このモルゴンは、彼の最高傑作。しっかりとしたモルゴンらしい、力強さがモルゴンの特徴。もちろん力強さといっても、ボルドーのそれとは違う、明るい果実感を貴重とした力強さ。

鮮やかな濃いルビー色。サクランボやイチゴなどの美しい果実香。口当たりはとても素直でしっかりとしたストラクチャが豊かなワイン。

メトード・アンシエンヌ(古来醸造法)という、要は完全な有機自然栽培と、自然酵母のみによる無添加製法で造り上げます。

自然発生するSO2以外は別途酸化防止剤も添加していません。しかしながら熱心な信奉者たちからは「抜栓して1週間経ってもとても美味しい」と評価されています。

ガメイ100%

 
フルーリー レ・モリエール赤   ドメーヌ シニャール Fleurie

2012年  ¥2,980(消費税別) 発注本数 本 

ボジョレー地区で小規模ながらトップクラスの銘醸家 。
安易な大量生産のワインと違う、しっかりとした果実味を感じる素晴らしい伝統的なボジョレーを造り出します。

ボジョレーで最も人気の高い格付け村は、なんといってもこのフルーリー。「花のような」という意味です。

繊細な土壌から生まれるワインは、ふわっと柔らかく、羽毛ぶとんに包まれているようなタッチとまさしく花のような可憐な香りを持ちます。その上で、ボジョレー地区独特の太陽を感じさせる完熟味溢れる味わいが魅力的。

シニャールのフルーリーは、少ない生産量ながら、村一番の優れた品質とプロの間で知れ渡っており、大部分を三つ星レストランによって買われてしまいます。

ボジョレー・ヌーボーで入門し、ワインを極めた人が求めるものが、最上のボジョレーといわれていますが、そんな方にぜひオススメしたい、最上のボジョレーです。
大げさなものかどうかはともかくとして、「旨いな〜」としみじみ感じさせる味わいでした。
ガメイ100%

 
ブルゴーニュ地方・地域名赤ワインとコート・ド・ニュイ地区赤ワインはここをクリック

前のページに戻る このページのTOPへ