南西地区(ピレネー・ガスコーニュ周辺とバスク地区)のワイン

フランス・ボルドー地方からスペイン国境に向けた幅広い地域で、とても古い歴史を持つワイン産地です。赤も白も濃厚なコクを持つタイプが特徴的です。


ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。



アラン・ブリュモン Ch.モンテュス & Ch.ブスカセ
 Alain Brumont 
Ch.Montus et Ch. Bouscassé MADIRAN a.o.c

マディランはピレネー山脈の麓に位置し、三銃士のダルタニアンの故郷。この地の醸造家アラン・ブリュモン氏は地元の伝統的なブドウ品種:タナ種(Tannat)に注目。樫の新樽で寝かし、森のアロマとボディを持ちタンニンのバランスがとれ、肉厚でホットなワインを創り出しました。
彼の創り出すワインは3星クラスの著名なシェフたち、Mゲラール、Mトロワグロ、Mブラ、Aデュカスらのメニューに必ずリストされています。

トム・クルーズもこのワインのファンで自家用機で買い付けに来ます!

1991年フィガロ誌にここ10年で最も優秀なブドウ栽培者第一位に選ばれ、さらにフランスにおける偉大なワインとしてCH.マルゴー、CH.ラトゥールを抜いて上位を獲得。それまで正当な評価を得られなかったこの地方ワインをフランスのみならず世界中に広めました。
その功績が認められ1997年にブリュモン氏はレジョン・ドヌール勲章を受章しました。


シリュス
Cyrus  Madiran A.O.C
2011年 ¥1,880(消費税別) 発注本数 本  

偉大なるアラン・ブリュモンのエントリーワイン

 

マディランの巨匠、アラン・ブリュモン話題の新作。 シリュスとは高度の高いところにある雲の名前に由来し、様々な色に変化することから、多様な楽しみ方をできるワインという意味で名付けられています。  完熟したベリー系フルーツの味わいをもち、深みのある色合いで、黒スグリやフランボワーズなど果実の凝縮した香り。

伝統品種タナとカベルネ・ソーヴィニヨンがボリューム感を与え、果実味豊かな仕上がりとなっています。 ボルドーの南にある、大変に男性的なキャラクターを持つマディラン。 このマディランを世界的に有名にした男が、ブスカセとモンテュスを所有する、アラン・ブリュモン氏。 ベーシックなラインでこれだけ本格的なワインが飲めるのは驚異です。

 ステンレスタンク熟成。


タナ 60%、 カベルネ・ソーヴィニヨン 25%、 カベルネ・フラン 15%


シャトー ブスカセ
Ch.Bouscassé  Madiran A.O.C
2010年 ¥2,580(消費税別) 発注本数 本  
本  

 

ブスカセはブリュモン氏の19世紀から所有する歴史あるシャトー。粘土質の土壌が特徴で、モンテュスと全く同じ造りをしますがに柔らかな味わいとなります。

ボトルを開けた時から濃厚な香りが漂ってくる素晴らしい力を持つワイン!

 

色は濃いガーネット色。香りは良く熟した木苺、やや動物的なニュアンスが特徴。熟したベリー系のフルーツの味わいをもち、タンニンは滑らかで、バランス良くまとまったワインです。

 ブドウは手摘みで行われ、完全除梗ののち5週間発酵させます。新樽20%、1年間使用した樽80%で熟成。
タナ種80%、カベルネ・ソーヴィニヨン種20%


シャトー ブスカセ ヴィエイユ・ヴィーニュ 限定品
Ch.Bouscassé Vieilles Vignes  Madiran A.O.C

2009年 ¥5,280 発注本数 本 

ヴィエイユ・ヴィーニュ」とは古樹のこと。何と樹齢60年以上のタナ種のみを使用しています。モンテュス・キュベ・プレステージと同じように手摘みで行われ、完全除梗され、発酵期間は6週間、樽熟成期間は14ヶ月に及びます。

 色は濃いガーネット色。香りはより凝縮して複雑味を増し、良く熟した木苺、深い樽香、動物的なニュアンスが特徴。熟したベリー系のフルーツの味わいをもち、タンニンがよりしっかりとして、芳醇な飲み応えを感じさせます。

トム・クルーズとアラン・ブリュモン夫妻が出会うきっかけとなったメモリアルワインです。

タナ種100%  新樽100%


シャトー ブスカセ ヴィエイユ・ヴィーニュ 限定品
Ch.Bouscassé Vieilles Vignes  Madiran A.O.C

1994年 ¥5,980 発注本数 本 

大変貴重な20年熟成の特別蔵出し品がリリースされました。

20歳のお祝いにもふさわしいワインです。


ヴィエイユ・ヴィーニュ」とは古樹のこと。

何と樹齢60年以上のタナ種のみを使用しています。モンテュス・キュベ・プレステージと同じように手摘みで行われ、完全除梗され、発酵期間は6週間、樽熟成期間は14ヶ月に及びます。

 

 色は濃いガーネット色熟成によりエッジはレンガ色になってきています。香りはより凝縮して複雑味を増し、良く熟した木苺、深い樽香、動物的なニュアンスが特徴。タンニンはまろやかに仕上がり、熟したベリー系のフルーツの味わいをもち、芳醇な飲み応えを感じさせます。

トム・クルーズとアラン・ブリュモン夫妻が出会うきっかけとなったメモリアルワインです。

 

タナ種100%  新樽100%


シャトー モンテュス
Ch. Montus  Madiran A.O.C
2011年 ¥3,380(消費税別) 発注本数 本 

ブドウは手摘みで収穫され、完全除梗ののち5週間の長期発酵。新樽20%、1年間使用した樽80%で熟成。

まるでポイヤックの実力派シャトーのような重厚で果実感に満ちた味わいのワイン。
ゴロゴロとした石が多い土壌から力強いワインが誕生するのです。

岩のゴロゴロした土壌を示す
ブリュモン氏
 色は濃い赤色。香りは良く熟した森の木苺、スパイシーさを持ち合わせて、エレガントな香りが特徴。熟したベリー系のフルーツの味わいをもち、タンニンは 強さの中にまろやかさがあり、上品さをもちあわせたワインです。

タナ種80%、カベルネ・ソーヴィニヨン種20%


シャトー モンテュス キュヴェ・プレステージ
Ch. Montus Cuvee Prestige Madiran A.O.C

2002年 ¥5,880(消費税別) 発注本数 本 

2009年 ¥5,980(消費税別) 発注本数 本 

キュベ・プレステージ は、もちろんレギュラーキュヴェと同じように手摘みで収穫し、完全除梗されます。斜面の日当たりの良い畑だけが選ばれて、プレステージになります。発酵期間はなんと6週間、樽熟成期間は14ヶ月に及びます。新樽使用比率100%。

 色はとても濃い赤紫色。香りはとても凝縮し、スパイシーでエレガントな香りが特徴。とてもインパクトが強い味わいをもち、上品なタンニンがたっぷりとあります。重厚でへヴィな味わいの好きなワイン通の方におすすめしたい限定品 。ただし、苦いのが不得手な人にはキツすぎるかもしれません。

重厚な味わいが好きなワイン通のためのワイン。


タナ種100%


シャトー モンテュス XL 赤 特別限定品
Ch. Montus XL  Madiran A.O.C

1998年 ¥12,800(消費税別) 発注本数 本 

これぞまさしく幻の逸品。

 

最高のビンテージの中で最高の区画の特別に選ばれたぶどうのみが、XLを造るために設計された特注の400L新樽で40ヶ月の熟成を経て瓶詰めされます。

 

ごく一部の指定された顧客のみに販売されるため、市場にはほとんど姿を見せません。 特別に入手できました。

 


タナ種100%


シャトー モンテュス パシュランセック
Ch.Montus Pacherenc sec  Pacherenc du Vic-Bilh  A.O.C

2010年 ¥3,580(消費税別) 発注本数 本 

Ch.Montusで造られた白ワイン。生産量が少なく、実は入手困難なレア・ワインなのです。

新樽で発酵・熟成(12ヶ月)させ、骨格のしっかりしたドライな辛口に仕上がっています。

深みのあるレモンイエローの色調。樽から来ると思われる、香木やハーブのかなり強い個性的でスパイシーな香りが特徴です。口当たりにもドライな中に厚みがある良質な味わい。
パルミジャーノなど硬質なチーズに良く合います。 白身の子牛肉やチキンのクリームソースなどにも合わせられます。

 

 

プティ・クルビュ種(地元のブドウ)100%


ル・シャルドネ・ド・アラン・ブリュモン 特別限定品
Le Chardonnay d'Alain Brumont  Vin de France 

2009年 ¥4,680(消費税別) 発注本数 本 

マディランの巨匠、アラン・ブリュモン話題のレア・ワイン。


ボルドーの南隣マディランにあるシャトー・モンテュスとブスカセの間にある畑で標高300mと高い北向きの冷涼な区画を選んで、1990年にシャルドネを植樹。
無除梗圧搾後600L の樽で発酵熟成、マロラクティックをさせずに18〜24ヶ月樽熟成。南仏の気候を反映した力強さと贅沢な造りを徹底した豊かな味わいが特徴です。
深い色合い、カモミールとメロン、蜂蜜にドライフルーツの風味など、様々な要素が現れ、アルコール度も自然醸造で15%まで高められています。
アラン・ブリュモンはマディランの地で地元品種の復興に努めた第一人者ですが、一方世界的な醸造の潮流にも常に注目して、様々な品種で独自のワインを造り上げています。

 

シャルドネ 100%


フリメール 12月収穫 極甘口白 アラン・ブリュモン
Frimaire Pacherenc du Vic-Bilh

2000年 500ml¥12,800(消費税別) 発注本数 本 

アラン・ブリュモン氏が最良の年にごく僅かだけ少量生産するすばらしい甘口。『フリメール』とはフランスの古い暦で12月の意味。
通常10月には完熟するブドウを12月まで待ち、干しぶどう状になったものを厳選して仕込みます。まさに入手困難な逸品で、5年ぶりの入荷となりました。

甘いプラムの果実香と共に、白トリュフを連想させる独特の香りが 上品な樽と良くマッチしています。
口当たりは 滑らかで新鮮な果実味と豊かな甘みが新鮮さとバランスよく調和して、後味の長い魅惑のワイン。
食前酒としても良いですが、食後にブルーチーズや、ハード系のチーズとあわせるのが至福を感じる一瞬ではないでしょうか?

プティ・マンサン100% 



シャトー アイディー 甘口 白ラプラス   Pacherenc du Vic-Bilh

2013年 500ml ¥2,280(消費税別) 発注本数 本 

南西フランスのお手頃で、すばらしい甘口ワイン。赤ワインで有名なマディラン地区で11月まで収穫を遅らせて、干しぶどうに近い状態まで完熟させた プティ・マンサンぶどうを発酵させ、樫の新樽とアカシアの大樽で12ヶ月熟成させました。

やや明るめの黄金色、パッションフルーツや蜂蜜の香りが感じられ、上品な樽香もあり、爽やかな甘い口当たりは この価格で味わえるワインとは思えないほど上質なもの。

食前酒としてそして食後のフルーツと一緒に味わうのも最高でしょう。女性にとても人気の甘口ワインです。

このワインを造るラプラス家は、マディランを代表する良質な造り手の一つ。8月に訪問したときもフランス各地からの来訪が後を絶ちませんでした。

 

プティ・マンサン100% 


アラミス
Aramis Vin de Pays du Comte Tolosan 

2014年 ¥1,180(消費税別) 発注本数 本 

超破格プライスながら、力強さをしっかりと持ったフルボディースタイルの赤ワイン。アレクサンドル・デュマによって描 かれた、ピレネー山脈の麓ガスコーニュ(南西)地方の 英雄、『三銃士』のアラミスの名前を冠した素晴らしい新作ワインです。

この地方の上級ワイン、マディランに使われる非常に力強い品種であるタナ種と、シラーを絶妙のバランスでブレンドしています。

力強いワインを超おてがる価格で楽しみたい、という贅沢な望みの方。炭焼きバーベキューなど、焦げ目の効いた肉料理などに最適な濃い味わいです。

ラプラス兄弟

生産者、ピエール・ラプラス氏はこの地方を代表する家族的な優れた生産者として有名で、フランス国内はもとより、世界の専門誌でも高く評価されています。ボルドーから更に200km程離れた、スペイン国境近くにシャトーを持ちます。僕が訪問したのは2002年夏ですが、訪問者が続々と訪れていました。

タナ75% シラー25%


ビオソレイヤード  コート ド ガスコーニュ 
ジル・ルーヴェ Le Temps d'Une Soleillade Cote de Gascogne 

 ¥1,180 発注本数 本 

その名のごとく日の光を充分に感じさせる、軽快で完熟した果実感に満ちた、とても瑞々しく心地よい味わいの白。  しかも有機栽培で丁寧に仕上げられました。

 白桃やメロンのニュアンスが大変高く香り、酸は穏やかだけど新鮮さが際立つ、円やかでとても親しみやすい味わい。後味にはほのかに甘い果実感が残ります。 休日の昼下がりにテラスで楽しみたい、そんな雰囲気のある楽しいワインです。

 

ユニ・ブラン50% コロンバール30% ソーヴィニヨン・ブラン20%


マージュ コート ド ガスコーニュ 
Cote de Gascogne Vin de Pays  Domaine du Mage

 ¥1,280 発注本数 本 

ガスコーニュ(南西)地方の地酒的白ワイン。とても爽やかで飲みやすいワインです。
輝きのあるレモンイエロー色。トロピカルフルーツの香り。口に含むとほのかな甘みを感じるふくよかさのあるフルーティーな味わい。

安い白ワインにありがちな酸っぱく薄っぺらい味わいとは違います。

ユニ・ブラン80% コロンバール15% グロ・マンサン5%


ジュランソン地区 Jurancon
ジュランソン バレ・ドクトーブル 甘口 白ドメーヌ・コアペ 白身魚の西京焼きにも抜群の相性

ジュランソン バレ・ドクトーブル 甘口 白 

ドメーヌ・コアペ
Ballet d'Octobre Domaine Caupe Jurancon

2015年 750ml ¥2,780(消費税別)  

発注数


ジュランソン バレ・ドクトーブル 甘口 白ドメーヌ・コアペ
南西フランス・ピレネー地区にポーという歴史ある街がありますが、その近郊は、ボルドーのソーテルヌと並び称される甘口ワイン、ジュランソンの名産地です。

ドメーヌ・コアペはジュランソンの代表的生産者。1980年に設立され、瞬く間に実力をつけ、わずか10年足らずで「世界の100ワイン」の栄誉に輝きました。クラスモン(フランスの権威あるワイン評価本)でも南西地方のトップの評価を得ており、南西地方で2ツ星を獲得しているのは「シャトー・モンテュス」とコアペのみ!「ジュランソンを造らせたらコアペの右に出るものはいない」といわれています。

コアペの最高級品は、最上のソーテルヌと同等の価格のものもありますが、このバレ・ドクトーブルは、コアペの優れた甘口を手軽に味わうことのできるスタンダード品。

焼いた卵菓子、カヌレや、香ばしい伊達巻きのような独特の芳香。もちろん、ハチミツやカリンなどの香りももっています。甘さは充分ですが重すぎず、食事にも合わせられます。酸はやや控えめ。

料理との相性での定番は、ロックフォールなどのブルーチーズ、焼き菓子などですが、白身魚の西京焼きにも抜群の相性を見せました。気軽に合わせてみてください。

グロ・マンサン種を10月まで摘み取り時期を遅らせつくられます。この手頃な価格帯ながら、オーク樽で醸造、長期熟成させた甘口。 フランス甘口の奥深さを知るためには、欠かせないワインといえましょう。

グロ・マンサン100%


ノーブレス・デュ・タン 甘口 白 ドメーヌ・コアペ

ノーブレス・デュ・タン ハーフボトル 甘口 白 

ドメーヌ・コアペ
Noblesse du Temps Domaine Caupe Jurancon

2009年 375ml ¥3,029(消費税別)  

発注数


ノーブレス・デュ・タン 甘口 白 ドメーヌ・コアペ 南西フランス・ピレネー地区にポーという歴史ある街がありますが、その近郊は、ボルドーのソーテルヌと並び称される甘口ワイン、ジュランソンの名産地です。

ドメーヌ・コアペはジュランソンの代表的生産者。1980年に設立され、瞬く間に実力をつけ、わずか10年足らずで「世界の100ワイン」の栄誉に輝きました。クラスモン(フランスの権威あるワイン評価本)でも南西地方のトップの評価を得ており、南西地方で2ツ星を獲得しているのは「シャトー・モンテュス」とコアペのみ!「ジュランソンを造らせたらコアペの右に出るものはいない」といわれています。

特にこの『ノーブレス・デュ・タン(貴族の時間)』は、コアペのプレステージワイン。

プティ・マンサン種を霜が降りる12月初めまで摘み取り時期を遅らせつくられます。オークの新樽で醸造、長期熟成させた「貴族の時間」と言う名にふさわしい甘口の逸品です。 フランス甘口の奥深さを知るためには、欠かせないワインといえましょう。

プティ・マンサン100% 



レ・ジャルダン・ド・バビロン   ドメーヌ ディディエ・ダグノー 
 Les Jardins de Babylon Jurancon Domaine Didier Dagneau 

2010年 500ML ¥12,800(消費税別) 発注本数 本 

2009年 500ML ¥12,190(消費税別) 発注本数 本 

大変稀少かつ特別な「バビロンの庭」と題されたジュランソン遅摘み甘口ワイン。これはロワールではなく、500kmほど離れた南西地方ジュランソンで造られています。

 

プイィ・フュメの巨匠ダグノーがスペインに近いピレネーの麓で造る極上の逸品。プチ・マンサンのみから生産。

 

その味わいは、きれいな酸に守られたきわめて繊細な味わいが特徴で、南西部でありながら、カール・ド・ショームなど冷涼地ロワール甘口の味わいに通じる所があります。アルコールも11.5%と控えめです。

 

 2004年が初ヴィンテージ。月一度は必ず畑に出て、手入れをしているそうです。 裏ラベルに記載されたギィ・ポトラ(Guy Pautrant)はダグノーの共同生産者。

 

 

プチ・マンサン100%


ベルジュラックとビュゼ地区 Bergerac et Buzet

シャトー・デゼサール キュヴェ・プレスティージュ赤  ベルジュラック

Ch. des Eyssards cuvee prestige Bergerac

2012年  ¥1,780(消費税別) 
発注本数

 上質サンテミリオンと見違うばかりの素晴らしい樽熟メルロー。樽香もうまく調和して、しっかり重厚に力強く仕上がっています。フィニッシュのタンニンのキメが細かく、心地よく感じられます。

ベルジュラックは、ボルドーの西隣にある地区。ボルドーと同じぶどうが植えられていますが、優れた造り手のワインは同価格のボルドーより2ランクほど品質が優れています。この地で1984年からワイン造りを始めたのがシャトー・デゼサール。今後ますます期待が高まる生産者です。


メルロ75%、カベルネ ソーヴィニヨン15%、カベルネ フラン10%


ビュゼ 赤 ロッシュ・ディヤック赤  ビュゼ生産者組合

Roches d'Hillac Buzet

2010年  ¥1,280(消費税別) 
発注本数

 大変果実感に富み、飲み心地の良く円やかでスタンダードなメルロー・ブレンド。
 南西部ビュゼはボルドーと同じ品種を使用し、より親しみやすいワインを生み出します。
 このロッシュ・ディヤックは、パリのワイン・コンクールで毎年のように金賞を受賞する常連として、高く評価されています。

ボルドーの名門、コス・デストゥルネルの醸造長を20年間勤めたパスカル・ラモット氏を迎えて、品質に更に磨きがかかりました。


この価格にして、倍価格のボルドーに充分対抗できる、クラシックな旨みを感じ させる、上出来なデイリーワインです。
シチューなど、コクのある肉の煮込み系にとても良く合うでしょう。


メルロー52% カベルネ・フラン25% カベルネ・ソーヴィニヨン23%


カオール地区 Cahors

シャトー オー・モンプレジール カオール プレスティージュ赤  Le Cedre Diffision

Chateau Haut Monplaisir Prestige Cahors

2011年 ¥2,580(消費税別) 
発注本数

カオール

 ボルドーよりも古い歴史を誇る古くからのワイン産地、といえばこのカオールが代表的。


中世の頃よりブラック・ワインと呼ばれてイギリス人たちからも親しまれてきた、この『オー・モンプレジール』は、まさにブラック・ワインと呼ぶにふさわしい、大変に凝縮度の高いスタイル。キュヴェ・プレスティージュは、カオールを代表するトップ・クラスの逸品。

リッチで力強い完熟した黒い果実味と何層にも重なる厚みのあるタンニンとストラクチャーが魅力的です。


マルベックの天才醸造家として世界的に評価が高く、パーカーが ” EXCEPTIONEL ” として最高の5ツ星をつけ一躍有名になりました。


カオール市内のサン・テチエンヌ大聖堂と、ロット川にかかるヴァラントレ橋は、世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として登録されています。そんな中世からの歴史を彷彿させるクラシックな味わいが、カオールの魅力。
 フレンチオーク樽にて18カ月間熟成

 

マルベック100%



baskバスク地区

バスク地方といえば、大西洋側のフランス・バイヨンヌからスペイン ・ビルバオにまたがる夢のような地域。ボルドー在住者をはじめとしたフランス人たちにとってもバカンスを過ごす場所として有名。ヘミングウェイの名作『日はまた昇る』もこのバスクを舞台にしています。

ペトリュス醸造長がバスクで造る秘酒
イルーレギー  ドメーヌ エリ・ミナ
IROULEGUY Rouge Domaine HERRI MINA
2014年 ¥3,280(消費税別) 発注本数 本 

 フランスの夢のような辺境地バスクの山間部でつくられる、柔らかく魅力たっぷりの赤。
ペトリュスの醸造長を努めるジャン=クロード・ベルエはバスク地方で幼少期を過ごしました。彼は、世界的に有名になっても生まれ故郷への想いを抱き続け、その郷愁からイルレギーに畑を購入します。


年間僅かに4樽のみつくられる、カベルネ・フラン100%の稀少ワイン。イルーレギーば、現在タナ種が使われることが多いのですが、カベルネ・フラン発祥の地といわれるのがこの場所なのです。ボルドーから故郷に戻ったジャン・クロードが、ノスタルジックな気持ちを込めてこだわったのが、カベルネ・フランによる、優しさを感じさせる味わいだったのです。

HERRI MINAエリ・ミナとはバスク語でノスタルジーを意味しています。世界一の醸造家が、バスク地方に寄せる熱い想いが込められた稀有なワイン。山間部バスク地方の秘酒イルーレギーは、この地方の特産品マボロシのバスク豚とぜひあわせてみたい逸品です。

バスク地方は、大西洋側のフランス・バイヨンヌからスペイン ・ビルバオにまたがる夢のような地域。ヘミングウェイの名作『日はまた昇る』もこのバスクを舞台にしています。

カベルネ・フラン100%


ペトリュス醸造長がバスクで造る秘酒
イルーレギー  ドメーヌ エリ・ミナ
IROULEGUY Blanc  Domaine HERRI MINA
2014年 ¥2,880(消費税別) 発注本数 本 
2012年 ¥2,880(消費税別) 発注本数 本 

 とても華やかで、果実の厚みを感じる個性的なスタイルを持つバスク地方で造られる辛口白ワイン。
ペトリュスの醸造長を努めるジャン=クロード・ベルエはバスク地方で幼少期を過ごしました。彼は、世界的に有名になっても生まれ故郷への想いを抱き続け、その郷愁からイルレギーに畑を購入します。そして1998年から極く僅かの白ワインを造っているのです。

そもそも、イルーレギーといえば赤ワイン。イルーレギ白自体が大変に珍しい中で、メルローの天才が手掛けるこのイルレギーは、フランスのワイン・マニアの間でも大きな話題になっている幻の白ワインなのです。HERRI MINAエリ・ミナとはバスク語でノスタルジーを意味しています。世界一の醸造家が、バスク地方に寄せる熱い想いが込められた稀有な白ワイン。

バスク地方は、大西洋側のフランス・バイヨンヌからスペイン ・ビルバオにまたがる夢のような地域。ヘミングウェイの名作『日はまた昇る』もこのバスクを舞台にしています。

グロ・マンサン85%、プティ・クルビュ12%、プティ・マンサン3%


前のページに戻る このページのTOPへ