ギリシャ ジョージア白赤ワイン

ギリシャは、ヨーロッパに最初に文明とともにワインが伝来した国。
ジョージアは、中東でワイン文化発祥(BC6000頃)の地、といわれています。

メソポタミア(中東オリエンタル)やエジプトの巨大帝国文明に挟まれるような形で、エーゲ海に小さな都市国家として誕生した貧しいギリシャが、征服のために戦争を起こしたペルシャ大帝国に対して、英雄アレクサンドロスの登場によって、一致協力して打ち破り繁栄を始める武勇伝。酒神ディオニュソスが語られるギリシャ神話。ソクラテスやプラトンが現れ、哲学の基礎をつくった事実。「ワインは肉体とともに、魂をも温める」と論じたのは、プラトンだそうです。後に西洋を制覇するローマ大帝国も、文化的憧れは片想い的に常にギリシャを向いていたそうですし、エーゲ海の美しさと魚介類の美味しさも格別となれば、何と魅力的な国なのでしょう。


ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。




■ギリシャ

エノトリア ドゥルファキス
Enotria  Douloufakis

2014年 ¥1,580(消費税別) 発注本数 本 

 エーゲ海に浮かぶ魅惑の島、クレタ島で生まれる華やかなデイリー白ワイン。

アロマ豊かな青リンゴ香がはっきりと感じられ、存在感が爽やかに主張されています。暑い日にキリッと冷やしてアウトドアでも充分に楽しめます。ヴィラナは青りんごのようなデリケートな味わいを特徴とするクレタ島の特産品種。ソーヴィニヨンブランとのブレンドで清々しいアロマが一層際だちます

ヨーロッパ最古のワイン産地ギリシャの中でも、このワインが生産されるクレタ島は、メソポタミア文明から最初にワインとブドウ樹が渡来したといわれる歴史的な島。今でも紀元前1600年ころのミノア王のために作られたといわれるヨーロッパ最古の醸造所跡が遺跡として残っています。

ヴィラナ80%ソーヴィニヨンブラン 20%


サントリーニ アシルティコ ドメーヌ・シガラス
Santorini Assyrtiko

2017年 ¥3,880(消費税別) 発注本数 本 

 エーゲ海に浮かぶ三日月の形をした小さな火山島サントリーニ島は、紀元前1700年代の大噴火で今の形に形成されましたが、それ以前からワイン造りが行われてきた、ヨーロッパでも最も古いワイン産地の一つでもあります。

土壌は、火山の影響から、火山性で、石灰岩や軽石、鉄分を含む岩と砂から成り、ブドウ樹は接ぎ木されず、自根で栽培され、今に古の味わいを伝えます。

アシルティコ種はサントリーニ島原産の固有品種。非常に日照量が多いことから、ブドウは完熟し、豊かな果実味を持ちアルコールも高くなりますが、同時に高い酸度を持つ非常に珍しいブドウ品種です。柑橘類や白桃、蜂蜜の風味を持ちながらも、線が長く強い酸味がワインを引き締め、気品溢れる味わいを生み出す、高貴な白ブドウとして知られています。

非常に日照量が豊富な島で、夏の気候は35度を超える日もあり、生育期には雨の降らない乾燥した地中海性気候を有します。その一方、立っているものやっとな程、非常に強い海風が吹くことから、バスケット型をした世界で唯一の仕立て「クルーラ」「カルディア」方法でブドウが栽培されてきました。

 

ステンレスタンク発酵熟成で、心地よくフレッシュな風味が楽しめるよう造られています。

アシルティコ100%


bioロボラ・ド・ケファロニア
Robola of Cephatonia  Domaine Sklavos

2015年 ¥2,680(消費税別) 発注本数 本 

 ギリシャ本土の西、イオニア海に浮かぶ7小島の中では最も大きい、ケフェロニア島で生まれる香り豊かで魅力的な白ワイン。この島で有機自然栽培を実践する偉大な生産家がスクラヴォス。

しかも畑は害虫フィロキセラの影響を受けていない自根の栽培で育てられています。

「ロボラ」は地元品種ですが、イタリアやスロヴェニアのリッボラと同一品種。辛口ながら、古代の蜂蜜を連想させる独特の深い香味が魅力的。
まさに太古から連綿と続く歴史を感じさせるエキゾティックな味わいです。

ヨーロッパ最古のワイン産地ギリシャの中でも、イオニア諸島は、ローマ帝国による占領、ヴェネツイア共和国による統治、ナポレオンによる支配、イギリスによる統治を経て19世紀にギリシャに返還されるが、第2次大戦では再びイタリアやドイツによって蹂躙された複雑な歴史を持っています。

ニコラス・ケイジとペネロペ・クロスの戦争恋愛映画『コレル大尉のマンドリン』はこのケフェロニア島を舞台に描かれています。

ロボラ100%


エノトリア ドゥルファキス
Enotria  Douloufakis

2013年 ¥1,580(消費税別) 発注本数 本 

 エーゲ海に浮かぶ魅惑の島、クレタ島で生まれる華やかなデイリー赤ワイン。

柔らかく優しい温かさを感じさせる心地よい果実感が魅力的。 リアティコ、コツィファリはクレタ島の古代から伝わる特産品種。リアティコが柔らかさを、コツィファリがスパイス的な風味を与えている、とされています。

ヨーロッパ最古のワイン産地ギリシャの中でも、このワインが生産されるクレタ島は、メソポタミア文明から最初にワインとブドウ樹が渡来したといわれる歴史的な島。今でも紀元前1600年ころのミノア王のために作られたといわれるヨーロッパ最古の醸造所跡が遺跡として残っています。

リアティコ40% コツィファリ 40% シラー 20%


bioシチア ドメーヌ・エコノム
Sitia  Domaine Economou
1998年 ¥6,480(消費税別) 発注本数 本 

 エーゲ海に浮かぶ魅惑の島、クレタ島で生まれる大変に優れた赤ワイン。

 ピノ・ノワールの酸を穏やかにしながらも、しなやかで上品かつ繊細な味わい。香りにはベリー系果実香もありながら、土っぽい複雑さも持ち合わせています。10年間の熟成も加わり、その何ともいえない芳しい余韻に太古からの歴史を感じさせます。

醸造家のジアンニは、ピエモンテ、ドイツ、ボルドーでの経験を積んだ後、1994年にクレタ島へ帰郷し家族農園を復活させました。


ヨーロッパ最古のワイン産地ギリシャの中でも、このワインが生産されるクレタ島は、メソポタミア文明から最初にワインとブドウ樹が渡来したといわれる歴史的な島。今でも紀元前1600年ころのミノア王のために作られたといわれるヨーロッパ最古の醸造所跡が遺跡として残っています。 リアティコ90%、マンディラリア10%


■ジョージア


マカシヴィリ ムツヴァネ
Makashivili Wine Cellar Mtsvane

2016年 ¥2,780(消費税別) 発注本数 本 

世界で注目されるジョージア・アンフォラ甕仕込みワイン。  オレンジワイン、アンバー(琥珀)ワインと呼ばれる、もっとも古くて最新の流行となっているスタイルのワイン。


ムツヴァネ種のブドウを天然酵母で果皮ごとクヴェヴリ醗酵(マロラクティック醗酵)、さらに果皮と共にクヴェヴリで6カ月熟成。
8千年前からの歴史を育む西ヨーロッパ最古のワイン醸造法をモダンに取り入れています。  ムツヴァネはジョージアの地元品種。皮に漬け込まれたスパイシーで野性的な風味を併せ持つ、興味深い味わいです。     アンバーワイン、とかオレンジワインと呼ばれ、イタリア・フリウリ地方の先端的生産者もこの仕込みを導入してニューヨークのワイン・バーで情報発信され、世界中の話題となりました。

ムツヴァネ100%


オルゴ リカツィテリ
Orgo Rkatsiteli

2016年 ¥3,280(消費税別) 発注本数 本 

チグリス・ユーフラテス文明発祥の地、ジョージアは黒海とカスピ海に挟まれた世界最古のワイン産地

世界で注目されるジョージア・アンフォラ甕仕込みワイン。
土中に埋めたセラミックの甕にリカツィテリ種の白ブドウを6ヶ月間も皮ごと仕込むのが、8千年前からの歴史を育む西ヨーロッパ最古のワイン醸造法。
 アンバーワイン、とかオレンジワインと呼ばれ、イタリア・フリウリ地方の先端的生産者もこの仕込みを導入してニューヨークのワイン・バーで情報発信され、世界中の話題となりました。
 世界最古の歴史的ワインですが、オリゴはその古代醸造法から現代的なクリーンな風味を生み出した、大変偉大なワイン。
 琥珀色の深みのある色合いドライフルーツ、オレンジの皮とともに、ダージリン・ティーの風味が心地よく感じられます。味わいハヤやボリュームがある円やかで若干の渋味がフィニッシュに感じられます。

ジョージアには古代からの品種が500以上あるらしいのですが、リカツィテリ種は、白の代表的品種。

リカツィテリ100%


オルゴ サペラヴィ
Orgo Saperavi

2015年 ¥3,280(消費税別) 発注本数 本 

 

世界で注目されるジョージア・アンフォラ甕仕込みワイン。

サペラヴィ種の黒ブドウを土中に埋めたセラミックの甕に数週間発酵醸した後に圧搾し、ステンレスタンクで熟成させます。8千年前からの歴史を育む西ヨーロッパ最古のワイン醸造法をモダンに取り入れています。
  世界最古の歴史的ワインですが、オルゴはその古代醸造法から現代的なクリーンな風味を生み出した、大変偉大な生産者。
 甕仕込み、といっても特殊な風味ではなく、むしろピュアなベリー系果実が主体。円やかなタッチでコクのある果実感に満ちた美味しいワインとなっています。
 サペラヴィは地元の土着品種。果肉まで赤い色素の濃い品種です。

サペラヴィ100%

前のページに戻る このページのTOPへ