コート・デュ・ローヌ 北部 赤ワイン

フランス中央部ローヌ河渓谷沿いの厳しい山の斜面に段々畑のように植えられた北部と南フランスの太陽を充分に浴びた南部に分かれます。スパイシーさが信条の最近流行のワインです。

北部は断崖絶壁の渓谷に段々畑が連なります。シラーの単独醸造が主体で、極少量白ブドウをブレンドすることもあります。

 ローヌ赤ワイン ローヌACと南部ローヌ  ローヌ白ワイン   ローヌロゼワイン  ローヌ甘口ワイン 
ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。



北部ローヌ地方

ローヌ河に面した、渓谷沿いの断崖絶壁に段々畑状に植えられたシラー種のぶどうから、スパイシーで貴重なワインが生まれます。


シラー フラン・ド・ピエ    赤 ドメーヌ アンドレ・ペレ
 Syrah Franc de Pied Domaine André Pérret

2014年  ¥2,180(消費税別) 発注本数 本 

コンドリューの巨匠アンドレ・ペレが北部ローヌのヴァン・ド・ペイ区画から造る大変に興味深いシラー。  継ぎ樹しないブドウ樹は、土壌のエッセンスをダイレクトに果実に集中させ、独特なワインの風味を生みだします。

 

 大変華やかでスパイシーな香りが魅力的。ドライで滑らかなタッチに、若干厚みが感じられますが、濃いワインではなく、繊細さも併せ持ちます。フィニッシュには清冽な酸が感じられますが、これが北部ローヌの冷涼な気候によるシラーの個性なのでしょう。旨みがあり、とても良くできています。


ヴァランスからヴィエンヌにかけてのローヌ河岸の沖積土に広がる畑を所有。 ドメーヌ・アンドレ・ペレは、ヴィエンヌの南15kmのシャヴァネィ村ヴェルリュー地区に拠点を構えています。 ペレ家は代々アプリコットのなどの果樹栽培も手がける複合農業を営んでいたが、1982年にアンドレ氏がドメーヌに戻るとドメーヌの規模・ワイン生産の割合とも大きくしました。アンドレ氏が家を継いだ当時1.5haに過ぎなかった所有地は、土地の購入と所有地のブドウの植栽により今では11haにまで拡大されました。

シラー種 100%

■コート・ロティ


コート・ロティ (キュヴェ・アンポディウム)  赤 ドメーヌ ルネ・ロスタン
 COTE-ROTIE Cuvee Ampodium Domaine Rene Rostang

2011年  ¥9,180(消費税別)発注本数 本 

「焼かれた丘の斜面」という意味のコート・ロティ。


ルネ・ロスタンはこの地で名声がとても高いのですが、生産量が少なく見つけるのが困難な生産家。
この「キュヴェ・アンポディウム」は、コート・ロティの13の畑から獲れるブドウをアッサンブラージュしてあり、彼のスタンダード・キュヴェともいえるもの。

 

ロスタンでは、新しい技術と伝統的な良さを兼ね備えたしっかりとしたスタイルのコート・ロティを造り上げます。 水平式のロータリー・ファーメンターにて醸しと発酵を行い24ヶ月の樽熟成。樽は228Lのバリックと600Lのデュミ・ミュイを併用し、年々新樽の使用を控えており、基本的にノン・フィルターにて瓶詰めを行います。 コクがあり艶のある口当たりがスパイシーな風味と共に、しっかりと伸びていきます。

シラー種 100%


シャトー ダンピュイ   ドメーヌ E・ギガル
 Chateau d'Ampuis COTE-ROTIE
2011年 \16,800(消費税別) 発注本数 本 

ギガルが誇るコートロティ単一畑のブレンド。40゜近い急斜面の畑は全て南東を向きで、太陽の恩恵を最大限に受けるために「コート・ロティ(焼けた斜面)」と呼ばれています。

ブリュンヌ(茶色=粘土質土壌)3区画とブロンド(金色=石灰質土壌)3区画をブレンドし、造りました。

樽熟成は新樽で36ヶ月に及び深く濃いスパイシーな独特の味わいの中に高貴な繊細さも併せ持つ逸品。

40゜近い急斜面の畑は全て南東を向きで、太陽の恩恵を最大限に受けるために「コート・ロティ(焼けた斜面)」と呼ばれています。ただしそこにプロヴァンスからのミストラルの風が通り抜けるために、冷涼さも持ち合わせています。
「ギガルを知らずして、コート・ロティは語れない」といわれる本家ですが、この自社畑は生産量も限定された特別品。仕上がりの精密さは、シャトー・ダンピュイならでは。僅かにヴィオニエが5%ブレンドされて、マイルドに仕上げているのも特徴です。

シラー種 95% ヴィオニエ5%


ムーリンヌ ラ・ムーリンヌ コート・ロティ E・ギガル
La Moulinne Chateau d'Ampuis COTE-ROTIE

2012年  \45,800 (消費税別) 発注本数 本 

2010年 \45,800(消費税別) 発注本数 本 

ムーリンヌギガルが誇る最高峰コートロティの自社畑三姉妹の中でも、いちばん最初にリリースされたのがこのムーリンヌ。

 1966年から発売され単一畑の ワインの先駆けとなり、それまでのコートロティとは異次元の物を造り上げました。このワインは最上のコートロティが生まれる2つの斜面の一方であるコート・ブロンドの区画から生まれ、以前はドメーヌ・デルヴェーが所有していた畑。砂とスレートで石灰質に富み、シリカの混じった土壌から、繊細で滑らかさが感じられる気品高い味わいが生まれます。
広さは1ha、栽培されているのはシラー種の89%、ヴィオニエ11%の割合で平均樹齢は75年。年間生産量は僅かに5000本。
  エレガントな土壌とヴィオニエが絶妙なニュアンスを与えています。実に42カ月もの間、樽に寝かされたのちに瓶詰めされます。

40゜近い急斜面の畑は全て南東を向きで、太陽の恩恵を最大限に受けるために「コート・ロティ(焼けた斜面)」と呼ばれています。ただしそこにプロヴァンスからのミストラルの風が通り抜けるために、冷涼さも持ち合わせています。
「ギガルを知らずして、コート・ロティは語れない」といわれる本家ですが、この自社畑は生産も限定された特別品。仕上がりの精密さは、シャトー・ダンピュイならでは。

 

シラー89% ヴィオニエ11%


テュルク ラ・テュルク コート・ロティ E・ギガル
La Turque Chateau d'Ampuis COTE-ROTIE

2012年\45,800 (消費税別) 発注本数 本 

2011年\45,800 (消費税別) 発注本数 本 

テュルクギガルが誇る最高峰コートロティの自社畑三姉妹の中でも、最も高い評価を誇るのがこのテュルク。
稀少なテュルクの味わいを充分に堪能できる素晴らしいビンテージ。2010年は100点満点をはじき出した伝説に残るビンテージ。

テュルクは、1986年にギガルがヴィダル・フルーリィを買収した時に入手した、コート・ブリュンヌの単一畑。ヴィダル・フルーリィは1980年にこの畑を買い、82年に更地から植栽しました。1ヘクタールの面積があり、ヴィオニエが5%含まれていて、このヴィオニエが絶妙なニュアンスを与えています。実に42カ月もの間、樽に寝かされたのちに瓶詰めされます。

ローヌ最北の40゜近い急斜面の畑は全て南東を向きで、太陽の恩恵を最大限に受けるために「コート・ロティ(焼けた斜面)」と呼ばれています。ただしそこにプロヴァンスからのミストラルの風が通り抜けるために、冷涼さも持ち合わせています。
「ギガルを知らずして、コート・ロティは語れない」といわれる本家ですが、この自社畑は生産も限定された特別品。仕上がりの精密さは、シャトー・ダンピュイならでは。

 

シラー種 95% ヴィオニエ5%


ラ・ランドンヌ コート・ロティ E・ギガル
 La Landonne COTE-ROTIE

2007年 \36,000(消費税別) 発注本数 本 

ギガルが誇る最高峰コートロティの自社畑三姉妹。コートロティのとても稀少な自社単一畑。

ラ・ランドンヌは、コート・ブリュヌに面する2haの畑から、シラー100%で造られます。最も凝縮度が高くスパイシーで力強さを持つキャラクターが特徴的。樽熟成は40ヵ月にも及ぶ特醸品。その力強さのために、もっとも長期熟成型のコート・ロティとして愛好者の注目を集めています。

40゜近い急斜面の畑は全て南東を向きで、太陽の恩恵を最大限に受けるために「コート・ロティ(焼けた斜面)」と呼ばれています。
ただしそこにプロヴァンスからのミストラルの風が通り抜けるために、冷涼さも持ち合わせています。

「ギガルを知らずして、コート・ロティは語れない」といわれる本家ですが、この自社畑は生産も限定された特別品。仕上がりの精密さは、シャトー・ダンピュイならでは。

シラー種 100%


■エルミタージュ

  

ローヌで最も気品高く、力強さをもつ魅力的なテロワールがエルミタージュ。
エルミタージュの小高い丘の斜面に沿って、花崗岩土壌段々畑のシラーから魅力的なワインが誕生します。


エルミタージュ " ラ・ファルコネ" 赤  ジャン・ルイ・シャーヴ セレクション  
Hermitage "Farconnet" Jean Louis Chave Selection

2012年 ¥7,380(消費税別) 発注本数 本 

エルミタージュの巨匠ジャン・ルイ・シャーヴがより身近に楽しめるよう、近隣の栽培者から購入したシラーで造り上げたエルミタージュ。

 実はドメーヌの畑から出来る貴重なシラーもブレンドされ、徐々にその比率も高くなってきている大変なお値打ちもの。

リリースされてすぐに楽しめる、早飲みで日常的に使えるようなワイン造りを心掛けています。  樹齢は古いもので60年ほど。

粘土質、石灰質、砂質などテロワールの違う3区画の葡萄を使用。

エルミタージュの丘に広がる急峻な段々畑は、十分な日射とローヌ川下流から吹き付けるミストラルの風の影響を受けて理想的な成熟をシラーに与えます。


シラー種 100%


エルミタージュ ビオマーク

エルミタージュ "ラ・シャペル"

AOC Hermitage ドメーヌ ポール・ジャブレ

 1998年 ¥15,800 

発注本数


エルミタージュ 赤  ジャブレは1834年に設立され、家族経営を続けてきた北部ローヌの名門。1961年のエルミタージュ・ラ・シャペルが米ワイン・スペクテイター誌の選ぶ「20世紀の神話的ワイン12本」に選ばれるなど、エルミタージュの名声を世界に広めてきました。
そんな3大エルミタージュの一つがこの『ラ・シャペル』シラー100%で収集な斜面の最高のブドウのみで造られます。
17年の熟成を経て、まさに今最高の飲み頃として花開いています。


シラー種 100%


エルミタージュ  ドメーヌ ジャン・ルイ・シャーヴ
Hermitage Domaine Jean-Louis Chave  

2012年 \26,800(消費税別) 発注本数 本 

 ローヌの中心部エルミタージュで孤高の地位をもち、熱狂的に支持されるジャン・ルイ・シャーヴ。 ローヌの中心部エルミタージュで孤高の地位をもち、熱狂的に支持されるジャン・ルイ・シャーヴ。
第一印象として圧倒的なパワーを感じるワインではありません。

そこに存在するのは完璧な調和と上品で深遠な味わいではないでしょうか? 複雑で奥深いキルシュを基調にした果実の香気と絹ごしの柔らかな口当たりが永く続きます。
  2003年がパーフェクトワインと騒がれましたが、2005年、2012年も勝るとも劣らない最高の天候に恵まれたグレート・ビンテージ。20年以上の熟成が必要ともいわれています。
名声を確立した父のジェラールと共に1992年から働くジャン・ルイは1968年生まれの39歳。米コネティカット大でMBAを取得し、UCLAデイヴィス校で醸造学を修めました。
容貌にも、若き哲学者のオーラが感じられます。

シラー100%


エルミタージュ エクス・ヴォト ドメーヌ ギガル
Hermitage EX-VOTO Domaine Guigal

2007年 \36,000(消費税別) 発注本数 本 

2006年 \31,238(消費税別) 発注本数 本 

ローヌの至宝、ドメーヌ・ギガルの最高級品、シャトー・ダンピュイが造る贅を尽くしたエルミタージュ。 ラテン語で『奉納品』の意味。

シャプティエ、シャーヴを意識した、最高品質を追求した超限定品は、コート・ロティーと双璧をなすギガル最高ワインの評価を揺るぎないものとしています。機械のはいる余地のない急斜面の段々畑から最高のシラーを厳選してキッチリと仕上げます。

樹齢40年から90年に達する、ベサール、グレフュー、エルミト、ミュレ、各区画からのシラー種100%を使用。

Wine Advocate#182(2009-04-29)RP93〜95pt 飲み頃: now-2039

シラー100%


エルミタージュ ドメーヌ アラン・グライヨ
Hermitage Domaine Alain Graillot
2014年 ¥11,800(消費税別) 発注本数 本 

クローズの盟主アラン・グライヨがひとかけらの畑から造る、大変貴重なエルミタージュ。
 花崗岩の急斜面に位置する偉大なテロワールがエルミタージュ。大変に力強いシラーの味わいが生まれます。グライヨでは更に徹底した低収量により、凝縮感のある、スパイシーでしっかりとしたシラーの味わいが存分に楽しめます。

 

1985年、クローズ・エルミタージュの畑をアラン・グライヨ氏が脱サラをして20ha購入した時以来、この造り手の伝説は始まりました。

 

シラー100%  ブルゴーニュ産の樫樽で熟成されます。


■クローズ・エルミタージュ


クローズ・エルミタージュ グラン・クラシック カーヴ・ド・タン
Crozes-Hermitage Cave de Tain
2015年 ¥2,480(消費税別) 発注本数 本 

 ローヌ北部の花崗岩丘陵地で育つシラーから造られる、しっかりとスパイシーで上品な味わいが、気軽に楽しめます。クローズ・エルミタージュ全生産量の半分近くがここで生産されます。


その名も『偉大なクラシック』最も標準的なあるべき姿を忠実に表現した、誰からも親しみの持てるクローズ・エルミタージュに仕上がっています。


生産者カーヴ・ド・タンはローヌ北部のみならず、フランス最良の生産者組合と言われている優れた品質を誇ります。


タンクとフレンチオーク樽にて熟成。

 

 

シラー100% 



クローズ・エルミタージュ ドメーヌ エマニュエル・ダルノー
Crozes-Hermitage Domaine Emmanuel Darnaud
2014年 ¥3,480(消費税別) 発注本数 本 

 クローズ・エルミタージュで期待の若手生産者エマニュエル・ダルノー。現地フランスやイギリスの専門誌の表紙を数多く賑わす、大変に優れたワインを造ります。

 

 2001年がファーストビンテージですが、既に南仏の三つ星レストラン「ピック」にもオン・リストされました。畑は、クローズ・エルミタージュ最南端、ローヌ川とイゼール川の合流地点に堆積した土砂が形成した、テラス・デ・シャシスという三角形の台地の上。土壌は、砂や砂利の他に、北ローヌの南部になると出現する石灰石。 凝縮したシラーのスタイルは、むしろエルミタージュに通じる高品質なもの。

 

ブルゴーニュの銘醸造家ユドロ・バイエもダルノーの友人で、「彼は本当に良いものを造るね」と絶賛していました。 

新樽20%、1年樽20%、2年樽20%、3年樽20%、4年樽20%

シラー100%  ブルゴーニュ産の樫樽で熟成されます。



クローズ・エルミタージュ ドメーヌ アラン・グライヨ
Crozes-Hermitage Domaine Alain Graillot
2015年 \3,580(消費税別) 発注本数 本 

 1985年、クローズエルミタージュの畑を20ha購入した時以来、この造り手の伝説は始まりました。

この庶民的な畑から生まれるワインがアメリカの専門誌「ワインスペクテイター誌」で絶賛され、ほとんど入手困難なワインになってしまいました。「クローズ・エルミタージュの救世主」と呼ばれています。

 

完熟したぶどうから驚異的な果実味があります。 この見事な凝縮感は、平坦な畑から単純な味わいが生まれる一般的なクローズ・エルミタージュとは一線を画しています。まさにシラーならではのスパイシーな風味を存分に味わえる、濃く美味しいローヌワイン。

シラー100%  ブルゴーニュ産の樫樽で熟成されます。


クローズ・エルミタージュ ラ・ギロード ドメーヌ アラン・グライヨ
Crozes-Hermitage "La Guiraude" Domaine Alain Graillot
2015年 ¥5,480(消費税別) 発注本数 本 
2013年 ¥5,480(消費税別) 発注本数 本 

クローズ・エルミタージュ最良の生産者アラン・グライヨの特別キュヴェがこの、ラ・ギロード。優良な区画の中でも特に樹齢の古いシラー種を、良い年に限定でラ・ギロードとして出荷します。

  1985年、クローズエルミタージュの畑をアラン・グライヨ氏が脱サラをして20ha購入した時以来、この造り手の伝説は始まりました。
徹底した低収量により、エルミタージュ並みに凝縮感のある、スパイシーでしっかりとしたシラーの味わいが存分に楽しめます。
この庶民的な畑から生まれるワインがアメリカの専門誌「ワインスペクテイター誌」で絶賛され、入手困難なワインの仲間入り。
上質な北部ローヌのシラーです。
水はけの良い丸砂利が多く混ざったローヌの沖積土で、黒ブドウの樹齢を10年〜50年のシラー種を17.3ヘクタール所有。

シラー100%  ブルゴーニュ産の樫樽で熟成されます。

■サン・ジョゼフ


サン・ジョゼフ エスプリ・ド・グラニット  カーヴ・ド・タン
Saint-Joseph Esprit de Granit  Cave de Tain 

2013年 ¥3,880(消費税別) 発注本数 本 


ローヌ北部の花崗岩丘陵地で育つシラーから造られる、しっかりとスパイシーで上品な味わいが、サンジョゼフ。


南向きの特別な急斜面段々畑がこのワインのために選別され、この地特有の花崗岩から生まれる上質な凝縮感がシラーに一層の凝縮感と魅力を生み出します。
生産者カーヴ・ド・タンはローヌ北部のみならず、フランス最良の生産者組合と言われている優れた品質を誇ります。


フレンチオーク樽にて12カ月間熟成(新樽比率50%、400L)
RP91

 

シラー100%

サン・ジョゼフ  ドメーヌ アラン・グライヨ
Saint-Joseph   Domaine Alain Graillot  

2013年 ¥4,280(消費税別) 発注本数 本 


クローズ・エルミタージュ最良の生産者アラン・グライヨが、トゥーノンの北20kmにあるアンダンス村の斜面に少量持つサン・ジョゼフ。
段々畑の斜面で生まれる北部ローヌ典型的なワインにもかかわらず、唯一と行っても良い良心的な価格で楽しめるのがサン・ジョゼフの魅力。

 

ローヌ河の対岸にあるクローズ・エルミタージュに比べて石灰の比率の高いのが特徴で、より上品な仕上がりになっています。

 

シラー100%

サン・ジョゼフ   ドメーヌ ジャン・ルイ・シャーヴ
Saint-Joseph Domaine Jean-Louis Chave 

2013年 \8,280(消費税別) 発注本数 本 

2012年 \8,380(消費税別) 発注本数 本 

長い間待ち焦がれていた素晴らしいワインが入荷しました。
ローヌ北部の丘陵地で育つシラーから造られる、しっかりとスパイシーで上品な味わいが、サンジョゼフ。とても貴重なシャーヴは、ローヌ北部最高の生産者です。

エルミタージュより更に入手困難なのがジャン・ルイ・シャーヴの サン・ジョゼフ。自社畑、ドメーヌものの生産量はエルミタージュの5分の1、年間僅か400ケース程でしかありません。

味わいはエルミタージュよりも太さを感じ、スパイシーで野性的な趣があります。

ラベルに書かれた格言"Vivre est Bibere"とは、すなわち「生きることは、飲むことである!」という意味でしょうか・・・

 

■コルナス


コルナス ヴィラージュ赤   ドメーヌ イヴ・キュイロン
Cornas Le Village Domaine Yves Cuillron

2013年 \5,780(消費税別)  発注本数 本 

 コルナスは、ローヌ地方北部最南端の村。大陸性気候と地中海性気候がこの地でぶつかるような特殊な気候に花崗岩土壌から生まれるシラーが独自の個性を発揮します。
シラー100%で造られるために、重厚なフルーティーさが信条。
 ローヌ渓谷の絶壁段々畑から生まれる特別な凝縮ワインです。。


イヴ・キュイロンは、北部ローヌを代表する生産者。
赤の醸造に関しては、平均20〜30%の梗を残しているのが特徴的。発酵に使うのは自然酵母だけ。
赤ワインの熟成は全て228リットルのフランス産バリックを使う。樽香がつき過ぎることを何よりも嫌い、長期間乾燥させた木目の詰まった樽を選ぶ。
樽熟成18ヶ月

 

素晴らしいコルナスには、力強さが感じられ、高貴なエルミタージュにも通じるローヌ北部の神髄が備わっています。

 

シラー100% 


コルナス レ・ルシェ赤   ドメーヌ ジャンリュック・コロンボ
Cornas Les Ruchets Domaine Jean-Luc Colombo

2011年 \6,980(消費税別)  発注本数 本 

 コルナスは、ローヌ地方北部最南端の村。大陸性気候と地中海性気候がこの地でぶつかるような特殊な気候に花崗岩土壌から生まれるシラーが独自の個性を発揮します。


シラー100%で造られるために、重厚なフルーティーさが信条。 ローヌ渓谷の絶壁段々畑から生まれる特別な凝縮ワインです。


著名な醸造コンサルタントで、地域の生産家たちにワイン造りを指導しているのが、このワインを造るジャンリュック・コロンボ。コロンボ氏の最も気に入っている自信作がこの「ルシェ」。樹齢90年以上の古木から造られて完全な調和とエレガンスを備えた味わい。  レ・ルシェとは、「金食い虫」の意味で年間僅かしか造られず、手が掛かり、その名の通り金食い虫のワインだそうです。

 

素晴らしいコルナスには、力強さが感じられ、高貴なエルミタージュにも通じるローヌ北部の神髄が備わっています。

 

シラー100% 

 


前のページに戻る このページのTOPへ