ちょっと話題のあるワイン

ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。

■フランスのゆるキャラ(?)『リサとガスパール』のワイン 新着


フランスで大変人気のアニメ・キャラである「リサとガスパール」がワインになりました。

リサとガスパールは、1999年にフランスで刊行された物語。日本翻訳版でも200万部が刊行されました。
主人公は、うさぎでもいぬでもない…とびきりキュートなパリの住人。人間の学校に通って友だちはいっぱいだけど、ふたりはとくべつ仲良しな“永遠の友達(トワトモ)”。遊びもいたずらもいつもいっしょです!
★ リサ
好奇心いっぱいで、ハプニングがおこっても「わたしってあったまいい!」とトラブルを乗り切っちゃう、おしゃまな女の子。
★ ガスパール
転校生のリサのことがはじめは気に入らず、とっくみあいのケンカもしたけど、やさしくて、ナイーブな男の子。


ガスパール・エ・リザ シャルドネ  
GASPARD ET LISA Selection Chardonnay

2012年 \2,180(消費税別) 発注本数 本 


南仏ですが、標高の高いリムーから生まれる品の良いシャルドネ。フレッシュな酸と心地よい果実感がワイン単独としても優れています。

ステンレスタンク発酵熟成。

シャルドネ100%

ビンテージは、自動的に新ビンテージに切り替わりますので、ご了解ください。


ガスパール・エ・リザ ボルドー 
 
GASPARD ET LISA Selection Bordeaux

2012年¥2,180(消費税別)  発注本数> 本 


赤ワインは、大変飲み心地の良い柔らかくベリー系果実感一杯のボルドー・ルージュ。メルローが主体で、ワインが初めての方でも安心して楽しめる優しく円やかな味わいです。

ぜひ持ち寄りパーティーなどに気軽にご利用ください。


メルロー70%、カベルネ30%



NAGASAWA・シャルドネ

パラダイス・リッジ Kanaye The Grape King・シャルドネ 
Paradaise Ridge "Kanaye The Grape King " Chardonnay
Russian River Valley Sonoma Coast
 

2014年 ¥3,580(消費税別) 発注本数 本 

NAGASAWA・シャルドネ「カリフォルニアのワイン王」と呼ばれた薩摩藩士長澤鼎(ながさわかなえ)が創設した、歴史的葡萄畑ナガサワ・ヴィンヤードから生まれる、伝説のシャルドネ。

nagasawa
薩摩藩留学生(前列右が長澤、幼さが残る)

 長澤は、江戸時代末の混乱期である1864年に、若干13歳で藩命により英国留学、後にカリフォルニアに渡り「バロン・ナガサワ」と呼ばれました。 日系人に対する様々な差別や禁酒法などの苦難に耐え商業的な大成功を収め、米国内のコンクールで入賞し、当時最も重要なワイン市場であったイギリスに最初に輸出された名誉ある1本となりました。

 

nagasawa
ワイナリーを開いた頃の長澤 

長澤は、日本からの移民の先駆者として日本人移民に対する門戸を広げるよう運動するなど日米民間交流に尽力しました。長澤の死後、太平洋戦争前夜の時代になると日本人排斥運動などもあり、長澤の土地は一族が手放す運命となり畑も消滅してしまいました。その後様々な変遷を経て、1970年代以降パラダイス・リッジ・ワイナリーのオーナーであるByck一族の手に渡りました。

Byck一族は、長澤の生涯に大きく感動し、彼の畑を再興すると共に長澤歴史展示室(Nagasawa Exhibit)を作って、当時の写真や農耕具などを展示しています。
彼の物語は暫く日本人の私達の間でも知られることはありませんでしたが、1983年11月、ロナルド・レーガンが決定的な役割を演じました。レーガンは米大統領として初めて日本の国会で演説を行い、その中で長澤の事業を紹介し、再び広く知られることとなったのです。

 

長澤がイギリスに旅立った1865年から2015年に150周年となることを記念し、ラベルおよびワイン名をリニューアルしました。かつて彼がブドウを育て、ワインを造ったロシアン・リヴァー・ヴァレーの畑から生まれるブドウを使い、豊かな果実味と樽の風味を持ちながら、冷涼な気候がもたらす酸味の効いたバランスの良いスタイルに仕上げました。

 

 長澤の畑は、現在でも高級ワインが生まれると公式に認められているソノマ・カウンティのロシアン・リヴァー・ヴァレーにあります。カリフォルニア黎明期にあって、この素晴らしい場所を開拓した彼のワイン造りに対する慧眼力を感じさせずにはいられません。
ワインは透明度が高いクリーンで、フルーティーなバランスの良い仕上がりです。過度な凝縮と無縁で、とても素直な、無駄な力のとれた穏やかな味わいからは、日米民間交流に尽力した長澤の心の優しさが伝わるようにも思えます。

 

シャルドネ 100% 

 

映画を見ながらワインを飲みたい貴方へ


「ゴッド・ファーザー」、「地獄の黙示録」等で有名なあのフランシス・コッポラ監督が所有するカリフォルニアのブティック・ワイナリー !決して冗談ではなく150人の専任スタッフを揃え(映画は約30人)1975年にワイナリーを買い取り生産を始めました。

 カリフォルニアでも大変優れたワイナリーとして有名ですが、日本の輸入量は僅か。


フランシス・コッポラ ビアンコ ピノ・グリージョ 
Francis Coppola Presents BIANCO Pinot Grigio   California

2014年 ¥1,880(消費税別) 発注本数 本 

「ゴッド・ファーザー」、「地獄の黙示録」等で有名なあのフランシス・コッポラ監督が所有するカリフォルニアのワイナリー

 フランシスコッポラが、「デイリーに楽しめる飲みやすいワイン」というコンセプトで、造りあげました。
爽やかでスパイシーな風味を持つイタリア原産のピノ・グリージョを主体につくられているのは、イタリア系民族の血が流れるコッポラ氏ならでは。
お祖父さんのアゴスティーノコッポラがつくっていた「親しみやすく果実感一杯の味わい」を現代風につくりました。
ビンテージは、自動的に新ビンテージに切り替わりますので、ご了解ください。
ピノ・グリージョ89% ソーヴィニヨン・ブラン6% シャルドネ5% 


フランシス・コッポラ ロッソ California 

2013年 ¥1,880(消費税別) 発注本数 本 

 
  フランシス・コッポラが、「デイリーに楽しめる飲みやすいワイン」というコンセプトで、造りあげました。

深い色合い、カカオやシナモンといった甘めの香りが深く、口当たりはコクがあってとても柔らか。酸も控えめで、ワイン単体でも気軽に楽しめるタイプ。 お好み焼きなどのコッテリソース系の食事にも合います。

  ビンテージは、自動的に新ビンテージに切り替わりますので、ご了解ください。

ジンファンデル44% シラー34% カベルネ・ソーヴィニヨン22%

酸味          
ボリューム          
渋味          

フランシス・コッポラ メルロー ブルーラベル ダイヤモンドシリーズ California
Francis Coppola Merlot

2015年 ¥2,980(消費税別) 発注本数 本 

 今アメリカで流行のメルローを主体に造られていて、プラムやブルーベリーを思わせるとても果実味に富んだレベルの高い濃厚なワインを造り出します。ワインだけでも充分に楽しめますので、映画を見ながらコッポラ監督のことを想像しつつ楽しむのがお洒落です。

12ヶ月フレンチオークの樽で熟成しました。

82% メルロー, 6% シラー, 7% カベルネ・ソーヴィニヨン, 5% カベルネ・フラン

酸味          
ボリューム          
渋味          

フランシス・コッポラクラレット  ダイヤモンドシリーズ 
Francis Coppola Claret Sonoma & Napa Valley  
2014年 ¥3,380(消費税別) 発注本数 本 

「ゴッド・ファーザー」、「地獄の黙示録」等で有名なあのフランシス・コッポラ監督が所有するカリフォルニアのワイナリー!150人の専任スタッフを揃え(映画は約30人)1975年にワイナリーを買い取り生産を始めました。

コッポラの代表的スタンダード・ワイン、クラレットは2006年ビンテージから更に内容を充実させ、モデルチェンジ。産出する地区をナパとソノマに限定し、フレンチ・オークでの熟成として、高級感、凝縮感とスパイシーさが深まりました。
コクはありリッチで柔らかくスモーキーなキャラクター。ブラック・ベリーを思わせる果実味に富んでいます。

ラベルの下に記された、(1910 TYPE)とは、コッポラ・ワイナリーの前身であるニーバム・ワイナリーのギュスタフ・ニーバム氏が行ったボルドータイプのブレンド比率で仕上げたことを意味しています。

カベルネ・ソーヴィニヨン79% プテ・ヴェルド9% メルロー7% マルベック3% カベルネ・フラン2%

酸味          
ボリューム          
渋味          


ヴォトル・サンテ シャルドネ フランシス・コッポラ 
Votre Sante Chardonnay Francis Coppola    California

2014年 ¥2,180(消費税別) 発注本数 本 

 ヴォトル・サンテ(貴方の健康に乾杯)は、コッポラのおばあさんに捧げるオマージュ。彼女は、フランス領チュニジアで生まれたイタリア人のために、乾杯は必ずフランス語で行っていたそうです。

 味わいはとても上品で、優しい柔らかさを感じさせるシャルドネ。  シャルドネの名産地である冷涼なソノマ・コースト産。

 

発酵は樽とタンクを半分ずつ、熟成フレンチオークの2年使用樽で3ヶ月間という軽めの熟成のとどめたのは、軽やかな風味を生かす配慮が働いていると思われます。新鮮なうちに、その上品な軽やかさをお楽しみください。

 

「ゴッド・ファーザー」、「地獄の黙示録」等で有名なあのフランシス・コッポラ監督が所有するカリフォルニアのワイナリー

150人の専任スタッフを揃え(映画は約30人)1975年にワイナリーを買い取り生産を始めました。


シャルドネ 100% 


ヴォトル・サンテ ピノ・ノワール
Votre Sante Pinot-Noir  Francis Coppola

2014年 ¥2,180(消費税別) 発注本数 本 

 ヴォトル・サンテ(貴方の健康に乾杯)は、コッポラのおばあさんに捧げるオマージュ。彼女は、フランス領チュニジアで生まれたイタリア人のために、乾杯は必ずフランス語で行っていたそうです。

 

 味わいはとても上品で、優しい柔らかさを感じさせるピノ・ノワール。メンドシーノ、カーネロス、モントレーの果実感豊かなピノ・ノワールを10ヶ月間フレンチ・オーク樽で熟成させた本格派。

 

新鮮なうちに、その上品な軽やかさをお楽しみください。

 

ピノ・ノワール100%


コッポラ ディレクターズ・カット
コッポラ監督の本当に造りたかった想いのこもった
コッポラ ディレクターズ・カット ジンファンデル Dry Creek Valley
Francis Coppola Director's Cut Zinfandel

2013年 ¥3,780(消費税別) 発注本数 本 

コッポラ ディレクターズ・カットワイン造りは数世代続くコッポラ・ファミリーの生活の一部でした。コッポラ監督の祖父アゴスティーノ・コッポラは、ニューヨークの地下で日常消費用のワインを造っていたそうです。
映画で成功したコッポラ監督は、70年代にナパのワイナリーを手に入れましたが、情熱は増すばかりで、ついに2006年、ソノマに新しく2つ目のワイナリーを設立するに至りました。

イタリア系アメリカ人であるコッポラの得意とするのが、やはりイタリアから渡来したジンファンデル。特別な思い入れがあるのです。
ジンファンデルの聖地、冷涼なソノマのドライ・クリーク・ヴァレーで造られています。

しなやかな口当たり。とても上品なニュアンスと瑞々しい新鮮な果実感が特徴で、心地よい果実香がフィニッシュに余韻として残ります。
僅かにプチ・シラーをブレンドすることによって、ボディを引き締めています。

フィルムを巻いたような特別なラベルは、ディレクターズ・カット(監督特別編集版)のイメージそのまま。ふたつの夢に成功した、フランシス・コッポラ監督の本当に造りたかった想いのこもったワインなのでしょう。

イングルヌック ルビコン コッポラ    Rutherford - Napa valley 
Inglenook Rubicon - Coppola

2011年 \26,800(消費税別) 発注本数 本 

 フランシス・コッポラ監督が自社畑の最高のぶどうを選りすぐって造りだした限定生産の逸品。  コッポラのルビコンは、歴史ある『イングルヌック』の名前を冠して2009年大きくモデルチェンジしました。

 以前とは醸造責任者が変わり、それまでの甘く妖艶なスタイルから、筋肉質のガッシリとした男性的な力強いカベルネワインへと変貌を遂げました。  引き締まったタンニンが全面に現れています。 いずれにしても変わらないのは、ゴージャスな造り。凝縮した完熟カベルネと、オーク樽の生みだす重厚なつくりが、別格の個性を生みだします。 

 フランシス・コッポラ監督のワインにかける深い情熱がこの1本に集約されている、といっても過言ではないのでしょう。
カベルネのキャラクターがあまりにも素晴らしく、ルビコンにおいては、メルローとフランを全くブレンドせず、プチ・ヴェルドのみが僅かにブレンドされています。22ヶ月の長期間フレンチオークの樽で熟成しました。

 

裏ラベルには、ワイナリーへの地図も載っています。(オーパス・ワンの斜め向かい側です)

コッポラ

カベルネ・ソーヴィニヨン98.5% プチ・ヴェルド1.5%


ソフィア スパークリング・ブリュット 泡白F. コッポラ
SOFIA F.Coppola Blanc de Blancs 
2015年¥3,080(消費税別) 発注本数  

 ゴッドファーザーで有名なフランシス・コッポラ監督 がつくる、愛娘の名前を付けた可憐なスパークリングワイン

ブラン・ド・ブランという白ぶどうだけから造られたスパークリングワインで、ピンク色のセロファン紙に包装されて、コッポラ監督のこのワインへの思い入れが伝わるワインです。

香りは青リンゴやハチミツ系ですが、味わいはしっかりとした辛口です。

 愛娘ソフィア・コッポラは76年生まれでナパヴァレー育ち、現在 は彼女自身もアカデミー監督となり、既に巨匠の仲間入りを果たしました。

ピノブラン、ソーヴィニヨン・ブラン、マスカットのブレンドから造られます。


ソフィア ロゼ F.コッポラ
SOFIA F.Coppola Rose

2015年 ¥3,080(消費税別) 発注本数

 大好評のコッポラのソフィアから、2002年に追加発売されたロゼ。

ピノ・ノワール100パーセントと、本格的なセパージュ。48時間のマセラシオン(浸漬)でルビー色の深みをもつ色合いに仕上がっています。香りも ラズベリーやバラの花びらを連想させる、ピノ・ノワールによるロゼならではの、魅力的でしっかりとした香味が特徴。 辛口ですが、フィニッシュにほのかな甘めな心地よさが残ります。いかにも女性的な味わい。

ワインメーカーからも「春巻きやパエリャ等のスパイシーな食材に合わせてほしい」と、コメントがついていました。

ピノ・ノワール100%



トム・クルーズの愛するワイン   トムクルーズとこのワインの出会い秘話
自家用ジェットで買い付けに来るモンテュスとブスカセ

シャトー ブスカセ
Ch.Bouscassé  Madiran A.O.C

2010年 ¥2,580(消費税別) 発注本数 本  

偉大なるアラン・ブリュモンのエントリーワイン

ブスカセはブリュモン氏の19世紀から所有する歴史あるシャトー。粘土質の土壌が特徴で、モンテュスと全く同じ造りをしますがに柔らかな味わいとなります。

 

ボトルを開けた時から濃厚な香りが漂ってくる素晴らしい力を持つワイン!

色は濃いガーネット色。香りは良く熟した木苺、やや動物的なニュアンスが特徴。熟したベリー系のフルーツの味わいをもち、タンニンは滑らかで、バランス良くまとまったワインです。

 ブドウは手摘みで行われ、完全除梗ののち5週間発酵させます。新樽20%、1年間使用した樽80%で熟成。
タナ種80%、カベルネ・ソーヴィニヨン種20%


シャトー ブスカセ ヴィエイユ・ヴィーニュ 限定品
Ch.Bouscassé Vieilles Vignes  Madiran A.O.C

1994年 ¥5,980 発注本数 本 

大変貴重な20年熟成の特別蔵出し品がリリースされました。

20歳のお祝いにもふさわしいワインです。


ヴィエイユ・ヴィーニュ」とは古樹のこと。

何と樹齢60年以上のタナ種のみを使用しています。モンテュス・キュベ・プレステージと同じように手摘みで行われ、完全除梗され、発酵期間は6週間、樽熟成期間は14ヶ月に及びます。

 

 色は濃いガーネット色熟成によりエッジはレンガ色になってきています。香りはより凝縮して複雑味を増し、良く熟した木苺、深い樽香、動物的なニュアンスが特徴。タンニンはまろやかに仕上がり、熟したベリー系のフルーツの味わいをもち、芳醇な飲み応えを感じさせます。

トム・クルーズとアラン・ブリュモン夫妻が出会うきっかけとなったメモリアルワインです。

 

タナ種100%  新樽100%


シリュス
Cyrus  Madiran A.O.C
2011年 ¥1,880(消費税別) 発注本数 本  

偉大なるアラン・ブリュモンのエントリーワイン

 

マディランの巨匠、アラン・ブリュモン話題の新作。 シリュスとは高度の高いところにある雲の名前に由来し、様々な色に変化することから、多様な楽しみ方をできるワインという意味で名付けられています。  完熟したベリー系フルーツの味わいをもち、深みのある色合いで、黒スグリやフランボワーズなど果実の凝縮した香り。

伝統品種タナとカベルネ・ソーヴィニヨンがボリューム感を与え、果実味豊かな仕上がりとなっています。 ボルドーの南にある、大変に男性的なキャラクターを持つマディラン。 このマディランを世界的に有名にした男が、ブスカセとモンテュスを所有する、アラン・ブリュモン氏。 ベーシックなラインでこれだけ本格的なワインが飲めるのは驚異です。

 ステンレスタンク熟成。


タナ 60%、 カベルネ・ソーヴィニヨン 25%、 カベルネ・フラン 15%


シャトー モンテュス
Ch. Montus  Madiran A.O.C
2011年 ¥3,380(消費税別) 発注本数 本 

まるでポイヤックの実力派シャトーのような重厚で果実感に満ちた味わいのワイン。
ゴロゴロとした石が多い土壌から力強いワインが誕生するのです。
 色は濃い赤色。香りは良く熟した森の木苺、スパイシーさを持ち合わせて、エレガントな

岩のゴロゴロした土壌を示す
ブリュモン氏

香りが特徴。熟したベリー系のフルーツの味わいをもち、タンニンは 強さの中にまろやかさがあり、上品さをもちあわせたワインです。

ブドウは手摘みで収穫され、完全除梗ののち5週間の長期発酵。新樽20%、1年間使用した樽80%で熟成。

 

タナ種80%、カベルネ・ソーヴィニヨン種20%


シャトー モンテュス キュヴェ・プレステージ
Ch. Montus Cuvee Prestige Madiran A.O.C

2002年 ¥5,880(消費税別) 発注本数 本 

2009年 ¥5,980(消費税別) 発注本数 本 

キュベ・プレステージ は、もちろんレギュラーキュヴェと同じように手摘みで収穫し、完全除梗されます。斜面の日当たりの良い畑だけが選ばれて、プレステージになります。発酵期間はなんと6週間、樽熟成期間は14ヶ月に及びます。新樽使用比率100%。

 色はとても濃い赤紫色。香りはとても凝縮し、スパイシーでエレガントな香りが特徴。とてもインパクトが強い味わいをもち、上品なタンニンがたっぷりとあります。重厚でへヴィな味わいの好きなワイン通の方におすすめしたい限定品 。ただし、苦いのが不得手な人にはキツすぎるかもしれません。

重厚な味わいが好きなワイン通のためのワイン。


タナ種100%


シャトー モンテュス XL 赤 特別限定品
Ch. Montus XL  Madiran A.O.C

1998年 ¥12,800(消費税別) 発注本数 本 

これぞまさしく幻の逸品。

最高のビンテージの中で最高の区画の特別に選ばれたぶどうのみが、XLを造るために設計された特注の400L新樽で40ヶ月の熟成を経て瓶詰めされます。

 

ごく一部の指定された顧客のみに販売されるため、市場にはほとんど姿を見せません。 特別に入手できました。


タナ種100%

 

 


シャトー モンテュス パシュランセック
Ch.Montus Pacherenc sec  Pacherenc du Vic-Bilh  A.O.C

2011年 ¥3,580(消費税別) 発注本数 本 

Ch.Montusで造られた白ワイン。生産量が少なく、実は入手困難なレア・ワインなのです。

新樽で発酵・熟成(12ヶ月)させ、骨格のしっかりしたドライな辛口に仕上がっています。

深みのあるレモンイエローの色調。樽から来ると思われる、香木やハーブのかなり強い個性的でスパイシーな香りが特徴です。口当たりにもドライな中に厚みがある良質な味わい。
パルミジャーノなど硬質なチーズに良く合います。 白身の子牛肉やチキンのクリームソースなどにも合わせられます。

 

プティ・クルビュ種(地元のブドウ)100%

トム・クルーズの愛するワイン
シャトー・モンテュス秘話

2000年6月、東京の世界ワイン博覧会VINEXPOで3日間に渡りCHモンテュスのオーナーであるブリュモン夫妻と親しくお話する機会がありました。
最終日6月8日のパーティー会場でも一緒になり、和気藹々とした中でマダム・ブリュモンからついにあのトム・クルーズにまつわるお話を伺うことが出来ました。(それまではムッシュとまじめなワインの話ばかりで訊き出せなかったのでした。)折しもトム・クルーズ氏がミッション・インポッシブルUのプロモーションで来日中であり、そのことを告げると彼女はその偶然にとても驚いて彼らにまつわるお話を教えてくれました。

トム・クルーズとの出会い

Michel Guerardの庭園

レストラン内部

 CHモンテュスのあるフランス・マディラン地方はボルドーから更に南西に下がったピレネー山脈の近く(もはやスペインに近い)です。ここから程遠くないところに、この地方で唯一(というよりフランス西部唯一)毎年ミシュランの三ツ星に輝くシェフ、Michel Guerard ミッシェル・ゲラールのレストランがあります。

ブリュモン夫妻はよくここのレストランで食事をするのですが、数年前のある日夫妻が普段通り食事をしていると、突然トム・クルーズと 前妻N.キッドマンがパリから700km以上離れたこの片田舎のレストランに登場したのでした!


この時ワイン造り一筋のご主人ムッシュ・ブリュモン氏は誰が来たのかご存知でなく...平然としていたようですが、マダムを始め、食事をしていた若いカップルたちは一瞬にして全ての動きが止まってしまい、その人達の全ての目だけが同じ一点に集中し彼らが着席する動きを追っていったそうです。

実はトム・クルーズとニコール・キッドマンは、大変な美食家であると共に、ワイン愛好家なのです。
そんなわけで彼らはわざわざこの世界的に有名なシェフの野鳥料理を食べに遙々訪れたのでした。

そしてこのディナーに彼らが指名したワインが、この地方最高の造り手としてこちらも世界的に有名なブリュモン氏の”シャトー・ブスカセ ヴィエイユ・ヴィーニュ”だったのでした。地元の最高の料理に地元最高の造り手のワイン、と言うわけです。さすがグルメの二人、鉄則をはずしません。

この時、気がきくソムリエ氏がトム・クルーズ氏に「本日のワインを造られたのは、実はあそこで食事をされているブリュモン夫妻です。」と紹介があり、劇的な交際が始まりました。

以来、トム・クルーズはこの地を訪れると(有名な自家用ジェット機「ガルフストリーム」で)必ずシャトー・モンテュスとシャトー・ブスカセを訪問するようになり、時にはこのシャトーに滞在することもあるそうです。2002年来日時のTVインタビューでも、彼がChモンテュスのボトルを持って自家用ジェットの脇に立つシーンが放映されていました。

ちなみにその有名レストラン(ホテル兼レストラン)の名前は
LES PRES D'EUGENIE
( Michel Guerard )
40320 EUGENIE- LES BAINS
TEL 58-51-19-01 FAX 58-51-13-59

スペシャリテは野鳥にこの地方の特産品のトリュフ!とアヒルのフォアグラ!
勿論シェフご自慢の自家製ハーブを絡めてつくられるそうです。

レストランだけでなくホテルのハーブエステも最高、です。
パリからTGVボルドー経由MONT DE MARSAN駅下車(ここまで約6時間)そこからタクシーで30分ほどのところです.....


前のページに戻る このページのTOPへ